The days...

ピープルツリーの日々のこと

ニュース Archive

水曜日

7

11月 2018

\秋冬新作の私服大公開/スタッフの「コレ買いました!」

Written by , Posted in ニュース

こんにちは。通販のタケマツです。
11月がはじまり、街もイルミネーションで華やかになってきました。
本格的な冬を前に、気になるのはやっぱりニットやアウターなどのあったかいアイテムです。
今日はスタッフが冬に向けて、最近買ったアイテムをご紹介します。

シンプルが決め手!フードジャケットと裏毛ワンピース

スタッフのアオキがこの冬買ったのは、フードつきツイルジャケットとオーガニックコットンミニ裏毛スリット入りワンピース。
飽きのこないシンプルなデザインが気に入ったそう。
ジャケットはポイントでステッチがはいっているのが特にお気に入りのポイント。
ワンピースは裏毛なので肌ざわりがよく、気持ちよく着られる1枚です。
どんなアイテムにも合うので、これからの季節たくさん活躍してくれそうです。
outer:フードつきツイルジャケット
dress:オーガニックコットンミニ裏毛スリット入りワンピース

色が決め手!コーデの主役になるアウター

スタッフのイケダがこの冬買ったのは、手織りジャカードテーラードコートとウールニットニットワンピース。
今年の冬は明るい色のアウターに挑戦しようとベージュ系をチョイス。
暗くなりがちなコーデがこのアウターを羽織るとぐっと明るくなります。
インナーにはウールのワンピース。薄手だけれどあたたかいので、コートのインナーとしてこれから出番が増えそうです。
outer:手織りジャカードテーラードコート
dress:ウールニットニットワンピース

花柄のアクセントが決め手!たっぷりニット

スタッフのタカチホが買ったのは、花柄ジャカードバルーン袖プルオーバー。
販売開始のときから気になっていたアイテムで、たっぷりとしたシルエットと腕の花柄がお気に入りだそう。
デニムにあわせてカジュアルはもちろん、ロングスカートなどとの相性もいい1枚です。
knit:花柄ジャカードバルーン袖プルオーバー
bottoms:Lee・オーガニックコットンデニム ヴィテージテーパート

手仕事が決め手!手編み帽子と手織りのワンピ

私、タケマツが買ったのは、ケーブル編みニットキャップと手織りジャカードワンピース。
ニット帽を探していて、シンプルだけれどケーブル編みがかわいいこの手編み帽子を選びました。
どんなコーデにも合いそうなので、寒くなるこれからの季節たくさん被る予定です。
ワンピースはシンプルだけれど織り柄が気に入り購入しました。
どちらのアイテムも手仕事ならではの温かみが感じられるところがお気に入りです。

knit:ケーブル編みニットキャップ
dress:手織りジャカードワンピース

いかがでしたか?
これからますます寒くなり、日も短くなり、本格的な冬が始まります。
お気に入りのアイテムがあると「やっとあのアイテムが着られる!」とうれしくなるものです。
ぜひ皆さんにも、そんな冬を楽しむアイテムが見つかりますように。

2018年秋冬新作アイテムをすべてみる >


木曜日

4

10月 2018

「ピープルツリー」創設者サフィア・ミニーが
労働搾取問題の解決に影響力のある企業家の第9位に選出!

Written by , Posted in Safia’s Journal, ニュース

イギリスの現地時間で9月26日の夜に発表された「2018 Annual UK Top100 Corporate Modern Slavery Influencers' Index」において、ピープルツリー創設者のひとりであるサフィア・ミニーが、現代の労働搾取問題の解決に影響力のあるイギリスの企業家として栄えある第9位に選出されました。

「Modern Slavery Influencers' Index」はBREとSustain Worldwideが共同で発表している指標。現代における奴隷制度と労働搾取の問題を解決させるための影響力のある人物を、イギリスで事業を行う企業、メディア、学会などから選出し、今回が初めての発表となりました。

サフィアは、日本で1991年に環境・貧困問題に取り組むNGO「グローバル・ヴィレッジ」としての活動をはじめ、フェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」を展開する日本の「フェアトレードカンパニー株式会社」とイギリスの「People Tree Ltd」を設立しました。2015年に「ピープルツリー」での活動を非常勤取締役として継続しつつ、イギリスのエシカルシューズブランド「Po-Zu」のマネジング・ディレクターに就任し、活動の場を広げています。サフィアはこれまでに、2004年にシュワブ財団により「世界で最も傑出した社会起業家」のひとりに選出され、2009年にフェアトレードとファッション業界への貢献が認められ、イギリス政府より大英帝国勲章第五位(MBE)を受勲しています。

今回、日本とイギリスの組織を率いて、ファッション産業にまつわる問題意識を広めることと、エシカルかつフェアトレード・ファッションの普及に力を尽くしてきたことが評価されました。

サフィアのコメント

奴隷のような強制労働が現在もあることを知らしめ、無くそうという運動の一環として、影響を与えていると認められたことを、とても光栄に思います。私たち誰もが人としての尊厳を守られるよう、正義と良識のために立ち上がって声を上げなければなりません。

私にとってこれは、30年にわたる世代を超えた家族との個人的な旅でもありました。父方の曾祖母がその人生の中で砂糖のプランテーションでの強制労働を経験していたことを知り、私の活動の原点である情熱と怒りは、労働者が意見を言う事を許さず、抗うことができない彼らへの労働力の搾取や虐待すら厭わない暴力の上で、世界の社会活動が存在していることを知ったことから始まります。

途上国では法律がほとんどが機能しておらず、民間の治安部隊や警察はどちらもたいてい腐敗しています。
人身売買や児童労働、強制・奴隷労働の犠牲になる人びとを守る決まりは機能せず、彼らは避難できる場所があることすら知りません。フェアトレードやエシカルを理念としたビジネスが経済的に成り立つということを証明することに、私は生涯をかけています。

奴隷・強制労働について、誰もが「なんて酷い、人として恥ずべきこと!」だと思うでしょう。
しかし、そう言っても自分の知らない内に明らかに安すぎる、不当な労働による商品やサービスを買い続けています。商品を選べる立場の人、商品の背景を調べることができるのに調べずに安い物を購入し続けている人は、もはや無意識に罪に加担していることになるでしょう。

私たちはフェアトレードやエシカル・ブランドのアイテムを購入し、支援するという選択肢があります。
そうすることで、虐げられている人びとがフェアなトレードの場に立つことができるようになるのです。

これは良識ある消費者の権利を行使することでもあります。
そうすれば、「ピープルツリー」や「Po-Zu」のような社会問題の解決に取り組むファッションブランドが活動を広めることができるのです。

今こそ、国際貿易における取引の方法を徹底的に見直し、改善する必要があります。
労働者や下請けの職人たちに、地域の物価に見合う必要な生活賃金が支払われているという信頼できる証拠がない企業には、輸入を規制することも有効だと思います。世界中の多くの人々が、フェアトレードやエシカル、オーガニックの推進運動への関心を広げ、誰もが参加できる仕組みを作るために休みなく働いてきました。
今、私たちは、イギリスやその他の政府に、効果的な政策を求めます。

※ 「2018 Annual UK Top100 Corporate Modern Slavery Influencers' Index」の全ての順位は、www.MSA4Construction.com/Top100Index2018Rankings/ でご覧ください。

毎日のお買いものに「フェアトレード」を

サフィアの活動は「普段のお買いもので、フェアトレードやエシカルファッションを選ぶこと」を提唱しています。

一人でも多くの方が実際にフェアトレードのアイテムを手にとっていただけるように、フェアトレードカンパニー株式会社の「ピープルツリー」では、10月4日(木)から10月8日(祝・月)までの期間中、商品を10%オフでお買いものいただけるキャンペーンを行います。

通販のお買いものはこちらから >

フェアトレードカンパニー株式会社は卸販売も行っております。OEM製品やオリジナルノベルティの製作も承ります。お取引きをご希望の方は、ぜひお問合せください。


月曜日

1

10月 2018

マカイバリとラジャ・バナジー氏の新たな挑戦
~ダージリンからの便りと、みなさまへのご報告~

Written by , Posted in ニュース, 生産者のこと

ピープルツリーが20年以上にわたりお届けしているインド、マカイバリ茶園のダージリン紅茶。
はじまりは1994年、茶園主のS.K.バナジー氏との出会いでした。

マカイバリ茶園のダージリン紅茶

歴史あるマカイバリ茶園を父から受け継ぐにあたり、4代目となるS.K.バナジー氏は、茶畑をとりまく山々の生態系との調和を大切にしたいと考え、人智学者シュタイナーの哲学にもとづくバイオダイナミック農法での茶づくりを始めました。自然や宇宙のリズムと調和した農法は、茶園の村に住み茶園で働くひとびととその家族1700人の健康と、サステナブルな暮らしを守ることにもつながっています。
とくに手摘みの収穫を担う村の女性たちを薪拾いなどの重労働から解放するために、バイオガスを供給する設備を開発・供給したり、茶園の中に学校をつくるなど、バナジー氏はさまざまな取り組みを実現しました。

いくつかの山々を擁す茶園の土地の3分の2、約400ヘクタールは原生林のまま残され、生態系を守りながら40年にわたり育まれてきた茶園には、「ティー・ディーバ」(紅茶の女神)と呼ばれる茶葉にそっくりな擬態虫(写真)が現れました。「もし農業が真にホリスティックな状態で行われていれば、重要な作物には擬態ができるだろう」というシュタイナーの言葉どおりになったのです
学校に通う子どもたちや茶摘みの女性たちが歩く茶畑の土も、豊かにふかふかとしています。

その思いを熱く語るバナジー氏の言葉と、マカイバリ茶園で大切につくられるお茶の風味には、出会うひとびとを魅了する、生命のエネルギーがあふれています。

そして近年では、ダージリン地方の他の茶園でも、バナジー氏の影響と指導を受け、オーガニック栽培、働くひとびとの権利を守るフェアトレードが広がっています。

ところが、昨年夏にこの地方で起きた民族紛争による大規模なストライキで、ほぼすべての茶園でお茶づくりができなくなったというニュースが世界中を駆け巡りました。

インドは日本の8倍の国土を持ち、多様な民族がそれぞれの地方の風土に根差した文化と暮らしを営んでいます。ダージリン地方は北東部、西ベンガル州にあり、ヒマラヤ山脈の懐、ネパールとの国境に位置し、もともとシッキム王国が少数民族を治める土地の一部でした。

シッキム王国は1975年にインドに併合され西ベンガル州とシッキム州に分かれ、異なる民族はそれぞれの固有の文化と尊厳を主張してきました。昨年2017年の6月、ダージリン地方で起こった民族独立・自治権を求める運動は、大規模なストライキへと発展し、さらに中国との国境をめぐる周辺地域での紛争も起こり、ダージリン地方の交通機関、ホテル、商店、政府系オフィスも3か月にわたって機能停止状態となり、マカイバリを含むすべての茶園が何人も立ち入れないまま放置されることになりました。

2017年9月、西ベンガル州知事ママタ女史の強いリーダーシップによってこのストライキは終結しましたが、ダージリン地方の茶園が受けたダメージは大きく、荒れた茶畑地の回復には数か月を要しました。秋摘みの収穫・生産量は前年までに比べ約9割減、市場価格が20%以上も上昇し、世界中の大手バイヤーの多くがダージリン紅茶の仕入れを取り止めて他の産地からの調達に切り替えるという、茶園にとっては維持存続が危ぶまれるようなとても深刻な事態となりました。

そんな中でも、マカイバリ茶園では丹念に茶木の手入れが続けられ、秋摘みオータムナルの時期には少量の茶葉を摘み取ることができました。天候にも恵まれた2018年春、ファーストフラッシュの頃には、想像を超える良質なお茶をつくることができ、茶園では喜びの声があふれました。まだ茶木の手入れ、回復の作業が続けられている中、マカイバリ茶園でも、8月には夏の茶摘みができたとのこと。やはり量は少なめながら、良質な仕上がりが期待できそうです。

バナジー氏の新たな挑戦

バナジー氏は今、ダージリン地方からさらにシッキム州へと活動の場を広げ、州政府とともにオーガニック&バイオダイナミック農法による紅茶づくりに取り組み、大きな貢献をされています。

シッキム州には、インドで唯一、政府が経営する茶園「テミ茶園」があり、50年近くにわたり人々に安定した仕事と収入の機会を提供しています。440エーカーの広大なこの茶園は、1969年、当時のシッキム王国の王様が人々の暮らしの糧をつくるために開拓しました。その時、マカイバリ茶園からたくさんの苗木を贈り、王様を支援したのが先代、バナジー氏のお父さんでした。
美しい山々に囲まれ、インドの桃源郷ともよばれるこの地は、ネパール、チベット、ブータンに囲まれ、かつてはチベットへの玄関口として交易が盛んな地域で、ダージリンのひとびととも親しく交流し助け合ってきたのです。


 
テミ茶園では現在427人が常勤でお茶づくりと茶園の運営に携わり、茶摘みの季節にはさらに120人が働いています。政府の経営により給与はインドの中で最も高い水準、医療や託児所や子ども教育など地域の人々に必要な福利についても茶園がしっかりとサポートしており、フェアトレードの認証を取得しています。

また、シッキム州はもともと、州全体で農業のオーガニック転換に取り組んだ、インドでも珍しい州で、紅茶だけでなくすべての農作物が有機栽培で育てられています。
テミ茶園も2005年にオーガニック農法を取り入れ、2008年には茶園全体がオーガニックに切り替わりました。

そして、こういったシッキム州の取り組みに共感したバナジー氏は、父の代からの縁があり理念と価値観を共有するシッキム州に活動の拠点を移し、より広範囲にわたるバイオダイナミック/オーガニックの指導を続けています。
これはマカイバリ茶園で長年にわたりバナジー氏と共に働いてきた仲間たちにとっても、新たなチャレンジとなり、マカイバリでは初めての女性管理職が誕生し、コミュニケーションのリーダーシップを担うなど、素敵な変化も起こっています。
バナジー氏は近年、講演や広報の活動で海外を旅することも多く、自身の不在のマカイバリ茶園への影響は何もない、と茶園の仲間に厚い信頼を寄せています。

バナジー氏がマカイバリで培ってきた、お茶づくりを通じて実現する地域の人々の健康と暮らしの安定、生態系と調和したサステナブルなコミュニティづくりという活動は今、壮大な信念に基づいてさらにそのすそ野を広げ、世界に広がる道の途にあるのだと、ピープルツリーは共感し、確信しています。

「テミ茶園は肥沃な土地と良質の茶樹に恵まれています。人々も一所懸命に働き、指導したとおりに実践してくれるので、最高のお茶ができることを期待しています。」とラジャ・バナジー氏は語ります。
シッキムはダージリンと似た気候で、春・夏・モンスーン、秋の4つの季節の紅茶は味・香りともにダージリン紅茶に近く、高い標高ならではの、華やかなフローラルな香り、繊細でまろやかな味は今、幻の紅茶として世界中から注目されている、とも。

自分の目の前にある環境と人との関係のなかで最善を尽くし、ひとつひとつ理想の形へと実現してゆく、バナジー氏の姿勢は、私たちに多くのことを教えてくれます。

ピープルツリーでは、これまでと変わりなく、マカイバリ茶園とバナジー氏の取り組みを応援し、季節ごとのお茶の風味とともに、茶園の様子をみなさんにお伝えしてまいります。

この春に摘まれたお茶を日本のみなさまにお届けするにあたり、現地での生産量の一時的な減少と価格の上昇を容認しながら、日本での販売価格を維持できるよう、弊社としてできる限りの努力と調整をしておりますことをお伝えいたします。

昨年からのいくつもの困難を乗り越えてつくられ、オークションでも高い評価を得た「上質な」お茶を、どうぞお楽しみください。
バナジー氏もお茶の作り手たちも、この春・夏のお茶の出来を、とても誇りにしています。

今後とも、バナジー氏とマカイバリの人々が育んできたバイオダイナミック・ダージリン紅茶を変わりなくご愛顧いただき、応援し続けていただけますよう、願っております。

「牛は、バイオダイナミックを象徴する生き物」とバイオダイナミックの概念を語りながらバナジー氏が描いた絵。(2014年、来日の時)

「牛は、バイオダイナミックを象徴する生き物」とバイオダイナミックの概念を語りながらバナジー氏が描いた絵。(2014年、来日の時)

おいしいダージリンティー、フレーバーティーはこちら >>


水曜日

18

7月 2018

夏らしく、秋らしい服

Written by , Posted in ニュース

こんにちは。通販のタケマツです。
東京は暑い日が続いています。
青い空に白い雲。絵に描いたような夏の空を見上げて、今年の暑さも厳しそうだなーと覚悟を決めています。

そんな暑い日々を過ごす中で、なんと秋の新作が届きました。
「もう秋?!」と毎年驚いてしまうのですが、夏はあっという間に過ぎ去ります。
まだまだ暑いのに秋と呼ばれる時期が、そう遠くなくやってきます。

そうなんです。
もう少しすると、「涼しく着られて、でも秋らしい服」が必要になってくるのです。

そこで活躍するのが入荷した秋の新作です。
手織りのシルクやオーガニックコットンのカットソーなど今から秋まで着られるアイテムばかり。
中でも毎シーズン人気のオーガニックコットン天竺シリーズをご紹介します。

人気NO.1はスカート。トップスとセットアップで着ても

オーガニックコットン天竺シリーズは毎シーズン入荷している人気シリーズです。
中でも1番人気なのがスカート。
ウエストはゴムで楽チンなのに、歩くたびにしなやかに揺れるタックがとても女性らしく上品です。
さらに今シーズンは前の丈が少し短くなっています。
今年トレンドのデザインで、より軽やかな印象になります。


トップスに同じ色を着ればセットアップになりワンピース風に着こなすことも。
合わせるアイテムを選ばない、素材・デザインともに頼りになる1枚です。

オーガニックコットン天竺ギャザースカート >
オーガニックコットン天竺キモノスリーブトップ >

秋カラー満載!今シーズンは4色が登場


色がきれいなこともこのシリーズの人気の理由のひとつ。
今シーズン届いたのは、グリーン、ライトグレイ、イエロー、パープルの全部で4色です。
今年のトレンドカラーの中から、顔色がきれいに見える色、秋らしい色をデザイナーたちが話し合い選び抜きました。
単品使いから重ね着、セットアップまで、さまざまな着こなしを考えて、生地は夏らしく、でも秋らしく着こなせるデザイナーイチ押しのトレンド秋カラーです。

オーガニックコットン天竺ショートカーディガン >

土地もつくり手も私たちも心地よいコットン

天竺シリーズの人気の理由は、デザインだけでなく、やっぱりオーガニックコットン100%であること。
肌ざわりはさらりと心地よく、汗を吸収し発散してくれる優れものです。
そして着ていて心地よい理由は、素材の良さだけでなく、つくられている背景にもあります。

オーガニックコットンは化学合成した肥料や農薬を3年以上使っていない農地で栽培されたコットンのこと。有害な化学肥料を一切使うことなく育てられているので、手間はかかりますが、土壌も豊かになり、畑でコットンをつくる人にとっても健康的です。

環境とつくり手と私たち。そのつながりを思いながら袖をとおすと、さらに心地よく着ることが出来るのかもしれません。

「夏も着られる秋服」が今の時期の賢いお買いもの

夏の真っ最中に秋のことなんて、書いている私も不思議な気持ちになります笑
でも今から秋まで着られる服を買うことは、とても賢いお買いものだと思うのです。
今日発売した秋の新作はどれも、夏は涼しく過ごせて、残暑が厳しい9月にもしっかり着られて、重ね着をすればそのあともずっと着られる優秀アイテム。きっと長い付き合いの服になります。
そんな服だからこそ、デザインや素材はもちろん、つくられている環境やつくっている人を思い浮かべ心地よくなれる服がうれしいですね。

秋の新作はこちら >
オーガニックコットン天竺シリーズはこちら >


月曜日

28

5月 2018

長く穿ける男のデニム

Written by , Posted in ニュース

こんにちは。営業企画のサカイです。

初めて本格的なデニムを手にしたのは、学生の頃でした。
バイトして貯めたお金で買った生デニムを、自分で洗い乾燥機をかけて縮ませて・・・。
ほとんど毎日穿いて学校に行き、寝る時まで穿いて自分だけの1本を丹精こめて育てました。
そのデニムはいまだに私のタンスにいます。
25年物のユーズドデニムとなっています。

特に男性ならデニムにはそんなエピソードを持っているのではないでしょうか?
熱く語り合いたくなりますよね。
私が育てたデニムはこちらです。

このデニムは旧式の力織機で織られているセルビッチデニム。
最新の織機と比べ、ゆっくりと織られることで生地の表面が凸凹しムラが出来ます。
このムラ感が穿くほどに体に馴染み、きれいな色落ちを作り出します。

そんなこだわりがある人にピープルツリーが提案するメンズデニムは、旧式の力織機で織られたセルビッチデニム。
ヴィンテージ要素を取り入れた本格的な1本です。

ピープルツリーのこだわりポイントは縫製箇所によって黄色とオレンジ色を使い分けしたステッチ。
しかも糸目を変化させ1950年代から60年代のヴィンテージデニムの味わいが出ています。

セルビッチ(耳)のカラーは経糸の端に、青と白を入れた青耳。

ワンウォッシュなのに、生デニムのようなごわごわした仕上げで穿き心地にゴワつきのある、雰囲気のある表情になっています。

Tops: オーガニックコットン・ベーシックTシャツ
Bottoms: Lee・オーガニックコットンデニム メンズ・ヴィテージテーパード

経年変化を楽しむ男のデニムを育てませんか?

あなたの動きに合わせシワを刻み色が落ちた、あなただけの世界にひとつのデニムを・・・。

Lee×ピープルツリーのオーガニックコットンデニムはこちら >

男ってこんなことにこだわって、洋服を選んだりしてます。
それに、選んだモノを大切にします。

もうすぐ父の日、こだわりのあるお父さんに、ピープルツリーのデニムはオススメです♪

父の日に!メンズアイテムはこちら>


水曜日

16

5月 2018

SNSをチェックして全国のお店に行こう!
あなただけのリサイクルサリーアイテムを見つけよう!

Written by , Posted in ニュース

皆さん、こんにちは。ピープルツリーのアンバサダー、末吉里花です。

5月に入り、初夏の陽気で汗ばむ日も出てきました。
実は5月はフェアトレード月間!フェアトレードを盛り上げるために、様々なイベントや取り組みが行われます。
この時期に最もオススメしたいのが、リサイクルサリーのアイテムです。
その理由は書ききれないほどあり、どれもエシカルな視点から見てもオススメです。


● ピープルツリーのリサイクルサリーはすべて1点もの。
他の誰ともかぶらない、世界で唯一のオリジナルなアイテムなので、
思わず友達に自慢したくなってしまいます。
カラフルな柄も美しく、周囲の注目を浴びること間違いなし!
エシカルである、ということは「オリジナリティがある」ということです。


● リサイクルサリーのアイテムは、インドのつくり手の思いが詰まっています。
 表と裏の生地の組み合わせはそれぞれのつくり手のセンスが出ていて、
 選ぶ時もワクワクします。
 エシカルである、ということは「モノの背景にストーリーがあること」。
 そして「そのストーリーを思わず誰かに伝えたくなってしまう」ことです。


● リサイクルサリーのアイテムは、一度使われている生地を再利用しているので、
とても柔らかく、着心地が抜群です。
必ずしも新しい資源を使って、新しい生地を作り、新しいモノを作る必要は
ありません。
エシカルである、ということは「消費のあり方を見つめ直す」ということです。
つまり、今地球上にある資源を大切に再利用する、という視点も大切です。


● リサイクルサリーのアイテムは、風通しが良くて軽いので、これからの時期にぴったり。
汗をかいてもべたつかず、ふんわり着こなせます。
涼しいので、冷房いらずの優秀アイテム。
エシカルである、ということは季節や環境に合った洋服を身につけて、
「無駄なエネルギーを削減する」ということです。


● 生産地で身近な素材であるサリーを活用し、伝統的な刺繍技法の継承に貢献しています。
アップサイクル×フェアトレードの理想的な組合せは、
「ソーシャルプロダクツ・アワード2017」受賞の、
評価ポイントの一つとなりました。


ざっと挙げただけでもこれだけの嬉しい理由があります!
私自身は、リサイクルサリーのワンピースに一目惚れをして、こちらを購入!



この柄と色に決めるまでに何種類か試着しましたが、一番肌の色を綺麗に、
健康に見せてくれるものを選びました。

リサイクルサリーの良い点は、選ぶ時も楽しいこと。
店頭スタッフとお洋服の背景の話をしながら決めるのも、フェアトレードのお買いものの醍醐味です。

アクセサリー次第では、きちんとしたディナーやパーティーでも良し、街中でカジュアルに着こなすのも良し、
リゾート地で小物と合わせてこなれた感じに決めるのも良し。
あなたしか出来ないオシャレが楽しめるはずです。

そして何よりも大切なことは、フェアトレードのリサイクルサリーのアイテムを身につけていれば、自分のことを誇りに思える、ということ。
誇りに思えれば、ずっと長いこと着続けられるはずです。

ぜひ店舗(ピープルツリー自由が丘店池袋東武店のほか、全国のお取扱い店)に足を運び、
あなたにとってのスペシャルな一枚を選んでくださいね♪

全国のリサイクルサリーアイテムは、ピープルツリーの公式アカウントでご紹介します。
こちらからチェックしてください!



月曜日

14

5月 2018

\ 簡単で美容効果抜群 /フォンダンウォーター♪

Written by , Posted in おしゃれ, ニュース

みなさん、こんにちは。
営業のヨシムラです。

最近、よく見かける無色透明な「水」に味や香りなどを加えた
「フレーバーウォーター」が流行っていますね。

「もっと自宅で簡単に安心できる素材で作れたらいいのに!!」と思い、
調べたところ、韓国でブームの美容効果抜群と言われている「フォンダンウォーター」に出会いました。

最近では日本の美容雑誌などでも特集されるほど、注目されているそうですよ♪

「フォンダンウォーター」とは、
ドライフルーツを水の中に入れて漬け込んだ水または炭酸水のこと。

ドライフルーツと一緒に漬け込むことにより、ドライフルーツの栄養素や香りが水にうつり、
そのフルーツの栄養素がでた水を飲むことにより、むくみ効果や便秘解消効果が見込めるそうです。

ドライフルーツには食物繊維がたっぷり!
水と一緒においしく食べれば整腸効果も期待できます。
さらに、SNS映えするおしゃれでかわいい見た目が
美意識の高い女性の間で大人気です。

 

フォンダンウォーターの作り方をご紹介します!

マンゴーケントとパイナップルとゴールデンベリーを組み合わせました。

≪ 材料 ≫

・水または炭酸水
・お好みのドライフルーツやハーブ(ハーブはお好みで)

作り方
1.ボトルにお好みのドライフルーツやハーブを入れます。
2.その中に水または炭酸水をいれて30分以上漬ければ完成です。

フルーツ1種類でも充分楽しめますが、
見た目が華やか&よりフルーティーな味わいになるブレンドもおすすめです!

私のおすすめは「ブラックマルベリー」

ブラックマルベリー(桑の実)は、甘酸っぱく、高い抗酸化作用(アンチエイジング)で
知られているアントシアニンなどのポリフェノールを多く含んでいます。
ドライにしたものは、「桑椹子(そうじんし)」という名の生薬として有名です。

ビタミン類、カルシウム、カリウムなどの栄養素を含んでおり、
古来からスーパーフードとして利用されてきました。

ブラックマルベリーとライチを炭酸水で割りました。
水を注いだ瞬間からきれいな色に染まり、水分をほどよく含んだフルーツが
みずみずしく美味しくいただけました。
色のグラデーションがとてもきれいで、甘酸っぱい味わいが
これからの季節におすすめです。
お好みではちみつを入れてもおいしくいただけます。

 

ボトルに入れて持ち歩きにもおすすめです。

パイナップルは一晩漬けるとしっかりと味と甘い香りがします。
見た目もかわいいのでおすすめです!

ドライフルーツと水だけで簡単に作れて、肌や体にも嬉しいフォンダンウォーター。
選ぶなら安心な無農薬や化学肥料・添加物不使用がいいですよね。

フィリピンのプレダのマンゴーなら、シロップの甘さもプラスされます。
アフリカのドライフルーツシリーズなら砂糖・オイルコーティングもありません。

ピープルツリーのドライフルーツで試してみませんか??

▼ドライフルーツはこちら


金曜日

11

5月 2018

Message from James Minney - 世界フェアトレード・デーに向けて

Written by , Posted in ニュース

2018年の世界フェアトレード・デーに向けて、フェアトレードに胸を躍らせ、その輪を広げることに力を貸してくださったみなさまに、心より感謝申し上げます。

1960年代から徐々に、そして少なくとも1980年代以降は明らかに、私たちを取りまく経済システムは何かしらの役に立つ一方で、子どもや孫たちの未来に必要な資源までをも消費し続けています。

1991年にフェアトレードでピープルツリーがスタートしたとき、私たちは別に新しいことや特別なことをしていると思っていたわけではありません。――日々の暮らしの中でこんなものがほしい、フェアトレードで環境に優しい生活をしたいという思いだけでした。初めて日本にやってきてまだ誰も知らないけれど、同じようなことをしている人がいるに違いない、私たちもとにかくやろうと。

そして同じ思いの人たちと出会いました。

やがて、やっていることは少し違っていても、同じ志をもつ人の輪は広がっていきました。数年のときを経て、私たちはヨーロッパで行われているフェアトレード・デーを日本に紹介し、WFTO(当時はIFAT)に世界フェアトレード・デーを設定しようと呼びかけました。ピープルツリーのお客さまや卸先のみなさまだけでなく、たくさんの方々が喜びを持ってイベントやコンテスト、メディア報道を通じて関心を高める活動をサポートしてくださり、いまでは「フェアトレード」を知っていて、正しく理解している人は30%になりました。本当にありがとうございます。

長年のパートナー。バングラデシュの生産者団体「タナパラ・スワローズ」


汚染されていない農地がなくなって、河川がなくなっても、お金を食べることはできません。心が乾いてしまったとしても、お金が私たちを潤して再び人間らしくしてくれることはないでしょう。お金と貿易とビジネスは生態系の一部です。――いわば血液やリンパのように。ふだんあまり意識していませんが、それは人の身体を循環しています。知識と注意が足りなかったために、ひとたびその流れが止まってしまうとしたら、大変なことになります。

ピープルツリーを始めたとき、私たちはそう思っていなかったのですが、やはり確かに何か新しいことをしていたようです。そして今、このビジョンをさらに発展させ、フェアトレードを次のフェーズに導くトーチがたくさんの人たちによって掲げられています。さまざまな角度からのアプローチが増え、たくさんあることがとても嬉しく、ワクワクしています。なぜなら、私たちが望んでいることは、すべての貿易がすべての人にとってフェアで、人と環境に配慮されたものであることなのですから。

ジェームズ・ミニー


ジェームズ・ミニー (James Minney) ピープルツリー代表取締役/創設者
イギリス出身。幼少期をケニアで過ごし、国際問題や貧困問題の活動をパワフルに繰り広げる両親の背中を見て育つ。英国オックスフォード大学ベリオルカレッジ卒業し、ロンドンおよび東京の日系/外資系の大手金融機関に勤務。1989年に来日。金融機関の仕事の傍ら、サフィア・ミニーと共に1991年に環境・貧困問題に取り組むNGO「グローバル・ヴィレッジ」を立ち上げ、1993年にフェアトレード商品を共同開発、カタログによる販売を開始。1995年に、フェアトレードブランド「ピープルツリー」を展開するフェアトレードカンパニー株式会社、2001年ロンドンに「ピープルツリーリミテッド-People Tree Ltd(PTLtd)」を設立。2007年にピープルツリーの活動に専念するため、金融機関を退職し、FTCo及びPTLtdの取締役に就任。2015年12月にFTCoの代表取締役に就任し、現在に至る。

生産者から届いた今シーズンのフェアトレードアイテムはこちら>


木曜日

12

4月 2018

世界にひとつ。サシャのハンドペイント

Written by , Posted in ニュース

ピンクの花や葉っぱのグリーン、空のライトブルー。
まるで、裾から草花がエネルギッシュに伸びてくるよう。

すべての生命が躍動する初夏を色鮮やかに描いた、
2018夏の新作「ハンドプリントシリーズ」のご紹介です。

リズミカルに描かれた草花は今シーズンのコレクションテーマである、”Respect for the Earth and Artisan” をまさに表しています。
ピープルツリーのデザインチームのスタッフがスケッチした絵をもとに、生産者の熟練した技術によって、花や葉の自然を春らしくやわらかい色合いを使って、独自の手法で新たに表現しました。
手描きなので少しずつ違いがあり、ひとつとして同じものがない貴重なプリントに仕上がっています。
花の丸い中心部分は濃淡のブラシで陰影をつけて描くなど、ひとつひとつの草花を丁寧に根気良く描いています。
凹凸のある手織りの生地がプリントをより立体的に引き立て、やさしく深みのある絵画のように仕上がりました。

 

洋服はチェック柄調に織られた生地でニュアンスを出し、
ストールは手織りのコットンガーゼでふんわりと仕上げました。

ハンドメイドのぬくもりが伝わるアイテムです。

 

サシャで活躍する方々

 

この商品のペイントを手掛けるのは、インドの小規模生産者を支援する団体
「サシャ」のもとで活動するフェアトレードクループ「サードアイ」。

ここ十数年で高度成長を遂げたインドでは、一部による大量生産ビジネスがすすみ、
伝統的な手仕事が失われつつあります。
一方で、エシカルであることや環境への取り組み、伝統文化の継承などが、
次世代へのムーブメントになってきています。

サシャはハンドペイントのほかにも手織りシルクやブロックプリントなど、
インド各州の伝統的なプリント手法を継承しながら、
独創的な発想でさまざまな新しいデザインを生み出してきました。

フェアトレードのサポートを受けながら、
たくさんの若い世代のアーティストが巣立ち、未来に向かって活躍しています。

その他のサシャのアイテムはこちら >


水曜日

28

3月 2018

20年目のありがとう

Written by , Posted in ニュース

こんにちは!自由が丘店のオオシマです。
ピープルツリー自由が丘店は、4月で20周年を迎えます!
20年もお店を続けてこられたのは、いつも来てくださるお客さまのおかげです。
本当に、いつもありがとうございます!

オープン当初と比べると、生産者さんたちのスキルが向上し、
商品のデザイン性もぐっと高まってきていると感じます。

お店も何度か改装をして、時代と共に少しずつ変化しています。
変わらないのは、ずっと同じ生産者さんたちとものづくりを続けていること、
アイテムにほどこされる手仕事の素晴らしさ、長く応援してくださるお客さまです。

ここで手に取る商品にほっこりして、買うと自分も、つくった人も嬉しいんだ、
そんな気持ちになっていただけたら嬉しいです。

そして、もっとフェアトレードについて知りたい!と思ったら、
毎月「フェアトレードの学校」というイベントを開催しています。
エシカルなライフスタイルの中に、ヨガも取り入れてほしいな、と「朝ヨガ」も毎月開催しています。
それぞれ人気のイベントなので、お早目にご予約くださいね。

これからも、フェアトレードの発信地として、
フェアトレードの商品と出会う場として、
生産者さんとお客様をつなぐ場として、
また、お客さまとお客さまがつながる場として、
私たちスタッフも笑顔でみなさまをお迎えしたいと思います♪

20周年を記念して、たくさんのお楽しみをご用意しました。
ぜひ!ピープルツリー自由が丘店へ、お越しください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております♡

20thspecial①
4/1~30アニバーサリープレゼント!(なくなり次第終了)
 期間中、¥15,000以上購入の方に20th限定ミニトートをプレゼント! 先着100名様なのでお早めに!

20thspecial②
4/8(日)11:00-18:00 ピープルツリーマルシェ♪
店先で一日限りのマルシェを開催します! 自由が丘店にゆかりのあるショップが出店します。各店主とのコミュニケーションも楽しんで♪
手づくり焼き菓子:Filica/多肉植物:裏庭/レーズン、アプリコットなどのドライフルーツ:ケぺス

20thspecial③
4/15(日)10:15-11;45フェアトレードの学校 20thスペシャルバージョン
ありちゃんのピープルツリーの生産者さんを訪ねたインド「めぐる旅」報告編。なんと、生産者さんも登場します!
スピーカー:モデル鎌田安里紗さん/インドの生産者団体「サシャ」代表ルーパさん

20thspecial④
4/16-30 100枚から選べる!リサイクルサリーフェア
毎年大人気のリサイクルサリーシリーズ。この期間だけ特別に、100枚のサリーをご用意します。好きな色や柄を選べるチャンス! 直営店限定アイテムも♪

20thspecial⑤
4/22(日)9:45-10:45 朝ヨガ
オールレベルの60分間のヨガクラス。20周年スペシャルバージョンで、クリスタルボウルの音色を聴きながらヨガを楽しめます。ヨガの後、ハーブティーもお出しします♪

自由が丘店についてはこちら >