The days...

ピープルツリーの日々のこと

Author Archive

木曜日

7

7月 2016

自由が丘店限定「手しごといろいろ展」

Written by , Posted in ショップ情報

プロモーションのマユコです。
来週から自由が丘店で開催する「手しごといろいろ展」のご案内です。

手刺繍や手織りのスカーフから、珍しい技が使われているもの、愛嬌ある雑貨やバッグまで、世界中からピープルツリーが見つけてきた1点ものや、企画過程に生まれたサンプルを自由が丘店にて期間限定で販売します。

どれもこれも、デザインチームが商品化の参考にと保管していたものなので、手仕事の技が生きる個性派揃い。中には手仕事がすばらしすぎて、商品として出すには高価になりすぎるために泣く泣く断念し、お蔵入りしていたものも。 

気になるアイテムたちを少しだけご紹介します。

まずは 「ノクシカタ」。
ため息の出るような細かい手刺繍と、愛らしいモチーフがなんともいえない魅力的な「ノクシカタ」は、バングラデシュや、インドのコルカタがあるベンガル地方の女性たちが家庭でしていた刺繍のことです。 モチーフには意味があり、女性たちは家族の健康や豊作など、願いや思いを込めて刺繍をしていました。 今回出すアイテムとしては、ポーチ、タペストリーやカバーになる大判の布、バッグなどがあります。

この変テコな植物や、動物たち!和みます。
この変テコな植物や、動物たち!和みます。


20160707_03


20160707_02


シックな印象のスカーフもあります。
20160707_04


20160707_05


お次はアフリカから「キオンド」。
サイザル麻という現地の植物を使った手編みカゴ。とても丈夫で現地では嫁入り道具として家族や親族から贈られ、一生使うものだったとか。カラフルな色も印象的です。今回は珍しいマサイ族のビーズワークがほどこされたものや、レザーワークが印象的なものも。バオバブの樹皮の繊維で編まれたものもあります。


20160707_06


20160707_07


どれもそばに置いておきたい愛らしさで、手放すには寂しく別れ難い気持ちもありますが…… (未練がましい?笑)。 
大切に使ってくださる人の手に渡れば嬉しいです。

1点づつ眺めるだけでも楽しいこの展示、期間は7/15(金)~7/31(日)まで。
ぜひ自由が丘店へお気に入りを見つけに来てください。
サマーセールや、秋まで着られる新商品も同時にご覧いただけます。

* すべて1点もののため、恐れ入りますが、このブログや告知を見てのお取り置きはできかねます。
お店での先着順となりますので、ご了承くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ピープル・ツリー直営店


jiyugaoka


モザイクモール港北店


池袋東武店


金曜日

10

6月 2016

ショップメンバーズカードのひみつ ~その2 誕生秘話~

Written by , Posted in ショップ情報

こんにちは。プロモーション担当のマユコです。

かわいい絵や文字が印象的なピープルツリーのショップカードですが、
誰が描いたでしょう?

答えは、クリス・ホートンさんです。
2007年アメリカのタイム誌のデザイン100に選ばれ、2011年には、アイルランドを代表する児童書に贈られるビスト最優秀児童図書賞とともに、新人作家を対象とするエイリース・ディロン賞を同時受賞するなど、受賞多数のデザイナー、イラストレーターです。


代表作「ちょっとだけまいご」(BL出版/クリス・ホートン作 木坂涼訳/原題:A Bit Lost)
詳しくはこちら>>


ピープルツリーの創始者サフィアと同じロンドン在住であり、
長年の友人であるクリスさんは、わたしたちの活動に共鳴して、
服や雑貨のアイテムにたくさんのイラストを描いてくれたり、
お互いの活動に刺激を受け合ってきた素敵な仲間です。

お店でも、そんなクリスさんとの歴史を見ることができます。
2008年の自由が丘店10周年の際に来日して、
外壁にペインティングを施してくれた絵が残っていたり、
モザイクモール港北店のレジ後ろの壁面にもクリスさんのイラストを入れていたりしています。

自分が書いたイラストを指すクリスさん

自分が書いたイラストを指すクリスさん


モザイクモール港北店の壁面のイラスト

モザイクモール港北店の壁面のイラスト


ショップカードのデザインを以前のものから変更するときめたときは、
お財布に入れるとなんだか幸せな気持ちになって、
私たりが大切にしている手仕事や豊かな人間らしい生活をイメージできるデザインにしようという考えから
クリスさんの絵を使うことは、自然な流れでした。


クリスさんには、既に以前提供していただいたピープルツリーのロゴを表面に使いたいことと、
中面のスタンプを押す面ははよくあるマス目式ではなくて、
木にポイントがたまっていくイメージでイラストを描いてほしい旨をお伝えしました。
20160610_02


そして送られてきたのが、この斬新なイラスト!

20160610_03


かわいらしいイラストのイメージを持っていたので、受け取ったときはちょっとした衝撃でしたが、
エコロジーポイントの所に、以前Tシャツのために描き下ろしていただいたイラストを入れて、
この形で落ち着きました。
よーく見ると、小さな生き物が服を脱いで着替えてて、なんだか笑ってしまう
クリスさんらしいかわいい絵です。

20160610_04


このイラストは、クリスさんが「Choose Fair Fashion! フェアトレード・ファッションを選ぼう!」
という2013年に行ったキャンペーンTシャツのために、ピープルツリーにオリジナルで描いてくれたイラストです。
(現在は販売しておりません)

イラストレーター/デザイナー Chris Haughton (ライトブラック)


クリスさんの元気をくれるイラスト入りカード、お財布に一枚どうですか?
今度お店に立ち寄った際、ぜひクリスさんのかわいいイラストも探してみてください。

【クリス・ホートンについて】
1978年、アイルランド・ダブリン生まれ。「ザ・ガーディアン」「タイムズ」「インディペンデント」ほか、多くの新聞や雑誌でイラストを手がけている。2007年、ピープルツリーのために制作した作品が「タイム・マガジン」の「デザイン100選(The Style + Design 100)」に選ばれた。
著書に『ちょっとだけまいご(A BIT LOST)』、『OH NO GEORGE!』、『SHH! WE HAVE A PLAN』などの絵本がある。 2014年9月にはモバイル専用アプリ「おぼうしおさる(HATMONKEY)」をリリース。
同時にデザインとフェアトレードをつなぐソーシャルビジネスサイト、「node」(madebynode.com)も立ち上げた。
ウェブサイト(英語のみ)
http://chrishaughton.com/
http://www.madebynode.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ピープル・ツリー直営店


jiyugaoka


モザイクモール港北店


池袋東武店


火曜日

10

2月 2015

渋谷でバレンタインのギフトを探してみませんか?

Written by , Posted in ニュース

VMDのマユコです。
東急ハンズ渋谷店の井の頭通り口から入ってすぐのバレンタイン特集エリア(B2C)にて、
ピープル・ツリーの商品が販売中です。

板チョコのほか、コーヒーなどの食品類、
リサイクルウールのニット、リサイクルサリーのバッグや雑貨などがずらっと勢揃い。

20150210_01

リサイクルサリーやリサイクルウールのニットは、
ひとつとして同じ色や柄がない1点物なので、
じっくり選べるチャンスです!

フェアトレード・チョコレートのほか、
リサイクルウールの手袋コーヒーの組み合わせも、
甘いものが苦手な方へのバレンタインギフトのオススメです。

20150210_02

2月14日(土)まで開催しているので、渋谷なら寄れる!という方、ぜひどうぞ~。


月曜日

8

9月 2014

エシカルなママたちにアンケートしました

Written by , Posted in おしゃれ

こんにちは。プロモーション担当マユコです。

ピープル・ツリーのスタッフや、お客さまにもママが増えています。
そんなエシカルなママたちにアンケートをとりました。
3歳の男の子のママでもある私が、アンケートの結果を今シーズンのアイテムを交えてご紹介します。

「ピープル・ツリーのアイテムで妊娠中・出産後によかったアイテムは?」
ママへのプレゼントを探している人、これからママになる人も、参考にしてみてください。

① デイカフェコーヒー

妊娠・授乳中のカフェインはよくないとされていますが、このコーヒーは、薬品を使わない特許製法でカフェインを抜いてあり安心。

今シーズンからは、コーヒーバッグも登場し、どこでも手軽に飲めてうれしいですね。






②前開きの服

一日に何度も授乳するママには、前が開く服がマストです。
産前ワンピース派だった私は 前の開かないワンピが並ぶクローゼットを前に茫然としました。これもあれも着られない。。。
なかなかショッピングにも行けず、一枚あった前開きのシャツをずーっと着ることに……何枚かお気に入りがあると、楽しくすごせそうです。

今シーズンのチェックのワンピ、メンズのシャツなどは産前・産後ともおすすめです。









③ゴムウェストのパンツ

ウエストサイズの心配のないゴムのパンツは産後ゆっくり戻る体型にもやさしくフィット。






④大判のストール

妊娠中は冷え対策に、出産後は授乳ケープ代わりや、お昼寝している赤ちゃんの体温度調節など、一枚あれば便利に使えます。

リサイクルサリーのショールはオンラインショップで買えますよ。








出産祝いに赤ちゃんグッズを贈るのが定番ですが、ママへのプレゼントもうれしいものですね。

ママになると慣れない赤ちゃんのお世話に夢中で、自分のことは二の次になりがちで、以前のようにファッションを楽しめていない自分に気づいて、ふと悲しくなったりもします。
そんなとき、素敵なママも使えるアイテムをプレゼントされたら、思わず泣いちゃうかもしれません。

そのほかにもたくさん! ママスタッフおすすめのアイテムはこちら >>


金曜日

5

9月 2014

ピープル・ツリーのママたちにもおすすめなアイテム

Written by , Posted in おしゃれ

こんにちは。プロモーション担当マユコです。
先日産休中のスタッフから、うれしい出産報告が入りました。
どんどんお腹が育ってゆく様子を見ていた私たちスタッフにとっても 
ほっこりニュースです。

ぽっこりお腹でピープル・ツリーの服をかわいらしく着こなす
彼女のマタニティファッションチェックをするが楽しみだった私。

ピープル・ツリーには、ママたちにもおすすめなアイテムが
たくさんあるってご存知でしたか?

どんどんお腹が大きくなる妊娠中だって今まで通りおしゃれをしたいし、
せっかく買うなら、いかにもマタニティではなく、
妊娠後も着られる服を買いたいと思う人が多いと思います。

3歳児の母でもある私が、体験を踏まえて、使えるアイテムを紹介します!








ゆったりシルエットのトップス
オーガニックコットンで肌あたりもやさしくて気持ちいいです。





マタニティ使用のショートパンツとあわせてカジュアルに。
寒くなったらタイツも重ねて。





ワンピースも、簡単に着られてふっくらしたお腹をかわいらしくみせてくれます。





オンラインならまだ夏コレクションも買えますよ。





メンズですが、丈があるので、アウターとしてもいけるし、シンプルな色なので着回し度も高い。





これからの季節、セーターも取り入れたいですね。



そのほかにもたくさん! ママスタッフおすすめのアイテムはこちら >>


金曜日

30

8月 2013

ケニアのボンボルル・ワークショップについてご紹介します!

Written by , Posted in ニュース

こんにちは。VMDのマユコです。
今日はケニアからアクセサリーを届けてくれる、ボンボルル・ワークショップの魅力をご紹介します!

ボンボルル・ワークショップで目覚めるとニワトリの声と、子ども達の笑い声が聞こえてきます。

ここは小さな村のよう。
敷地内に、フェアトレード製品を生み出すアクセ、木工、布製品、革製品の工房があり、
教会、保育所、レストラン兼ホール、車椅子工房もあります。
そして、住居エリアがあり、約90人の従業員とその家族が暮らしています。

広い敷地の中、子どもやニワトリがのびのび過ごしています。

広い敷地の中、子どもやニワトリがのびのび過ごしています。

20130830_03

住居エリア

住居エリア

敷地内のNursery school と子どもたち

敷地内のNursery school と子どもたち

夕方、住居エリアを散歩すると  
家の外で涼みながらお向かいの人とおしゃべりをしたり、
楽しそうに夜の時間を過ごしていました。 

野菜を作っている一角もあったり、おうちの中の様子が外に伝わってきます。

おっと ハリネズミを踏みそうに。 

おっと ハリネズミを踏みそうに。 

贅沢なものは何一つないけれど、本当に必要なものはすべてここにはある。
仲間や家族がいて、
自分の能力を生かす仕事場があり、
安心して住める家と子ども達がのびのび遊べる場所がある。
ボンボルル・ワークショップのアクセサリーはそんな幸せな環境で生まれています。

そんな環境のせいか、働くスタッフのパワフルなこと。
障害を障害とせず、自分たちのやりたい事にチャレンジしていました。
仕事をし、何人もの子どもを育て、趣味を楽しみ、生活を楽しんでいます。

チェーンのひとつひとつから手作り

チェーンのひとつひとつから手作り

ひとつひとつ手で打ってテクスチャーをつけてゆきます。

ひとつひとつ手で打ってテクスチャーをつけてゆきます

シンプルな中に素材感があります

シンプルな中に素材感があります

前回のブログでもご紹介しましたが、ピープル・ツリーでは2011~12年に
ボンボルル・ワークショップのアクセサリーをお買い上げいただくと100個につき、
車椅子を1台プレゼントするキャンペーンを行いました。
まだまだ車椅子を必要とする人びとがいることから、
これからもキャンペーンを継続します。

現地で為替と車椅子の制作にかかる価格に変動があったため、
今後はアクセサリーの売上200個につき、1台プレゼントしていきます。

ボンボルル・ワークショップのアクセサリーをお買い上げいただき、継続的な支援をお願いします。
ボンボルル・ワークショップのアクセサリーはこちら


木曜日

29

8月 2013

ケニアの子どもたちに車椅子を届けてきました!

Written by , Posted in ニュース, 生産者のこと

暑さの中にも秋の気配を感じる季節になりましたね。
VMDのマユコです。
インテリアやファッションにアフリカンテイストを大胆に加えて楽しむのが好きです。

ピープル・ツリーでは2011~12年に、
ケニアのボンボルル・ワークショップで作られたアクセサリー100個の売上につき、
車椅子1台をプレゼントするキャンペーンを行いました。
その売上が車椅子29台分になり、先月末サフィアが現地を訪れ、
車椅子を届けることができました。
こちらからその時の様子をご覧いただけます。

ボンボルル・ワークショップは、身体に障害をもつ人びとのリハビリセンターとして設立され、
現在はケニア身体障害者協会のもと、アクセ、木工、布製品、革製品の工房があり、
主に障害のある人びとが約100人ほど働いています。

出張でボンボルル・ワークショップを訪問し、アクセサリーをつくる女性と話した際、
彼女は「私は、本当にラッキーだった。ここに来ることができなければ、
路上に出ていただろう」と語っていました。
ナイロビの路上で、埃まみれで座り、物乞いや
なかなか売れそうにない物売りをしている人びとを見たのを思い出し、
苦しい思いがしました。

まだまだ政治や福祉が整っていないケニアでは、
妊娠中の健康診断や生まれてから適切な治療が受けられず、
病気の合併症として小児麻痺がおこり、下半身不随になるケースが多いのだそうです。 
またリハビリを受ける機会もなく、
治る可能性のある障害も悪化するという悪循環を抱えています。

ケニアで身体に障害を持つと、厳しい現実が待ち受けています。
障害者のための学校や、施設などもありますが、
広い国土や人口に対して、全く足りておらず、
車椅子や杖などの装具も行き渡っていません。

両足に不自由があり、自ら動くことができない彼らは社会から取り残されてしまいます。
生活に余裕がない家族には大きな負担となることが多く、
育ちざかりの子ども達が一人ぼっちで家に置き去りにされるケースが多いと言います。

車椅子があることで、この少女は学校に通い、コミュニティーに参加することができます。

車椅子があることで、この少女は学校に通い、コミュニティーに参加することができます。

そんな状況を少しでも改善するべく生まれたのが、この車椅子キャンペーンです。
障害のある人びとがつくった魅力的なアクセサリーが売れることで、
彼らの自立だけでなく、同じ境遇の人びとの力にもなります。

あなたを輝かせるこのアクセは、遠いケニアでもたくさんの人びとを輝かせているのです。

車椅子が必要な少年とその母親とサフィア。少年に届けた車椅子の前で撮影。

車椅子が必要な少年とその母親とサフィア。少年に届けた車椅子の前で撮影。

現地では、まだまだ車椅子を必要としている人びとがいることから、
このたび、キャンペーンの継続を決めました。

今まではアクセサリーの売上100個につき車椅子1台としていましたが、 
現地で為替と車椅子の制作にかかる価格に変動があったため、
今後はアクセサリーの売上200個につき、1台をプレゼントしていきます。

ボンボルル・ワークショップのアクセサリーを身につけることで、継続的な支援をお願いします!
ボンボルル・ワークショップのアクセサリーはこちら

次回は、ボンボルル・ワークショップの魅力を紹介できたらと思います。