The days...

ピープルツリーの日々のこと

Author Archive

水曜日

6

6月 2018

男のデニム着こなし

Written by , Posted in おしゃれ

こんにちは。営業企画のサカイです。

合わせるアイテムを選ばないのが、デニムの大きな魅力。
好きなように着ていただければOK。
カジュアルにも、きちんとにも、その時の気分や合わせるアイテムで一年中穿くことが出来ます。

誰もが持っているデニムだからこそ、こだわりを持ったスタイリングをしたいですね。

オックスフォード×デニム


Tops: メンズ・オーガニックコットンオックスフォード 長袖シャツ
Bottom: Lee・オーガニックコットンデニム メンズ・ヴィテージテーパード

デニムを小綺麗に着こなす王道のスタイリング。
腕まくりとデニムの裾のロールアップで、抜け感とこなれ感を出しています。
足元もスニーカーではなく黒のローファーを使い、大人の着こなしに。
長年着こなしているコーディネートだからこそ、細かい所まで手を抜かない!!
そこがポイントになります。

ボーダー×デニム


Tops: メンズ・オーガニックコットンボーダー 長袖Tシャツ
Bottom: Lee・オーガニックコットンデニム メンズ・ヴィテージテーパード

白と青のボーダーで思いっきりマリンに振り、夏を意識した爽やかスタイリング。
ここはあえての真っ白スニーカー!!
それでも子どもっぽくなく、カジュアルになりすぎていないのは、リッチなこだわりデニムだからこそ。

ヘンリーネック×デニム


Tops: メンズ・オーガニックコットンヘンリーネック 半袖Tシャツ
Bottom: Lee・オーガニックコットンデニム メンズ・ヴィテージテーパード

ラフな印象が強いヘンリーネックだからこそボタンの開け方が重要!!
全て開けるのはやりすぎ・・・。 1つ開けがオススメです。
足元は革靴で都会的な印象が、大人の着こなし。

どんな印象にも変化し、どんなアイテムと合わせてもサマになるデニムは万能。
だからこそ、1歩先のスタイリングはあなたの手に掛かっています。

みなさんはデニムに何を合わせますか?

こだわりの着こなしで一歩先のオシャレをしている男性は素敵ですよね。
そんな素敵なスタイリングを日頃の感謝をこめてプレゼントしたら、
きっと喜ばれますね。

父の日にオススメ、メンズアイテムはこちら >


月曜日

28

5月 2018

長く穿ける男のデニム

Written by , Posted in ニュース

こんにちは。営業企画のサカイです。

初めて本格的なデニムを手にしたのは、学生の頃でした。
バイトして貯めたお金で買った生デニムを、自分で洗い乾燥機をかけて縮ませて・・・。
ほとんど毎日穿いて学校に行き、寝る時まで穿いて自分だけの1本を丹精こめて育てました。
そのデニムはいまだに私のタンスにいます。
25年物のユーズドデニムとなっています。

特に男性ならデニムにはそんなエピソードを持っているのではないでしょうか?
熱く語り合いたくなりますよね。
私が育てたデニムはこちらです。

このデニムは旧式の力織機で織られているセルビッチデニム。
最新の織機と比べ、ゆっくりと織られることで生地の表面が凸凹しムラが出来ます。
このムラ感が穿くほどに体に馴染み、きれいな色落ちを作り出します。

そんなこだわりがある人にピープルツリーが提案するメンズデニムは、旧式の力織機で織られたセルビッチデニム。
ヴィンテージ要素を取り入れた本格的な1本です。

ピープルツリーのこだわりポイントは縫製箇所によって黄色とオレンジ色を使い分けしたステッチ。
しかも糸目を変化させ1950年代から60年代のヴィンテージデニムの味わいが出ています。

セルビッチ(耳)のカラーは経糸の端に、青と白を入れた青耳。

ワンウォッシュなのに、生デニムのようなごわごわした仕上げで穿き心地にゴワつきのある、雰囲気のある表情になっています。

Tops: オーガニックコットン・ベーシックTシャツ
Bottoms: Lee・オーガニックコットンデニム メンズ・ヴィテージテーパード

経年変化を楽しむ男のデニムを育てませんか?

あなたの動きに合わせシワを刻み色が落ちた、あなただけの世界にひとつのデニムを・・・。

Lee×ピープルツリーのオーガニックコットンデニムはこちら >

男ってこんなことにこだわって、洋服を選んだりしてます。
それに、選んだモノを大切にします。

もうすぐ父の日、こだわりのあるお父さんに、ピープルツリーのデニムはオススメです♪

父の日に!メンズアイテムはこちら>