The days...

ピープルツリーの日々のこと

おしゃれ Archive

金曜日

26

5月 2017

\スタッフおすすめ/春夏トレンド着こなし術

Written by , Posted in おしゃれ

こんにちは、通販のヨシムラです。
急激に夏が近づいてきて、「今日は何を着ようかな」と毎日悩んでいませんか?
今年のトレンドに合わせたコーディネートをピープルツリーの新作春夏アイテムでご紹介します。

 

ワイドパンツ

引き続き人気があるワイドパンツ。
ワイドなシルエットが腰まわりをカバーしてくれる優れものアイテム。

手織りのシャンブレー素材のパンツは、ハリ感があり、メランジのような混色タイプなので、さまざまなコーデに合わせやすい1枚。
トップスには、チェック柄ブラウスで夏らしいコーディネートがおすすめ。
Tops:タイルブロックプリント フレンチスリーブトップ
Bottoms:手織りリップルシャンブレー ワイドパンツ
Bag: サイザル×バナナ手編みトートバッグ
Stole:手織りチェック&ツリー手刺繍ストール





モノトーンでおでかけコーディネート。
トップスは首まわりをすっきりと見せてくれるデザインや、スカラップの裾がさりげなくかわいらしさをプラス。
ボトムには夏にぴったりのコットンリネン素材がさわやかにしてくれます。

 

Tops:手刺繍カットワーク 半袖トップ
Bottoms:手織りコットンヘンプ ラップ風パンツ
Bag: サイザル×シェル手編みショルダーバッグ
Hat:リボンつき手編みヘンプコットンハット



ロゴトップス

Tシャツは、夏の必須アイテム。
たくさんあるなかでも今年注目なのはロゴタイプ。
いろいろなコーディネートが楽しめる人気のアイテムです。

簡単おしゃれのオールホワイトコーディネート。
ボトムも同色でまとめると洗練された雰囲気になり、あっという間におしゃれ上級者の仲間入り。
差し色に鮮やかなブルーのカーディガンをプラスして。
Tops:メッセージプリントオーガニックコットン Tシャツ・SOMETIMES
Tops:オーガニックコットン天竺 ドルマンスリーブカーディガン
Bottoms:Lee オーガニックコットンデニム ボーイズテーパード
Bag: 手編みサイザル ボーダートートバッグ




ロングカーディガン

昨年から引き続き注目アイテムのロングカーディガン。
縦長シルエットですっきりとした印象になり、さらに体形カバーの効果も期待できます。

ロングカーディガンにはパンツスタイルがおすすめ。
いつものボトムをギンガムチェックパンツに変えるだけで、春らしい雰囲気に大変身。
シンプルにモノトーンカラーでまとめて、ロングカーディガンを羽織ったら今年らしいスタイルのできあがり。

Tops:& Organic 半袖Tシャツ
Tops:& Organic ロングカーディガン
Bottoms:手織りイカット・ギンガムチェック ラップ風パンツ
Bag:メッセージプリントショルダーバッグ




5月31日まで送料&返品交換無料になる「おうちで試着無料キャンペーン」を実施中!
今回ご紹介した洋服はすべてキャンペーン対象となります。
ぜひ、この機会にいろいろなコーディネートを楽しんでくださいね♪

▼おうちで試着キャンペーンはこちら

 


金曜日

14

4月 2017

自由が丘店 19周年 アニバーサリーフェア 第2弾!
4/15(土)~4/30(日)選べるリサイクルサリーフェア♪

Written by , Posted in おしゃれ, ショップ情報, ニュース

こんにちは! ショップのオオシマです。
いよいよ明日、毎年大人気のリサイクルサリーシリーズが入荷します。
色や柄選びを楽しんでいただきたいので、なんと一気に100着以上を入荷してお待ちしております!
お気に入りの1着をぜひ見つけにいらしてくださいね♪

おすすめは直営店限定デザインのドレス。

今回の直営店限定商品は、人気のチュニックワンピースのパターンを使って、リバーシブルで着ていただけるデザインになっています。
サンプルの段階ではリバーシブルではなかったのですが、ショップスタッフのアイデアで、お客さまに1着で2パターン楽しんでいただけるように、デザイナーとインドの生産者さんの協力を得て、実現した1着です。ご試着の際はぜひ、裏返した色や柄もチェックしてみてくださいね♪

リサイクルサリーの生地は、もともとインドやバングラデシュの人たちが日常着として身に着けていたもの。
カラフルで美しく力強い柄が着る人を元気にしてくれます。同じ形でも、元になっているサリーの色や柄によって、まったく印象が異なって見えます。そのため、お客さまの中には毎シーズン何点もまとめ買いされる方が何人もいらっしゃるほどです。

もともとサリーは、おめでたい意味を持つ赤やオレンジ、ピンクなどの暖色系のものが多いのです。しかし、「暑い夏には寒色が着たい! 青や緑を増やしてほしい」という日本の要望に応えるために、一生懸命に寒色系の生地も集めてくれています。

何度も水をくぐって手洗いされたサリーは、本当にやわらか。肌になじむ一方で、古着のためほつれやシミがあることも。それを丁寧にパッチワークしたり、刺繍をほどこして補強しています。これを日本の消費者が求めるクオリティーにするために、継ぎ当て布のサイズや、柄合わせなどを細かに指導するスタッフもいます。「私たちが着ているサリーが、形を変えて 日本のお客さまに着ていただけることは、つくり手にとっても大きな喜びです。色とりどりのサリーの色柄合わせをすることは、クリエイティビティーを刺激されて、とても楽しいです」

現地の人びとにとって、玄関マットやベッドカバーなど、どうしても繕いものの古くさいイメージがつきまとっていた「リサイクル」サリーが、おしゃれなファッションアイテムとしてよみがえったとき、とても新鮮な気持ちとともに、誇らしさをもたらしたとのこと。リサイクルサリーの洋服はインド国内でも好評で、生産者団体「サシャ」の実店舗でも大人気商品だそうです。

伝統的な技術を継承し、伝統的な素材をアップサイクルしていく。長年のこうした取り組みが評価され、
リサイクルサリーシリーズは2017年3月に社会的な商品を表彰する「ソーシャルプロダクツ賞」を受賞しました。

1点1点が異なる、世界にひとつだけのリサイクルサリーアイテム。たくさん取り揃えた自由が丘店で、楽しみながら選んでくださいね。

なお、4/18(火)は自由が丘店の誕生日です。19年頑張ってこられたのも、応援し支えてくださったみなさまのおかげです。
どうぞ、これからもよろしくお願いします!


金曜日

14

4月 2017

母の日におすすめ!フェアトレードギフト

Written by , Posted in おしゃれ, ニュース

こんにちは、通販のクギミヤです。

5月14日(日)の母の日まであと1か月ですね。
私は、毎年どんなものをあげようか迷いに迷ったあげく
プレゼントを買うのもギリギリになってしまうので、
今年こそは余裕を持ったギフト選びを決意しています。
みなさまはもう母の日のギフト、考え始めていますか?

フェアトレードの製品はどれも素材と工程にこだわって
ひとつひとつ人の手で時間をかけてつくられたものばかり。
そんなこだわりのアイテムを日々の暮らしの中に取り入れると、
いつもの生活が少し特別なものに感じられそう。

今回は、ピープルツリーの商品の中でも
特にギフトとして人気のある商品をご案内します。

-------------------------------------------
ダッカ織り ミニトートバッグ
-------------------------------------------

 

普段づかいにちょうどいい大きさのバッグ。
財布や携帯など、日常的に使うものを入れてもまだちょっと余裕があります。

こちらは、ネパールの少数民族の女性に伝わる「ダッカ織り」という生地で
つくられています。ダッカ織りの技術は代々口承で伝えられてきたため、
模様の型紙が存在しません。
複雑な模様を表現するためにたくさんの時間を要するため、
1日40センチ程しか織ることができません。

そんな貴重な生地を使ったバッグなら、
特別な人へのプレゼントにぴったりですね。

ダッカ織り ミニトートバッグ≫

-------------------------------------------
オーガニックフレーバーティー&ドライフルーツ
-------------------------------------------


名園の誉れ高い、インドの「マカイバリ茶園」のダージリンティーに、
ほのかに広がる香りをつけた贅沢なフレーバーティーのシリーズ。

天然由来の香料のみでつくられるフレーバーティーは希少です。
また、環境に配慮した、土に還るトウモロコシの繊維からできたティーバッグもこだわりのひとつ。
テトラ型のティーバッグだからカップの中で茶葉がゆったりと広がり、
手軽なのに本格的な香りが楽しめます。


バタバタする朝や、ほっとひと息つけるティータイムのおともに。

オーガニックフレーバーティー≫

フレーバーティーと一緒にドライフルーツを贈るのもおすすめ。

農薬・添加物不使用、無加糖で、
素材が持つ素朴で濃厚なうまみが特徴のドライフルーツ。
フレーバーティーとセットにして贈ると喜ばれますよ。

オンラインショップでのいちばん人気は「パイナップル」。
スタッフの間で好評なのは「ゴールデンベリー」です。
「ゴールデンベリー」は食用ほおずきが原料。
ほおずきはトマトと同じナス科で、日本では観賞用のイメージが強いのですが、
欧米では「ストロベリートマト」と呼ばれポピュラーに使われる食材。
最近は「アンチエイジングフルーツ」としても熱い注目を集めています。

ドライフルーツにすることで、うまみがぎゅっと凝縮され、
しかも、スナックのように気軽に食べられる、体にもうれしいおやつです。

フェアトレードドライフルーツ≫

 

-------------------------------------------
手織りコットンリネン ストール
-------------------------------------------


ふわっと軽いつけ心地の手織りストール。
麻とコットンの混紡なので、さらっとした肌ざわりで、これからの季節にぴったり。

ストールは服装に合わせて毎日変えるものだから、
何枚も揃えておきたいもの。
シンプルなトップスとボトムスでも、
ちょっとストールをつけることで、おしゃれな印象になります。

手織りコットンリネン配色ストール≫

 

-------------------------------------------
手漉き紙のノート
-------------------------------------------


ただ今プレゼントキャンペーン中の「母の日特別ラッピングバッグ」と
同じ柄を表紙にほどこしたノート。
中の紙もすべて手漉きの紙でできています。
日本の和紙とひと味違ったバングラデシュらしい
手漉き紙のぬくもりが感じられるノートです。

こんな特別なノートに書くと
日々のメモや日記などの日常も大切なものになりそうです。

ジュートの手漉き紙の花模様ノート≫

オンラインショップはこちら≫

-------------------------------------------
母の日限定ラッピングバッグプレゼント中! ※終了しました
-------------------------------------------

※(2017/4/21)好評につきラッピングバッグの在庫がなくなりましたので、
ラッピングバッグキャンペーンは終了いたしました。

ただ今、オンラインショップで8,000円(税込)以上お買いものいただいたお客さま全員へ、
母の日限定ラッピングバッグをプレゼント中!

バティックプリントで模様をつけたラッピングバッグです。
リサイクルサリーのひもをリボンして使ったり、市販のプレゼントタグをつけたり、いろんなラッピングが楽しめます。
(※プレゼントはラッピングバッグのみです。ラッピングリボンやタグはついていません)

ギフトバッグ

〇ギフトバッグの大きさ : タテ37cm × ヨコ23cm

プレゼントはなくなり次第終了いたしますので、どうぞお早めにご検討くださいね。


金曜日

24

3月 2017

隠したい! コーデが分からない!おしゃれ迷子に贈るヒント

Written by , Posted in おしゃれ

PRのヒロミです。
突然ですがこのところ、自分の装いが、ピンとこないのです。
ずーっとお気に入りで着ていたお洋服なのに、好みが変わったわけじゃないのに、
「しっくりこない」。
それは何故!?と考えていくと、2度目の成人式も過ぎ、
やっぱり、体形やお肌の質感が変わったんじゃないか。
それに伴って、心地よいと感じる素材やデザインが変わったんじゃないか。
という、ちょっと切ない現実に行き当たるのです。
でもな~、スタイル良く見せたいけど、もうガードルで締め付けるのもシンドイのよね……。

あともうひとつ。
しっくりこないのには、体の変化のせいだけじゃなくって、
「イマドキ」のおしゃれの感覚がよく分からない、ということもありまして。
何となく自分ルールができあがってしまっているけれど、
それが今のおしゃれではダサいんじゃ!?という不安。

そんなこんなで、毎回、お出かけ前にバタバタするわけです。
特に季節の変わり目は、寒かったり暖かかったりと不安定なので
体感的にも、見た目的にも、決め手がつかめず、
「もういっそ、お出かけしたくない……」という気分にもなったり。
迷わないはずの歳になったくせに、おしゃれ迷子に陥ってしまいました。

そこで、いつもカタログでお世話になっているスタイリストのやまぐちさんに泣きつく私。
ちょっと贅沢な日常着としてフル活用できる「& Organic」シリーズを使って
スタイリングのコツを教えていただきました。

悩みを整理してみると、「隠したい部位がある」と
「どうコーディネートしたらよいのか分からない」の2つに分けることができました。
同じ悩みを持つ方の参考になったら嬉しいです♪
(ちなみに、身長160cmでMサイズを着用)

 

お悩みその1) 足元コーデが分からない

 

ヒロミ 今日はこれを着ていくぞ!と決めたものの、玄関で履く靴に悩んで
全身着替えてしまうこともあります。
特に足首がキュッとなったパンツは、ぺたんこ靴しか合わない気がして。
脚長に見せるのがいちばんかっこいいスタイリングという思い込みもあり、
床すれすれのブーツカットが好きなので、テーパードやアンクル丈のパンツがホントに苦手です。
やまぐちさん
(以下 スタイリスト)
要は全体のバランスなので、一見カジュアルなこのパンツにも、ヒールが合いますよ。
きちんと感を取り入れて、フレンチテイストのカジュアルにしてみましょう。

 

 

モノトーンに明るめのベージュで差し色をプラスしました。
短め丈のパンツでも、靴を素肌に近い色にすることで、肌色を延長させて脚長効果を狙います。
トレンチコートとヒールできちんと感を取り入れることで、
全体がバランスよくまとまります。
逆に、背の高い人だったら、ロングトレンチに白いスニーカーも合います。

ヒロミ  「脚を出したくない」という悩みにも通じますが
ひざ丈のスカートやワンピースに合わせる靴もワンパターンになりがちで……
秋冬ならブーツを合わせちゃうんですが。
スタイリスト ソックス&ぺったんこサンダルというコーデも、実は失敗が少ないですよ。
コツはコントラストが強くない色の組み合わせを選ぶこと。
ひざ下の形で、ソックスは折ったり、くしゅくしゅさせたり、
鏡を見ながらいちばんしっくりする形にしてみてください。

 

 

底全体が厚い、フラットな厚底サンダルや、ファー付きサンダルもおススメ。
今までトライしたことのない組み合わせも、やってみると意外に似合ったりするもの。
決めつけないで、いろいろ試してみると新発見がありそうです。
ペンダントを合わせて、視線を上に持ってくるとアクセントになります。
定番のGジャンで、二の腕も隠せます。
袖を折り返して手首を見せることで、華奢さも演出できます。
「3首を見せるのは、スッキリ見せのコツ」。
しかしながら冷え対策のあたためポイントも3首なので、加減が大事ですね。

 

お悩みその2) 二の腕も、脚も、できれば出したくない
ヒロミ  足元のコーデに悩むのも、根本の原因は「出したくない」気持ちが強いから。
むくみやすいからシルエット的にも気になるし、冷えも気になるし。
スカートの下にレギンスを重ねたりしちゃうんですが、
見た目に暑苦しすぎるというか、重いというか。
スタイリスト カットソーのレギンスじゃなくて、デニムや布はくの柄物とか、
トップスと質感の違うものを合わせると、スッキリ見えて、冷え対策もできますよ。
最初から着こんでしまうんじゃなく、羽織りものや足をあたためるものは持ち歩くようにして、
外にいるときはナシで、室内の冷房が効いた場ではサッとプラスして、と
使い分けるといいですね。

 

 

ストンとしたIラインのシルエットはスッキリ見せの王道。
デニムに合わせてカジュアルなシューズにしましたが、
ヒールのあるミュールで、さらにIラインを強調してもOK。
足首をしっかり見せるようにロールアップするのが、イマドキの丈感です。
あきの広い襟もとだと気になってしまうデコルテライン
(年齢とともに貧相になっていくんですよね……とほほ)も
タンクトップなどと合わせると、コーディネートしつつカバーできます。
柄物のストールを合わせても◎

 

ヒロミ  お肌の質感の変化で、いちばん気になるのが二の腕ですね。
若い頃はパツーンとなっていても、それはそれで元気でいいというか、
快活な印象もあるけれど、張りがなくなると太さが気になって……
スタイリスト 私たちの年齢だと、全身「ド」カジュアルはお母ちゃん感が出てしまって、実は難しい(笑)
どこかにエレガントな要素を入れるのがコツです。
ドレープ感のある羽織りものを合わせると、
丸みを帯びた女性らしいラインが活かせますよ。

 

 

ボトムスは"C"のようにホワイトデニムのスキニーでもOK。
テーパードパンツや、だぶつき過ぎないサルエルパンツなど
柄物でもいいですが、コツは足首がキュッと締まっているものを選ぶこと。

モノトーンのトップスなので、ロングネックレスがあるとアイキャッチになります。
(さりげなく、ペンダントとサンダルの色を合わせてみました)
トップスがダブダブしすぎて気になる場合、細めのベルトでブラウジングするのもおすすめです。

 

お悩みその3) イマドキのトップス加減が分からない

 

ヒロミ  ウエストを隠したい思いから、トップスをついそのまま出して着てしまうんですが、
そうすると丈が長すぎて、ボトムスとのバランスが悪い気がして。
トップスがふんわりとしていたら、I ラインの法則で
ボトムスはもうスキニーデニムしか合わせられないような気がしちゃいます。
スタイリスト ハイウエスト気味でインするのがイマドキですよね。
昭和な感じにならないコツは、ボトムスにきっちり入れ過ぎず、
ゆるっとしたラインを残すこと。
丈が長くてふわっとしたトップスだからこそ、加減が調節できるんです。

 

トップもふんわり、ボトムスもゆったりでも、バランスが取れています。
ピシッと入れてボディラインを見せてしまうと、
途端に80年代バブリーになってしまうので、ご注意!(笑)
マキシ丈のボトムスを合わせるなら、ヌーディ―なサンダルがオススメです。

 

同じくインにしつつ、きちんとコーデの場合。
ジャケットのインナーにするなら、ブラウジングを少なめにするのがコツです。
テーパードが今の気分なので、シュッと高いヒールに合わせています。
甲を覆う部分が浅い靴にして、「足の甲で脚の長さを稼ぐ」作戦です。
なので、高いヒールが苦手だったら、バレエシューズでも◎

つい、靴の色はいちばん近いボトムスに合わせがちでしたので、
離れたジャケットと合わせるのが新鮮でした。
全身を見るのって、大事ですね。

 

まとめ

隠してばかりじゃ、つまらない。
迷った時こそ、変身のチャンス!

しっくりこない。
というのは、実は「気持ちが高揚しない」ということでした。

年齢とともに変わっていくのは仕方のないこと。
自分は変わっているのに、格好が変わらないと、ギャップだけが大きくなって。
その違和感が自信のなさにつながっていたようです。
いつもとちょっと違うアレンジを楽しむことで、新発見がありました。
定番スタイルを絞りすぎないで、新鮮さを味わえば、ときめけるもの。
ときめいた瞬間、悩んでいたことがどうでもよくなりました(笑)

メイクでも、欠点を隠すことばかり考えているより
チャームポイントを生かしてあげたほうが、
楽しいし、魅力的に見えるって、よく聞きます。

大人スタイルを楽しむには、バランスのいい丈感、サイズ感が大事だそう。
そして、やわらかな肌になじむ、女性らしいシルエットを生かせる素材の質感が、
強い味方になってくれます。
生地に表情のあるオーガニックコットンなら、ピッタリ。

実は普段、柄物が大好きで、
元気なときは目がチカチカするほど柄ON柄なコーデもするんですが
今回のスタイリングで、無地×無地の心地よさを知り、それが新鮮でした。

以前の装いが似合わなくなった……。
そんなふうに落ち込むのじゃなくて、
「私に似合う、新しいおしゃれがある!」と
いろいろ試行錯誤を楽しみたいな~と思います。

スタイリスト やまぐちりつこさん

気づけば20年たってしてしまったスタイリスト人生。
雑誌・カタログ・TV・広告と一通りはやらせていただきました。
今は自分なりのペースでゆったりと。
そんな中ピープルツリーさんとの出会い、お仕事に感謝しています。
洋服に雑貨に素敵なものとの出会いを楽しめる仕事が大好きです。

 

 

 


金曜日

10

3月 2017

ボクサーショーツが新登場!オーガニックコットンのアンダーウェアのおすすめ

Written by , Posted in おしゃれ

こんにちは、通販のクギミヤです。

ピープルツリーのオーガニックコットン製品の中でも、
毎シーズン特に人気が高く、リピーターのお客さまが多いのが
アンダーウェアのシリーズ。

ピープルツリーのアンダーウェアは、シンプルで長く着ていただけるデザインと、
体にぴったりフィットする着心地が魅力。
もちろん素材はオーガニックコットンなので、肌ざわりには自信あり!

2017年春夏シーズンから、ボクサータイプのショーツが加わり、
ますます、お好みの1枚を選びやすくなりました。

10年以上愛される定番品のアンダーウェアですが、
ここで改めて、オーガニックコットンのアンダーウェアの魅力をご紹介します。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ボクサーショーツが新登場!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ボクサーショーツ

たくさんお客さまからご要望をいただいていた
ボクサータイプのショーツがついに製品化しました!

ショーツ

ボクサーショーツの裾は折り返しになっています

ウエストと裾は折り返しになっているのでゴムが直接肌に当たりません。
締め付け感が少なくヒップをやさしく包み、おなか周りもしっかりと
カバーしてくれるデザインなので、履き心地もゆったりと快適。
おうちでリラックスしたい日にもおすすめ。

タンガ

ストレッチタンガは、ぴったりとしたボトムを履いた時に、
ヒップラインをきれいに見せてくれます。
ぴったりとしたウェアを着ることが多いヨガインストラクターさんに、ご愛用者が多いのもうなずけます。
昨年の発売以来、着々とリピーターのお客さまが増加中。
バックのラインがゆるやかなので、タンガ初心者でも履きやすいデザイン。
ウエストは生地を折り返して、裾は洋服に響きにくいゴムになっています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
オーガニックコットンのアンダーウェアのよさ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

184332-2 184334-2

保湿性と吸湿性に優れたオーガニックコットン。
アンダーウェアのシリーズはさらにフィット感を追及して、
伸縮性のあるポリウレタンを加え、動きやすさを実現しています。

生地が適度に伸び縮みして締め付け感がなく、生地はさらっと薄手なので、
乾燥して肌が弱りがちな冬も、また、汗ばむ季節も快適に過ごせます。

184334-3 166236-2

他にも、ショーツと一緒に揃えておきたいジャージーブラや、
キャミソールドレスなど、オーガニックコットンストレッチのシリーズには
ベーシックなアイテムがたくさん!

また、履いていただいたお客さまの多くが、
「ふわふわ!」「やわらかい!」とびっくりされるレギンスも、
皆さまによりお気軽にお手に取っていただけるよう、今シーズンから価格を見直しています。

直接肌に触れるものだから、素材にもこだわったアンダーウェアを選びたいですね。
ぜひ着心地抜群のアンダーウェアを一度お手に取ってみてください。

▼オーガニックコットンのアンダーウェアはこちら≫

 


金曜日

24

2月 2017

美容カウンセラーの桜香純子さんに聞きました!
― 毎日食べてキレイになる、チョコレートの美人力 ―

Written by , Posted in おしゃれ, ニュース

どうしても食べるときに罪悪感を感じてしまいがちなスウィーツ。
でもチョコレートなら選び方と食べ方次第で、美容食になるらしい?!
昨年ダイエットなどの美容に関する本を2冊も出版した美容カウンセラーの桜香純子さんに、
毎日チョコレートを食べてキレイを磨く方法を教えていただきました。

image003

――  私は自分を甘やかすのが得意で、すぐに良い言い訳を見つけて、おやつをバクバク!! チョコもちょっとずつ食べようと決めて、封を開けるのですが、気づいたら1枚ペロリ……反省の日々です。
桜香さん
(以下敬称略)
あらら(笑)。甘いお菓子を食べてしまうなら、まずはそれをチョコに替えるだけでも、ぐっときれいに近づくことができますよ。チョコは、太るスウィーツと考えられてしまいがちですが、そんなことはありません。選び方次第で「若々しく」、「キレイ」でいられることをサポートしてくれる女性の強~い味方なんです。
――  ケーキを大好きなチョコに変えるだけ?
桜香 そうです。簡単ですよね。無理しなくても、選び方や食べ方に注意すれば、ヘルシーで美容にいい食べものになります。最近では、バランスのとれた健康美が注目されていると思いますが、そこにぴったり当てはまるのが、このチョコレートなんです。
――  罪悪感たっぷりで食べていたのに、すでにうれしいキーワードがいっぱい♪
桜香 はい。「キレイ」に関して、何よりも注目したい成分は、みなさんもご存じのカカオポリフェノール。ワインのポリフェノール含有量よりも2倍以上あると言われています。さらにうれしいのはその抗酸化作用の高いポリフェノールを、日中から摂取できるのが、とてもうれしいですよね。
――  確かにワインをお昼から飲むって、できない……。
桜香 抗酸化作用というのが女性にはとっても大事です。人間は過度な運動だけでなく、呼吸をするだけでも、酸化が進みます。つまり、徐々にサビていって老化が進んでいくっていうことです。
――  酸化、そしてサビ!コワいです……。
桜香 だから積極的にこの抗酸化作用があるものを体内に摂り入れていくことが大切です。ちなみにチョコレートには、美容チョコとお菓子チョコがあるので、まずは美容チョコ選びが大切です。
――  美容チョコとお菓子チョコ?
桜香 はい。みなさんにわかりやすいように私がそう名付けているんですよ。大きく違うのは、白砂糖と添加物。チョコレートの主原料はカカオなのですが、それ以外に、お砂糖や乳製品、添加物などが加えられてチョコレートはつくられています。ですので、カカオ成分以外の原料に注目して、美容に良いものを選んでいきましょう。
――  なるほど、まずは美容チョコ選びですね!
桜香 はい。買う前にパッケージの裏などに表記されている「原材料名」に注目してみましょう。ちなみに原材料は、含有量の多い順に表記されているので、カカオマスがイチバン最初にきているものを選ぶと良いですね。

image005

――  確かに!そうやってみると簡単に成分の高いものを見分けられる!
桜香 さて、美容チョコの大事なポイントひとつめ。それは「白砂糖を使っていないこと」。カカオは発酵食品です。だから、その芳醇な香りが何よりの魅力です。でも苦味もあるので、それを補うのがお砂糖の役割です。白砂糖が使われていると、糖分が脳にダイレクトに働きかけるので、脳が一気に興奮状態になります。お菓子に常習性があるのはこの「興奮」作用が引き金になっていることが多いです。
――  仕事中に無性にお菓子を食べたくなって気づいたら完食。そして次のお菓子に手がのびてる……。
桜香 脳を急激に興奮させてしまうので、その反動でだるくなったり、イライラしたりすることもありますから気をつけたいですよね。ちなみにピープルツリーのチョコレートには、黒糖、ココナッツシュガー、砂糖などと書かれていますが、黒糖とココナッツシュガーは合格です。ベジチョコラインに書かれている「砂糖」は、どんな砂糖を使っていますか?
――  板チョコのフレーバーによって使うお砂糖を細かく分けているのですが、砂糖と表記しているものは、すべて粗糖を使っています。つまりは黒糖からもう1回だけ精製をしたお砂糖です。
桜香 なるほど。粗糖はもちろん合格です!次に美容チョコの大事なポイントふたつめは……植物油脂などの代替油脂。カカオは品質保持が難しくて、ココアバターの代わりに植物油脂が使われているものかなりありますが、植物油脂は加工した油脂なので、トランス脂肪酸が含まれると考えられています。
――  なんだか少し難しくなってきましたが……
桜香 簡単な見分け方は、読んでみてもそれが食べ物なのかよくわからない言葉だったり、自然由来などの表記がないものはできるだけ避ける、というだけでもいいと思います。自分の身体の中に入れるものなのですから、できるだけ自分がわかる食べ物を選ぶというのも大切だと私は思います。
――  そうですね、簡単に思えてきました!
桜香 ちなみに今シーズン、ピープルツリーから出ているベジチョコラインは、美容チョコ合格ですよ! カカオ含有量は54%以上のビタータイプのチョコレートですから、カカオプロテイン成分の効果も期待できます。私も大好きでよくいただいています。
――  カカオプロテイン?
桜香 カカオプロテインは、食物繊維のように便秘改善をする働きや、腸内フローラに働きかけるような作用があるので、継続して食べることで体質改善や美肌につながっていきます。今シーズンのベジチョコラインの新作ココナッツミルクも、ココナッツの中にフィトケミカルという成分が含まれていて整腸作用があると言われているので、身体が冷えがちな女性にオススメしたいですね。
――  つまり食べてるだけで美肌に?
桜香 そう。美肌には腸を整えるということがポイントです。日本女性の多くは冷え性になりやすい体質で、それは日本人特有の腸の長さだったり、そもそも男性より筋量が少なかったり……が影響しています。そこに、現代の食生活やストレスなどが相まって、冷える要素が増えているんですね。だから冷え性になりやすい。
――  そういえば、私も一昨年、冷え性デビューを果たしました……。
桜香 美肌のためにはまずは腸内を健康な状態に改善をして、冷え性を解消することが大切です。腸内環境が整えば、自然と肌のくすみもクリアになり、若々しい美肌につながっていきます。
――  ピープルツリーには自社のチョコを常食しているスタッフが多いのですが、たしかに肌美人が多いかも! チョコいっぱい食べたくなってきちゃいました♪
桜香 ふふふ。会社のみなさんでキレイが実証できてるなんて素敵ですね。でも、大切なのはその食べ方。健康的な美容を考えたら「良いものをチョコッと」で継続することが大切です。この板チョコなら毎日2かけいただいたら十分です。それから食べる時に小皿に食べる量を出してからいただくと、“ながら食べ” を防げます。それとハーブティーやコーヒー・紅茶など、飲み物と一緒にいただくことで、しっかり食べた満足感も得られるハズ。しっかり美味しいリラックスタイムをつくることで、特別感も得られます。
――  そういえば、チョコは幸せにする効果もあるって聞いたことがあります。
桜香 そうですね、カカオはメンタルにも良い働きをします。集中したい会議の30分前とか、しあわせいっぱいになりたいデートの前にチョコレートを食べるのがオススメですよ。もしダイエット中でしたら、食べるのは代謝が活性化する明るい時間だけにして、日が暮れたら食べないこと。それとランチの直後なら太りにくいです。
――  なるほど。チョコは食べ方さえ気をつけたら、美容にも健康にも◎。
桜香 そうです、そうです。ぜひ積極的に毎日続けてみてくださいね。
――  最後に健康でキレイになりたい方に向けて、メッセージがあればお願いします。
桜香 ハードルの高いことや面倒なことではなく、自分にできる楽しいことを少しずつ続けてもらえたらいいと思います。毎日忙しい女性にとって、チョコレートが幸せになる時間づくりのきっかけになればうれしいですね。良いチョコを選んで笑顔の源にしてほしいです。
――  心も体も元気になるチョコレート。毎日食べることで、ポジティブになれるポイントがたくさんあったので、早速今日から始めてみたいです♪ ステキなお話ありがとうございました。

桜香さんに合格◎印をいただいたベジチョコラインはこちらから>>


20170224
桜香純子さん <プロフィール>
ライフコンサルタント・美容カウンセラー・セラピスト
2009年に内面と外面から女性の美と健康と幸せをサポートするサロンをオープン。
サロン経営、メンタルカウンセラー養成、商品開発の他、ケニアでの美容・健康事業も行う。
サロン・ド・エンジェル・エンジェル http://www.salon-de-angel-angel.com/

書籍:
2016年9月「二の腕シェイプダイエットBOOK)」宝島社 発売中
2016年11月「ウエストシェイパー 美腹巻」講談社 発売中


金曜日

24

2月 2017

大人が着たいオーガニックコットンライトスウェット<後編>

Written by , Posted in おしゃれ

スタイリスト・やまぐちりつこさんによる大人のスタイリング後編です。
1人目のモデルは、スタッフのミソノさん(51歳)です。身長163cmでMサイズを着用しました。
ワンピースをメインに2スタイル提案いただきました。

ブルゾン×スニーカーのスポーツMIX

misono1

ベージュメランジのワンピースに同系色のサテンのブルゾンを。
足元はデザイン性のあるスニーカーを選べば、この春も注目のスポーツMIXスタイルが完成。
スポーティだけどカジュアルすぎない、アイテム選びを心がけて。
デニム調のクラッチやコットンコードを巻いたバングルなど、ブルーの差し色が清潔感を高めます。

トップス:オーガニックコットンサテン タックブルゾン
ワンピース:オーガニックコットンライトスウェット ノースリーブワンピース
バッグ:フラワー手刺繍 クラッチ
アクセサリー:コットン&メタルバングル

手織りの羽織もの&ストールで女性らしく

misono2

スウェットのワンピースに手織りのコートを重ねてエレガントにまとめました。
カジュアルなスウェットも手織り生地の質感をプラスすれば、ワンランク上のコーディネートに。
ベースが単色の組み合わせなので、ストールでコーディネートに動きを出して。

アウター:手織りコットンヘンプ ガウンコート
ワンピース:オーガニックコットンライトスウェット ノースリーブワンピース
アクセサリー:手織りコットンリネン 配色ストール

コートと同じか短くなるように、ワンピースの丈をウエストで調整するのがポイント。
ワンピとコートの色のコントラストが強いので、中途半端な丈感にならないように注意しましょう
」(やまぐちさん)

今回はウエストを軽く絞ってブラウジングしましたが、
ゆるめにひもを結べば、Iラインのストンとした形で着ることもできます。
たたんでもしわになりにくいので、旅行にもぴったりですね。

次のモデルは食品担当と総務を兼任するカオルさん(59歳)。
身長158cmでMサイズを着用。
カーディガンをキーアイテムに2スタイル着こなしてもらいました。

濃淡のメリハリで全体をすっきり見せて

kaoru1

ドレープのあるカーディガンタイプのスウェットに、
シルクのトップスと手織り生地のパンツを合わせてグレードアップ。
ダークな色に淡いベージュを重ねることでメリハリをつくり、体形をすっきり見せることができます。
バッグにはベージュと同系色のイエローのプリント柄を選び、
全体が重くなり過ぎないようにバランスをとりました。

アウター:オーガニックコットンライトスウェット ドレープカーディガン
トップス:手織りシルク・ディープシープリント トップ
ボトムス:手織りコットンヘンプ ラップ風パンツ
バッグ:ドットライン クロワッサンバッグ

淡いトーンでまとめてやさしい雰囲気に

kaoru2

ベージュメランジにライトグレイのパンツを合わせ、やわらかな女性らしさを演出しました。
インナーはイエローとグリーンがきれいなトップスを選び、顔まわりを華やかに。
かわいらしいイメージの仕上げにトリのブローチで視線を上に誘導します。
トップスをインすることで、ウエストまわりをすっきり見せて。

アウター:オーガニックコットンライトスウェット ドレープカーディガン
トップス:タイルブロックプリント フレンチスリーブトップ
ボトムス:手織りリップルシャンブレー ワイドパンツ
アクセサリー:HORIGUCHI NAOKO カピスブローチ・バード

年齢を重ねるほど、ネイビーやベージュ、黒、白などのベーシックカラーや、無地のものをつい選びがち。
上手にベーシックカラーを着こなす方ももちろんいますが、
鮮やかな色やきれいな色を取り入れれば、簡単に華やかさをプラスでき、若々しく見えます
」(やまぐちさん)

淡い色でも合わせるトーンをダークカラーにするか、
ペールカラーにするかで印象がぐっと変わりますね。

いかがでしたでしょうか?
スウェットと言っても、カジュアルすぎないシンプルなデザインなので、
きれいめコーデにも活躍すること間違いなしです。

ぜひ、春夏のコーディネートにオーガニックコットンライトスウェットを活用してみては?

オーガニックコットンライトスウェット シリーズはこちら>>
カタログをご希望の方はこちら>>


金曜日

24

2月 2017

大人が着たいオーガニックコットンライトスウェット<前編>

Written by , Posted in おしゃれ

こんにちは、編集のナオです。
ピープルツリーの衣料品の約8割がオーガニックコットン製ですが、
ひと口にオーガニックコットンと言ってもいろいろな生地があります。
カットソーによく使われる天竺、シャツに多いポプリン、機械編みのニット、スウェットと呼ばれる裏パイルなど……。
なかでも今の時期から活躍するのが、オーガニックコットンライトスウェットシリーズ
薄手ながら二重構造で仕上げ、保温・吸水・伸縮性に優れた肌ざわりの良い生地です。

スウェット生地アップ

左は表、右は裏の生地のアップ。表と裏で違う二重構造になっています。

スウェットというと「カジュアル過ぎて子どもっぽいから似合わないし、着ないなぁ」
なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?
生地感がイメージしやすいように「スウェット」と名付けていますが、
ピープルツリーなら大人にぴったりのデザインで展開しています。

そこで、ピープルツリーのカタログのスタイリングをしている
スタイリストのやまぐちりつこさんに、大人のコーディネートをスタイリングしていただきました。

最初のモデルは40代後半のデザイナー・サケミさん。身長は164cmで、Mサイズを着用してもらいました。
パーカーをキーアイテムにした2スタイルを紹介します。

パーカーだけど、きれいめに

sakemi1

カジュアルなイメージの強いライトグレイメランジのパーカーに
モノトーンのきれいめワンピを合わせ、涼しげなリゾートスタイルに。
ワンピースは色違いアイテムを重ね、
白の奥にダークネイビーがチラリと見える、ニュアンスのあるコーディネート。
バッグもモノトーンデザインのものを選びつつも、
ラフな生地感でカジュアルダウンし、バランスをとりました。
肌寒い時期ならライトグレイのレギンスを合わせても◎。

アウター:オーガニックコットンライトスウェット パーカー
ワンピース:&Organic ノースリーブワンピース
バッグ:メッセージプリントショルダーバッグ SLOW

色を巧みに使ったカジュアルスタイル

sakemi2

ライトグレイと相性の良いネイビーをベースにコーディネート。
ボトムスには全面プリントのスカートを選び、
ブルー×オレンジのスニーカーと色をリンクさせることで、全体をまとめています。
アクセントに色のきれいなロングネックレスをプラスして、視線を上に誘導。
インナーはボトムスにインして、ウエストまわりをすっきり見せました。

アウター:オーガニックコットンライトスウェット パーカー
インナー:オーガニックコットンベーシック ノースリーブ
ボトムス:オーガニックコットンディープシープリント ロングスカート
アクセサリー:ディープシー ロングネックレス

大人がきれいに着こなすために

ライトスウェットを着こなすためのコツを、やまぐちさんに伺いました。

ある程度の年齢になってくると、シンプルなデザインのものほど“良い素材”を選びたいですね。
その点、ピープルツリーはオーガニックコットンで生地感もいいのでおすすめです。
スウェットはカジュアルな印象が強いので、
質感の違うものとのコーディネートを楽しむと子どもっぽく見えません。

また今回のオーガニックコットンライトスウェットは、
メランジ生地(糸が1色ではなく濃淡のある糸を使った生地)なので、
単色のものよりニュアンスが生まれ、コーディネートに使いやすく着まわししやすいのも特徴です。

メランジ生地

フランス語で混合という意味をもつメランジ。2色以上の糸が混ざっている生地をメランジ生地と呼びます。

単体で着ても単調にならないというのもメランジの良さですね。

ほど良い生地の厚みなので、
コートを重ねてもいいし、あたたかくなったらアウターとしても使えるので、
今の時期から夏まで長く愛用できるのもポイントです
」。

なるほど~。勉強になります!
みなさんはいかがでしたか?

後編では50代のスタッフのコーディネートを紹介します。
お楽しみに。

オーガニックコットンライトスウェット シリーズはこちら>>
カタログをご希望の方はこちら>>


月曜日

13

2月 2017

トレンド感をつくる 春めきコーデ

Written by , Posted in おしゃれ, ニュース

みなさん、こんにちは。
通販スタッフのヨシムラです。

まだまだ寒い日が続きますが、早くも春物の先行販売がスタートしています。

「寒いから春物を着るのは先かな?でも新作を見ると着たくなる……。
明るい色を見ると、気持ちも明るくなるし。あぁ、春が待ち遠しい~」と、
毎日ぐるぐる頭の中で葛藤しています。

そこで、春を先取りしたいおしゃれさんのために今すぐ着たくなる「トレンド感をつくる 春めきコーデ8」をご紹介します!
ぜひ、コーディネートの参考にしてみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━
インナーだけを春物にチェンジ!
━━━━━━━━━━━━━━━━

冬でも電車や室内は暖房がききすぎている場所も多いですよね。
しっかり冬物のアウターを着て、インナーは春物を着てみませんか??

アウター

【左】
outer:手織りトライアングルジャカード ジャケット
Tops: タイルブロックプリント フレンチスリーブトップ
Bottoms: 手織りリップルシャンブレー ワイドパンツ

【右】
Dress: オーガニックコットンミニ裏パイルボーダー 半袖ポケットワンピース
outer:手織りトライアングルジャカード コート

━━━━━━━━━━━━━━━━
大活躍! おすすめタートルネックコーデ
━━━━━━━━━━━━━━━━

やっぱりまだまだ寒い!という場合に大活躍するのが「タートルネック」。
肌ざわりが良く着心地抜群のタートルネックは、首まわりをやさしく包んでくれます。
オーガニックコットン100%素材で、リピーターも多いアイテムです。

タートルネックのインナーを新作のワンピースと合わせることで、
春らしい色と素材が両立できます。

タートルネックのレイヤードスタイルは、今の時期から大活躍すること間違いなし!

ワンピ

【左】
Tops: オーガニックコットンタートルネック
Dress: タイルブロックプリント ラップワンピース

【右】
Tops: オーガニックコットンタートルネック
Dress: 手織りリップルシャンブレー フレアワンピース

━━━━━━━━━━━━━━━━
ボトムを春物にチェンジ!
━━━━━━━━━━━━━━━━

トップスはニットや重ね着をして、スカートだけを春物にチェンジしたコーディネート。
タイツやレギンス、ロングブーツなどで足元のあたたかさをキープすれば、気軽に春物を取り入れられます。

ニット

【左】
Tops: 手編みプラネット柄 プルオーバー
Bottoms: オーガニックコットン天竺 ロングスカート・ライトグレイ

【右】
Tops: オーガニックコットンポプリン 2WAY長袖シャツ・ホワイト
Tops: オーガニックコットンニット タートルネック
Bottoms: タイルブロックプリント タックスカート

━━━━━━━━━━━━━━━━
トレンドカラーを取り入れる
━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年春夏シーズンのトレンドカラーの中のひとつ「グリーン系」を
差し色としてコーディネートにプラスしてみましょう♪

グリーンは、実はいろんな色と相性が抜群!冬のダークなカラーにも簡単になじみます。

グリーン

【左】
Tops: オーガニックコットンミニ裏パイルボーダー 長袖ボートネックトップ
Bottoms: オーガニックコットン天竺 ロングスカート・グリーン

【右】
Tops: オーガニックコットンポプリン 2WAY長袖シャツ・カーキ
Bottoms: バルコニーアンドベッド チェックスカート

寒い日はニットカーディガンやジャケットを羽織るのも◎
マフラーやストールでアレンジしてみるのもいいですね。

冬のコーディネートがマンネリ化してきたら、少しずつ春を意識したコーディネートを楽しむのもおすすめです♪

今ならこちらでご紹介した冬のアイテムも、一部お買い求めやすくなっています。
ぜひ、春の新作と一緒に楽しんでみてください♪

◆春の新作はこちら>>

es17_17017

 

 

 

 

 

 

◆お買い得の冬のアイテム>>

final_170120

 

 


日曜日

12

2月 2017

糸と手からうまれた服

Written by , Posted in おしゃれ, 生産者のこと

デザインのサケミです。
寒波到来で冬の寒さの本番はこれからのようですが、
企画している立場としては、ピープルツリーの春物のスタートが待ち遠しいこのごろ。
今回の春夏のコレクションは楽しみなアイテムがたくさんで、
どれを買おうかと柄やデザインを思い浮かべながら、わくわくコーディネートの妄想真っ最中です。

今季のテーマは“Deep Sea”。
深い海の静かな青さ、海底の砂や岩、鉱物、動植物たちを連想させる
色や柄をベースにコレクションをつくりました。
なかでも、手織りのシャンブレー生地に手刺繍をほどこした
軽めのコートやドレス、パンツが今週から店頭に並び始めます。

N_2017SS_0584


生地は波打つ静かな海をイメージしたものです。
そして、深海で揺らめく植物を刺繍の抽象的なパターンで表現しました。

名称未設定-1


この洋服をつくっているのはバングラデシュの「タナパラ・スワローズ」です。
バングラデシュの首都ダッカから北西へ車で6時間。のどかな風景の広がるタナパラ村にあります。
タナパラ・スワローズで働くのは、ほとんどが女性。
バングラデシュだけでなく多くの国で手織りの作業は男性の仕事とされていますが、
ここでは手織りも女性の仕事です。

IMG_7108


手織りの生地ができるまでの工程について、少しだけ説明しましょう。

まず、糸をあらかじめ染め、生地の長さ、幅に必要なたて糸を準備します。
張りを均一に保ちながら道具に1本ずつ通して巻いていきます。
道具を挟んで向かい合わせに座り、1本ずつたて糸を通していくのです。

IMG_7027


6_Swallows


ちなみに日本の着物の生地幅は約10寸(38cmぐらい)幅で、たて糸が1200~1300本必要ですから、
この生地の場合、約110㎝幅なので、およそ3700~4000本くらいの糸を通すことになります。
細い糸になれば、さらに多くの本数を通さなければなりません。
1本ずつですから、本当に根気のいる作業で、正確さも必要とします。

7_Swallows


10_Swallows_heddle_2


次にリードと呼ばれるクシのようなものに糸を通します。
これは、たて糸の幅を均等に保ち、よこ糸の詰め具合を整えるものです。
よく手織りでトントンと音がするのを聞きますが、このリードを打ち込むときの音がそれなのです。

手織りの場合、織り始める前の準備がとても重要で、
織り始めたら約7割進んだことになると言われるくらい準備には根気と手間がかかります。

いよいよ織り始めです。

11_Swallows


この生地の特徴は、よこ糸を1本ではなく2本一緒に織ることで、凹凸があるように見せていること。
波打つ静かな海のイメージがこれです。
よこ糸2本の色をそれぞれ違う糸にすることで、
表面に見える色がちらちらとランダムに入れ替わり、不均等な横縞状になるのです。
なんとなく想像していただけたでしょうか?

魅力は手織りの生地だけではありません。
手刺繍も大きなポイントとなっています。

この刺繍は以前、タナパラ・スワローズを訪ねたときに、
私が描いた刺繍のデザイン案を現場の職人さんたちに渡して見本をつくってもらいました。
最初の試作品はカラフルな糸で刺繍してくれたのですが、
その中の柄のひとつを今シーズンのテーマ“Deep Sea”に合わせ、単色の刺繍に変更。
立体的なステッチがコートの袖口やドレスのデコルテまわりに自然に溶け込んでくれました。

1_Swallows_emb


2_Swallows_emb_blue


サンプルをつくる段階で、生地と相性のいい刺繍の色になるよう修正したり、
刺繍のバランスを変えたり、さらにサイズごとに刺繍の配置を微妙に調整したり……。
つくり手さんたちとのやりとりを重ねて、ようやく製品にたどり着きました。

もちろん、刺繍も女性たちの手によるものです。
糸を染め、生地を織り、刺繍をほどこし、裁断や縫製を経て、洋服へと仕立てていくのです。

最後にアイテム別のおすすめポイントを。

いちばんのおすすめはさっと気軽に羽織れるコートです。
裏地なしのコートはブラウスの上にはもちろん、カジュアルなTシャツの上に羽織るだけで
エレガントに装うことができます。
襟のないタイプですが、襟ぐりにデザイン性があるので、きちんと感を持たせてくれるのです。
袖丈はブレスレットが見えたり、軽やかな印象になるように、ちょっとだけ短めの長袖です。

ワンピースはデコルテ部分の刺繍がアクセサリー代わりになり、それだけでやさしい華やかさが。
ウエストを軽く絞った人気のシルエットです。
ニットのカーディガンやボレロとも合わせやすく、
なんといってもこのワンピースは、着るだけで女子力アップする見栄えが魅力です。

パンツはヒールのあるパンプスでもフラットな靴でも合わせやすい、
ややワイドなクロップド丈にしました。
サンプル段階で、丈感を微妙に修正して、トップスと合わせやすいバランスにしています。
個人的にはシルクのプリントブラウスやきれいめのカットソーと合わせてみたい!と思っています。

みなさまにも、心弾む春の訪れを、軽やかな春の装いで楽しんでいただけたらうれしいです!

Hello, Spring | 2017年春の新作、先行販売スタート >>

新作アイテムを見る >>