The days...

ピープルツリーの日々のこと

火曜日

1

11月 2016

おめかしも、普段も。
オーガニックコットンを選ぶ理由

Written by , Posted in おしゃれ

161104_oc%e3%81%ae%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

こんにちは。
みなさん、風邪などひいていませんか?

私は先日風邪をひき、一週間寝込んでしまいました。
ぐずぐずと過ごすベッドの中で、友人の言葉をふと思い出しました。
「自分を大切にできるのは自分だけ。だから、身体や心と対話して、感謝をしなくちゃ」と。
確かに忙しさを理由に身体の声を聞いていなかったと、反省。

仕事に家庭に、多くの役割を担う女性は、つい自分のことを後まわしにしがち。
けれどアンバランスな状態が続けば、言葉やしぐさ、表情にもきっと影響が出てしまいます。
自分を大事にして心地いいものを選べば、表情も明るくなり、気持ちもやさしくなれます。
それはいつのまにかまわりにも伝わり、幸せな気持ちが連鎖して、ポジティブな循環が生まれます。
ちょっとした選択が日々を豊かにする秘訣なんですね。

今、オーガニックコットンを選ぶ人が増えています。

今、オーガニックコットンを選ぶ人が増えています。

そんな選択のひとつに、毎日着るお洋服​の素材選びがあります。

毎日、皮膚のようにずっと触れているものだから、気持ちよく着られる天然繊維を選ぶ……。
今、そんな人が増えています。
特にコットンは肌あたりがソフトで、トラブルが少ないと人気です。

小さな子どもと触れ合う機会の多いお母さんからも、
ピープルツリーのオーガニックコットンは人気。
自分が着て心地いいだけではなく、
愛しいものをやわらかに包んであげたいと願う、女性のやさしい気持ちが表れていますね。

コットンの裏側に隠れた悲しい現実

コットンの裏側に隠れた悲しい現実

コットンというと、その響きからは、ナチュラルで環境に優しいイメージがあります。

でもその実は、大量の農薬と殺虫剤を使って栽培されることがほとんど。

素材としては心地良いかもしれませんが、
コットン畑の周辺は農薬や殺虫剤で土地や水を汚染され、
畑で働く農家さんだけでなく、その大事な家族やまわりに住む人びとの健康まで害してしまいます。

この大量の農薬による健康被害は深刻です。
毎年2万人が亡くなり、300万人が慢性の健康被害に苦しんでいるそう(WHO世界保健機構より)。
この数字は、人口約370万人の横浜市民のうち8割以上が、病に伏せているということになります。

フェアトレードでつくられたオーガニックコットンを選んだなら。

フェアトレードでつくられたオーガニックコットンを選んだなら。

一方、農薬や殺虫剤を使わずに育てているのが、オーガニックコットンです。

オーガニックコットンは、栽培や収穫に手間がかかりますが、畑で働く人々の健康と暮らしを守ることができます。

ピープルツリーと提携しているコットン畑では、
コットンだけでなく、オーガニックのトマトやナス、粟なども育てられていて
副収入になるほか、農家の人びとの食卓を豊かにしているそうです。

さらにフェアトレードというビジネスのしくみでつくれば、
水を供給する設備を整えたり、学校をつくったりと、まわりに住む人たちにも恩恵をもたらすことができます。

オーガニックコットンを着て、ただ心地いいだけでなく、
フェアトレードを選ぶことで、遠く離れた綿花の栽培に携わっている人びとにも幸せの連鎖が届くのです。

彼らが少しずつ安全で豊かになれたら、
それが素敵な地球の未来と次世代の子どもたちにその連鎖は大きくなってつながっていく……。

ピープルツリーが、フェアトレードのオーガニックコットンを選ぶ理由、
それはあなたに、ココロもカラダものびのびとできる気持ち良さを届けるため。

ピープルツリーは、これまでもずっと、そしてこれからもずっと、
みなさんのおめかしも、日常も、できるだけたくさんの毎日が、
たくさんのあなたとつくり手の笑顔で満たされるように、ものづくりを続けてまいります。

オーガニックコットンの商品はこちらから>>