The days...

ピープルツリーの日々のこと

金曜日

9

12月 2016

野の花のような可憐な愛おしさを毎日の中に

Written by , Posted in おしゃれ, 生産者のこと

ここ最近、道路脇の雑草や川べりの野の花が気になって​、​
下ばかり見て歩いています。

鮮やかな紅葉も捨てがたいのですが、
野の花の控えめなたたずまいのなかにある、
可憐でありながらも凛とした表情に、
愛おしさ​を感じ​​​、ついつい足元を眺める日々です。

いろんなことが​駆けめぐった一年。
急ぎ足で駆け抜ける前に、こんな風に立ち止まって、
足元に広がる世界に目を留めてみても良いのかもしれません。

もちろん、大輪の花​やキレイな花束​に​も、​大きな​魅力が​あります。​
​でも、​名前は知らなく​ても見慣れた草花たちに​は、
​可憐ではかない雰囲気と、力強く凛とした存在感​があります。

ピープルツリーのアクセサリー​は​瞬間的な華やかさよりも、
野に咲く花のよう​に​可憐な美しさを、
​毎日、​気負いなくまとってもらえるように、そんな願いを込めてつくっています。

WHITE ―やすらぎの白―
white


インドの女性たちが手編みしたネックレスや、ハンドメイドガラスのネックレス。
存在感のあるフォルムなのに​自然に身につける人に馴染んでいく……。
自然素材だけを使​っているため色合いが​やわ​らかく、
パーツの​一つひとつが不揃いなことが、やさしい印象を後押ししてくれ​ます​。
ネックレスのビーズ、ひと粒ひと粒も、エナメルのピアスひとつも、
すべて職人さんたちの手づくり。
機械​でただ大量生産するのではなく、
ひとつひとつ手でていねいに仕上げた​ものだ​からこそ、あたたかく、​
身につける人にすっと馴染んでくれ​ます​。


PINK ― 香るような甘いピンク ―
pink


淡い香るような気持ちを演出するのは、
ローズクォーツを配した存在感のあるバングルや、動くたびに揺れるフリンジピアス。
​ローズクォーツは、愛とやさしさ、内面の美しさを育てると言われる天然石です。​
身につけることで​、知らなかった自分の女性らしいやわらかな魅力を引き出してくれます。
ピンク色のように甘く、やさ​しさを印象づけるアクセサリー。
知らない自分を見つけるのはけっこう楽しいものです。


BLACK ― ​気合いをいれたい黒​ ―
black


気合いを入れたい​ときは、
ゴールドやシルバー、ミニマルでメタル感たっぷりの素材​がぴったり。​
クー​ルな​​がら女性らしい​やわらかなニュアンス​が輝きます。

この力強​さの中に、やわらかなニュアンスのあるアクセサリーは、ケニアでつくられています。
金属の板をハンマーでたたいてパーツをつくったり、
ワイヤーをカットしてチェーンをつくったり、
ほぼ​すべ​ての工程を手作業で行い​、​アクセサリーを​制作しています。
働いている​多く​は重い障がいを抱え、教育も受けられなかった人​たち。
誰もがそれぞれの個性を活かすことで、自分の仕事に誇りを持ち、笑顔で暮らしています。


COLOURFUL ― ただ楽しむために ―
colourful


身につけるだけでパワーが湧いてきそうなカラフルなハンドメイドガラスや、
ひとつひとつ手づくりされた陶器やフェルトのブローチ。
個性豊かに煌めくことができます。
​普段の生活の中でも​自然にふれあい、 木々や草花、空を眺めたりすると、
深く癒されて、自然からたくさんの力をもらえます。
生きているといい​こと​もあれば、​つらい時もあります。
そんな時は無理に元気​を取りつくろわず、思いっきり​​その時間にひたってください。
​まわりの人の​やさしさに甘えてみたら、
びっくりするくらいたくさんの『気づき』が生まれて、自然と楽しくなっていきます。


last


野の花のような可憐な愛おしさを毎日の中に。
職人の手で手づくりされたアクセサリーは、
あなたの内面を映し出し​、​輝かせ​ます​。
そして​、​つくり手やその家族、ご近所さんやその地域にまで
笑顔をもたらし​、​伝播していくことができる​のです​。

職人さんたちの手から生み出されたものを身にまとうことで、
​やさしい想いを重ね​、素敵なときを重ねていけますように。
遠くにいる人も、近くにいる人も、みんなの笑顔が輝くホリデーシーズンになりますように。
願いを込めて。

アクセサリーはこちらから >>