The days...

ピープルツリーの日々のこと

水曜日

5

9月 2018

ちょっとしたコツでさらに美味しく!
コーヒーバッグのおいしい淹れ方

Written by , Posted in おしゃれ

こんにちは、フードチームのユキです。
コーヒーバッグって、お使いになったことありますか?
みなさんよくご存知のティーバッグのコーヒー版で、カップに入れてお湯を注ぐだけで本格コーヒーが出来あがる優れものです。
初めて出会ったとき、こんなに手軽でおいしくコーヒーがいれられるなんて!と感動しました。

でもあまりに簡単すぎて、おいしくするお作法はないの?というお声も。
今回はちょっとしたコツでさらにおいしく楽しむ方法をお伝えします!

コツ1:熱々でいれる→冷めないようにする

まずはカップをあたためます。カップに熱湯を半分ほど注いで約30秒置いてカップを温め、湯を捨てます。
カップは、ゆるやかに冷めていく厚めの陶磁器製がおすすめです。

沸かしたてから一呼吸置いた熱湯をカップに注ぎ(コーヒーバッグ1個につき150ml)、静かにコーヒーバッグを沈め、4~5分置きます。
このとき、小皿などでフタをするのがおすすめです。
カップの下には、厚手の布やフェルト、コルク製のコースターを敷くと冷めにくく、おいしい温度がキープされます。

コツ2:バッグをそっと振る

時間がきたら、雑味や嫌な渋みが出ないようバッグをそっと引きあげますが、湯の中で4~5回、やさしく上下に振ると、しっかりした味わいのコーヒーになります。
さらっと軽く飲みたい方は1~2回、ミルクや砂糖を加えてしっかり飲みたい方は6~7回振るなど、お好みに合わせて調節してください。
とっても手軽にお好みの濃さのコーヒーになります。

選べる4種類のおいしさ、こだわりの素材

ピープルツリーのコーヒーバッグは、4種類。
どれも自然深い高地で小規模農家が育てたコーヒーです。

・有機ペルー(有機JAS認証) しっかりと力強い味わい、マイルドな甘い余韻
・ラオス(無農薬・無化学肥料栽培) さらりとバランス良く、スモーキーで豊かな余韻
・タンザニア(※有機へ移行中) 華やかな香り、やわらかくフルーティーな味わい
・デカフェ・ペルー(有機栽培豆からカフェイン除去) まろやかなコクと豊かな香り、すっきりした味わい
・※ピープルツリーは有機栽培転換中の原料を選ぶことで、生産者を応援しています。

そして、ひとつひとつのバッグは、植物のデンプンから作られた土に還る素材。
環境に配慮して個包装は省き、ファスナー付き袋に10個入りです。

ひと手間かけて、もっとおいしく

朝起きて1日のはじまりに。オフィスで気分転換に。休日に家族や友人と。
毎日の暮らしに欠かせないコーヒーに、手軽で美味しくて、そして地球に優しくつくられているものを選んだら。
コーヒータイムがますます嬉しい時間になる気がします。
手軽な本格コーヒー、「コーヒーバッグ」。
ほんの少しの手間で、ますますおいしいコーヒーに。ご自宅で、オフィスで、旅先で、ぜひお楽しみください。

フェアトレードコーヒー・コーヒーバッグ・ペルー(オーガニック)はこちら >