The days...

ピープルツリーの日々のこと

ニュース Archive

金曜日

12

3月 2021

V&Aとのコラボレーションから、大人可愛い2つのラインをご紹介!

Written by , Posted in ニュース

こんにちは。マーケティングチームのオオクマです。
先週発売の2021年春夏の新作商品は、もうチェックされましたか?

2017年から始まり、8シーズン目となるV&Aとのコラボレーション。
今シーズンも心躍る春夏らしい華やかなテキスタイルのアイテムが揃いました。

V&Aの正面玄関

ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)は、世界有数のアート、デザインと
パフォーマンスのミュージアムです。1852年に芸術を身近なものとするために
ヴィクトリア女王即位中にロンドンに創立されました。
現在ではデザインを通して生活を豊かにすることを使命として、想像力をかきたて、
新発見や学習ができる場所 となっています。 145あるギャラリーにはテキスタイル、
陶磁器、彫刻や写真などの装飾美術が展示されています。

服飾のみならず、アートやデザインを学んだ人なら一度は足を運びたい、憧れの博物館なのです。

今回はそんなV&Aとのコラボレーション商品の中から、ヨーロッパとインドの美学が融合した魅力あふれる伝統柄からインスパイアされた、春めく大人可愛い2つのラインをご紹介します。

インドでつくられた美しいテキスタイル「アナヤ」柄

「アナヤ」はV&Aのアジアコレクションに収蔵された刺繍のテキスタイルに
インスピレーションを得たデザインです。

18世紀に描かれたこの豪華な花柄のモチーフは、インド北西部のグジャラートに伝わる繊細な刺繍で描かれたディティールをエレガントでニュートラルな色調でプリントすることで、モダンで洗練された印象に生まれ変わりました。

素材はオーガニックコットン100%のサテン地を使用しています。
ハリ感があり、サラリとした肌触りが心地よい素材です。

モノトーンでシックなコーディネートにも、
お気に入りのカーディガンやソックスでカラーをプラスするのもおすすめです。

深いV字の襟がエレガントで涼しげな半袖ブラウス。
パンツにもスカートにも合わせやすい丈感で、同柄スカートとのセットアップや、
デニムなどにさらりと合わせても素敵です。
アナヤ柄オーガニックコットンブラウスはこちら>

長いカフスがクラシカルなワンピース。すっきりとしたシルエットは
スタイルをよく見せてくれます。前開きのデザインなので春先にさっと羽織っても◎。
V&A アナヤ柄オーガニックコットンドレスはこちら>

ふんわり上品に広がるシルエットのギャザースカート。
ブラウスを合わせたフェミニンな着こなしはもちろん、カジュアルなTシャツスタイルにも。
V&A アナヤ柄オーガニックコットンスカートはこちら>

新鮮なカラーで再現したペイズリーモチーフ「ネハ」柄

V&Aのテキスタイルコレクションに収蔵されたコットンドレスの生地サンプルにインスピレーションを得たデザインです。
小さな花のディティールで描かれているこのユニークなペイズリーのモチーフは、19世紀半ばにヨーロッパでプリント柄として人気が高まってきていた時にデザインされました。いまも愛され続けるモチーフが新鮮なカラーで再現されました。

このネハ柄の素材には「テンセル™」リヨセル繊維100%のツイル地を使用しています。
テンセル™とは完全なリサイクルシステムのもとで持続可能な原料でつくられるエコな繊維。肌触りが滑らかで、ほどよい艶があり極上の着心地です。

大胆なフリルが印象的なプルオーバータイプのブラウス。
デニムとカジュアルに合わせても、ロングスカートなどでフェミニンにコーディネートしてもトレンド感あるスタイルが生まれます。
V&Aネハ柄ブラウスはこちら> 


涼しげな表情を演出するVネックのひざ丈ワンピース。
春先はパンツと合わせてレイヤードスタイルを、初夏には軽やかなワンピースとして、旬な着回しが楽しめます。
V&Aネハ柄ドレスはこちら> 

袖と胸元にあしらった小さなフリルがアクセントのロングワンピース。
テンセルの滑らかな落ち感がすっきりとしたシルエットを生んで、
甘すぎない大人の装いを演出します。
V&Aネハ柄マキシドレスはこちら>

届けてくれたのはインドの生産者団体「クリエイティブ・ハンディクラフト」

ご紹介した2つのラインを届けてくれたのは、インドの大都市ムンバイにある生産者団体「クリエイティブ・ハンディクラフト」です。

インド・ムンバイのスラムで貧困に苦しむ女性たちの経済的な自立を目指して1984年に設立されました。仕事の機会を提供するとともに、縫製の技術指導、託児所の運営や子どもたちの奨学金のサポートを行うなど、精力的にフェアトレードの活動を続けています。上品で女性らしい「きれいめ」アイテムを得意とするこの団体。今回も、まさにそんな仕上がりになっています。

他にも春夏にぴったりのブロックプリントのアイテムも同時発売しています♪
ぜひチェックしてみてくださいね。

V&Aコラボレーション アイテムはこちら >

春の新作はこちら >


月曜日

8

3月 2021

フェアトレードで女性の活躍の場を広げるクラウドファンディングはじめました!

Written by , Posted in ニュース

3/8 は 国際女性デー
女性たちを応援するクラウドファンディングを
はじめました!

3月8日は「国際女性デー」

女性の平等な社会参加を求める運動が起源となり、国連によって1975年に制定されました。世界中の多くの国では、別名『ミモザの日』とも呼ばれ、身近にいる大切な女性に感謝をこめて、春一番に咲く可憐な黄色のミモザの花を贈る日でもあります。

ピープルツリーは、この日、バングラデシュの女性たちを応援すべく、母体NGOグローバル・ヴィレッジを通じて、クラウドファンディングを立ち上げました。30周年を迎えるにあたり、世界的なパンデミックにより、働く場や時間が減少したり、発注が減って、より一段と厳しい環境に置かれている生産者グループに、あらためて「フェアトレード」を強化することで最大限の支援を行いたい。そのためにはフェアトレードの現場でもっと多くの女性がさらにリーダーシップを発揮してフェアトレードを牽引していってほしいとの願いをこめてのプロジェクトです。

フェアトレードでは女性が活躍!

フェアトレードにおける女性の役割の重要性はよく知られています。

つくり手の大半は女性であり、女性が主体的に働いて収入を得ることで、家庭や地域で発言権を増し、子どもの教育など次世代への投資により多くのお金が使われます。女性の能力向上をさらに後押しすることが、フェアトレードが目指す「みんなが幸せに暮らせる世界」の推進力になります。

また、フェアトレードでは、一般のビジネスに比べれば女性の進出がとても進んでいます。

たとえば、冒頭の写真のピープルツリー2021年春夏コレクションのミモザ色のドレスを届けてくれたインドの生産者グループ「サシャ」も、1978年に故シャビィ・コーリさんが、社会の底辺にあった女性たちが収入を得て自立できるようにと、手工芸品や衣料品の職人グループを支援する組織として設立した団体です。現在約100にのぼる生産者グループで働く職人5,000人余りの大半が女性で、サシャでトレーニングを受けて技術を身につけ、起業して自分のグループをつくった人もいます。コーリさんの後を継いでサシャを率いるルーパ・メタさんは現在、WFTOの理事長も務めています。

(左上から時計回りに)サシャの創設者、故シャビィ・コーリさん/ サシャの現代表でWFTOの理事長ルーパ・メタさん/ サシャの刺繍グループの女性たち

フェアトレード事業者の世界的ネットワークであるWFTO(世界フェアトレード連盟)では、加盟する355団体の52%で最高責任者を女性が務め、管理職レベルも半数以上が女性です。
とはいえ、生産に携わる96万人の74%が女性であることを考えれば、女性が力を発揮する余地はまだまだあるといえます。

既に女性の地位向上にかなり成功しているフェアトレード団体であっても、なぜこのような一層の改善努力が必要なのか、サシャのディレクターであるスジャータ・ゴスワニさんはこう説明します。「男女間の不平等は根深く、様々な形で女性差別に表れています。組織レベルでも現場の生産者パートナーとの仕事においてもバランスのとれた環境を達成するために、たゆまぬ努力と良心が必要なのです。」

バングラデシュのフェアトレードを、女性が活躍するためのクラウドファンディングで応援

バングラデシュのフェアトレード団体のネットワークであるECOTAでは、今年、人道・開発NGOの「クリスチャンエイド」の協力を得て、女性のエンパワメントを目指す研修プログラムを企画しています。ECOTAに加盟する36団体で商品づくりに携わる職人は12万人、うち8割が女性ですが、管理職レベルで能力を発揮している女性はまだ多くありません。

このプログラムでは、まず今年中に5団体で50名の教育係を育成し、性差別のない職場、女性がリーダーシップを発揮できる環境作りを目指します。また、作成する教材やマニュアルを、今後ECOTA内の他の団体、ひいては広くバングラデシュの衣料品・手工芸品産業全体で活用するよう働きかけていきます。フェアトレード団体に属さない、衣料品工場などで劣悪な労働環境に置かれている女性たちを弱い立場から救い出す力になっていくことも期待されます。

このプログラムに最初に参加する5団体のうち、4団体はピープルツリーの生産者パートナーです。
●アーティザン・ハット
●クムディニ・ハンディクラフト
●プロクリティ
●ジュートワークス
●タランゴ

【アーティザン・ハット】
機械化により仕事を失ったはた織り職人たちを支援するために設立された組織で、伝統的なはた織りで、美しい手織りの商品を生み出しています。

クラウドファンディングで応援するバングラデシュのアーティザン・ハットの情報はこちら >
アーティザン・ハットから届いたアイテムはこちら >

【クムディニ・ハンディクラフト】
貧しい人々のための病院と看護学校を運営するクムディニ福祉財団の生産プロジェクトとして発足し、手工芸品や衣料品をつくっています。

クラウドファンディングで応援するバングラデシュのクムディニ・ハンディクラフトの情報はこちら >
クムディニ・ハンディクラフトから届いたアイテムはこちら >

【プロクリティ】
ジュート(黄麻)をはじめとするバングラデシュ産の天然繊維や手漉き紙を活かした、環境にやさしいハンドメイド製品を生産する8つの生産者団体を支援するマーケティング組織。

クラウドファンディングで応援するバングラデシュのプロクリティの情報はこちら>
プロクリティから届いたアイテムはこちら>

【ジュート・ワークス】
ジュートや草、籐、竹、粘土などの自然資源を使用した製品づくりによって生産者に仕事の機会を提供する組織。

クラウドファンディングで応援するバングラデシュのジュート・ワークスの情報はこちら>
ジュート・ワークスから届いたアイテムはこちら>

このプロジェクトの企画にあたり、イギリスの「ピープルツリー・ファンデーション」と、人道・開発NGO「クリスチャン・エイド」がプランニングを一緒に行い資金の3分の2を提供することになりました。グローバル・ヴィレッジ/ピープルツリーもこのプロジェクトを応援し、残りの費用をまかなえるよう、クラウドファンディングで120万円の資金を集めることにしました。国際女性デーの3月8日より、クラウドファンディングサイト「READYFOR(レディーフォー)」でスタートしています。
今年の国際女性デーのテーマは、「リーダーシップを発揮する女性たち:コロナ禍の世界で平等な未来を実現する」です。バングラデシュの女性たちを応援するため、フェアトレードを支える女性の活躍の場を広げるために、ぜひご協力をお願いします。
READYFORのプロジェクトページはこちら >

ピープルツリーの春の新作はこちら >


金曜日

18

12月 2020

新しい年に、オーガニックコットンをえらぶ

Written by , Posted in ニュース

こんにちは。マーケティングのヤマザキです。
ドキドキするようなこと、驚くことのたくさんあった2020年も残すところあとわずか。
自分にとって大切なことは何なのか、改めて考えさせられる年になった方も多いのではないでしょうか?

そんな今年を無事に終えて迎える新しい年には、日常的に肌に触れる品々を、人にも地球にもやさしくて、自分に心地いいオーガニックコットンのアイテムで新調してみてはいかがでしょうか?

毎日、目にして使うもの、タオルや下着、パジャマなどを、大切におもうことを基準に丁寧にえらぶこと。ご自分らしい暮らしに向けて、ぜひおすすめさせてください。

オーガニック、そしてフェアトレード100%のコットン

ピープルツリーの下着やホームリネンシリーズのほとんどはオーガニックコットン100%。

オーガニックコットンをえらぶことは、通常のコットン栽培で使用されている生態系に影響をきたす農薬の使用を防ぎ、コットン栽培に必要な水の量(従来農法ではTシャツ1枚分で2,000リットル以上!)を減らし、原料や農薬散布に要する石油の量を削減することでCO2排出量も抑える、地球環境への負荷を減らすサスティナブルな選択です。

そしてピープルツリーのブランドロゴがついている商品は、100%フェアトレード製品。

生産者の方々が、家族と共に、故郷の村で、人間関係を大切に、健康的に暮らし、子供たちが学校に通える生活を支えています。
日々身近で使うものだからこそ、人にも地球にもやさしいエシカルなものをえらぶことで、自分自身もよろこびを感じられる毎日を手に入れませんか?

心地良い眠りを約束してくれる ベッドリネン&パジャマ

ピープルツリーのベッドリネンやパジャマは、生地感が素肌に心地いいオーガニックコットン。生成りとグレージュの落ち着いた配色です。

ベッドリネンは、ワンポイントでピープルツリーのロゴを刺繍した掛け布団カバーとフラットシーツ、そして、ボックスシーツとピローカバーを、コーディネートしてご使用いただけます。掛け布団カバーについているアクセントのココナッツボタンも、かわいいだけでなく、環境負荷の少ないもの。地球にやさしい素材に一層愛着がわきます。

オーガニックコットンのベッドリネンはこちら >

ベッドリネンと同じ、なめらかでしっとりとした、肌ざわりのいいカットソー素材のパジャマは、ユニセックス仕様なので、おそろいを楽しめます。
ベッドリネンと合わせて、丸ごとオーガニックコットンに包まれて眠る贅沢をぜひ味わってください。

オーガニックコットンのパジャマはこちら >

心地よさが人気のアンダーウェア

リピーターのお客さまも多い、ピープルツリーの人気商品、アンダーウェアのシリーズ。

オーガニックコットンのやさしい肌触りと、天竺編みの程よいフィット感、そしてシンプルなデザインが身上です。

ブラジャーはワイヤレスなので、締めつけ感が少なく、パンツはショーツタイプの他に、ゆったりとしたボクサータイプもご用意しています。リラックスしたい日や、お腹まわりの冷え防止にもおすすめです。

オーガニックコットンの下着はこちら >

手織りでつくられたオーガニックコットンタオル

ピープルツリーのタオルは手織りで丁寧につくられています。

そのため、機械織りのタオルに必要な糸切れを防ぐための糊づけはしません。
織りあがった後も、洗い加工はせずお届けしています。

おろしたては、馴染むのに少し時間がかかりますが、洗うたびに綿本来の油分がとれて吸水性が増し、ふんわりと肌なじみの良いタオルに仕上がります。

使うほどに しっとりふわり、愛着の増すタオルです。

オーガニックコットンタオルはこちら >

新年という節目に、いつも手に触れるものを丁寧にえらぶことで、自分らしさを大切に生きる毎日の暮らしのよろこびを感じていただきたい。それが私たち、ピープルツリーの願いです。

オーガニックコットンのホームアイテムはこちら >


金曜日

20

11月 2020

いいことがいっぱい!ピープルツリーのチョコレート
カカオポイントで届くふたつのHAPPY

Written by , Posted in ニュース

いよいよ本格的な冬の気配を感じる今日この頃。そろそろローゲージのセーターやウールのストール、厚手のコートが活躍する季節になってきました。
そして、なんといってもピープルツリーの冬はチョコレート!口の中で滑らかにほどける心地よい甘さとカカオの香りは格別な味わいです。
届いたばかりのフレッシュな味を楽しんでいるチョコフリークのみなさん。ちょっと待って!包み紙を捨ててはいけません。
その裏側にはふたつのHAPPYが隠れていますから。

カカオポイントって?
「Chocolate Unites the World —おいしいチョコが笑顔をつなぐ—」

ボリビア、ペルー、ドミニカのカカオ農家たち、フィリピン、パラグアイのサトウキビ農家、フルーツやナッツ、スパイスを育てる人びと。ピープルツリーのチョコレートは世界中の生産者が大切に育てた作物を集め、スイスの熟練した職人の手で作られています。

私たちがチョコレートに込めた思いは…
「Chocolate Unites the World —おいしいチョコが笑顔をつなぐ—」

温暖化でカカオ樹の病害に苦しむ農家の話を知り、そのサポートのために生まれたのがカカオポイントのアイディア。つくる人と食べる人を笑顔でつなぐプロジェクトは2013年にスタートしました。

包み紙についているポイントを切り取って、応募用紙に貼って、ポストに投函!必要なことはこの3つだけ。遠くコスタリカに暮らす生産者たちに思いを馳せ、ぜひ1人でも多くのみなさまにカカオ農家の応援にご参加いただけることを願っています!

応募方法はこちら
応募用紙のダウンロードはこちら
※ピープルツリーの直営店でも応募用紙をお渡ししています。

【HAPPYその1】10ポイントで農家に苗木を1本贈ろう!

シーズン終了時にみなさまからお送りいただいたすべてのカカオポイントを集計して、10ポイントにつき1USドル(=苗木1本分)の支援を行います。

2013年から2018年の5年間で寄贈した苗木は8,000本を超えました。
昨年は847件 32,706ポイントのご応募をいただき、コスタリカの小さな農家の共同体「アッピタ(APPTA)」の有機農業開発支援プロジェクトに3,271USドル(約34万円)を送金することができました。支援金は苗木の寄贈だけでなく、有機農業の発展のための技術開発に役立てられています。
多くのみなさまのご参加のおかげです。心より感謝申し上げます。

【HAPPYその2】もっと集めてオリジナルグッズをもらおう!

カカオポイントをたくさん集めてくださったお礼として、30ポイントでランチバッグ、50ポイントでトートバッグをご希望の方にお送りいたします。
もちろん素材はオーガニックコットン!カカオポイントでしか手に入らない限定バッグです。


オーガニックコットン ランチバッグ
生成りのコットン地にチョコの包み紙で人気のカカオのイラストをプリント。
お財布や携帯など入れるのにピッタリサイズ。ちょっとしたお出かけに大活躍!
タテ16×ヨコ30cm、マチ12cm、持ち手30cm


オーガニックコットン トートバッグ
A3サイズもすっぽり入る大きめトートバッグ。
厚手の生地なので重たいものも安心して入れられます。エコバッグにおすすめ!
タテ40×ヨコ46cm、持ち手58cm(マチなし)

有機農法を進化させるカカオ農家「アッピタ(APPTA)」の挑戦


現在、私たちがカカオポイントで応援しているのは、中米コスタリカのカカオ農家の「アッピタ(APPTA)」。

1987年に設立されたこのグループは932軒の農家で構成され、その約8割が先住民Buriburi族とCabear族の人びとです。自然な植生を活かしながら、原生林の中でカカオをはじめ多様な果実を有機栽培し生活しています。有機栽培にこだわる原点にあるのは、豊かな生態系を守り、自らの健康と幸せを大切にするという思想であり、サステナブルな農業を目指しています。

農薬や化学合成物を一切使わずに病害虫から作物を守り、少しでも多くの収穫(=暮らしを支える収入)をもたらせるよう、さまざまな技術を学び研究し、小さな工夫と発明を続けています。

近年、中南米全体で多くのカカオ農家を苦しめているモニリアなどの病虫害は、アッピタの農家にも影響を及ぼしていますが、メンバーたちは負けていません! 専門家のアドバイスを受けながら、たくさんの試みを経て、今では手ごたえを感じています。作物に力を与える有機肥料づくりでは、配合を微妙に変えたり、害虫を巧みにとらえる手づくりトラップ(捕虫器)に細かな工夫を重ねたり、接ぎ木の技術を磨いて病害に耐性を持つ品種と掛け合わせたり、などなど、新型コロナによる移動制限のため専門家の訪問指導を受けられなくなってからも、メンバー農家で助け合いながら、着々と成果を上げています。

病害で傷ついた樹を切り倒すのは、きっと切ない

有機農業の専門家から学ぶ技術研修

有機液肥を各農家に分けているところ

堆肥を混ぜて土壌の改良を学ぶ

育苗施設から各農家へ新しい苗を運び、苗床をつくる

近隣の農家が集まって技術研修
カメラを向けると下を向いてしまう、シャイな人も^^

いまはまだピープルツリーのチョコの原材料には含まれていませんが、サステナブルな農業で収量や品質が安定させ、カカオが原料として採り入れられることを目指しています。

「アッピタ」2018年~2019年春の活動の様子

世界的な動き「サステナブルなカカオ調達」

近年では、産地やカカオ豆の個性にこだわりBean to Bar を手掛けるショコラティエだけでなく、大手菓子メーカーのチョコレート製品にも、指定産地と協働し、サステナブルなチョコレートを目指す動きが見られることをとてもうれしく思います。

カカオ調達の透明性や産地の環境保全を謳うことは企業としての価値(社会貢献/課題への取り組み)を高めることにもつながり、この動きがさらに広がり、すべてのチョコレートのカカオや砂糖、その他の原料素材をつくる人々の暮らしが保証される日が来ることを、期待しています。

世界中の誰もが、新型コロナウイルスのパンデミックという経験をともにした2020年、いつにも増して、このチョコレートが私たちの手に届くことの意味を深く感じました。

幸いにも自然ゆたかな農村地方に暮らす農家の人びとには感染拡大による大きな影響はなく、今年も無事、美味しくて質の高いチョコレートをお届けすることができて、本当にうれしく思っています。
その陰には産地から港へ、そして加工場へと、世界中でものを移動させてくれるエッセンシャルワーカーの努力があることに感謝の気持ちも忘れてはいけないですね。

ピープルツリーのチョコレートのシーズンはまだ始まったばかり。
来年の春までたっぷりとお楽しみください!
たくさんの笑顔がみなさまに届きますように。

チョコ特設サイトはこちら

--------------------------------------
●参考情報
World Cacao Foundationは、サステナブルなカカオ調達を奨励し、活動する団体です。
コロナ禍でさらに悪化が懸念される「カカオと児童労働」の問題をわかりやすく説明する動画があります。ぜひご覧ください。

動画「The Challenge of Child Labour and Chocolate」
World Cocoa Foundation サイト(英文)


金曜日

16

10月 2020

ボリビア、ペルー、ドミニカの生産者からスイス、そしてみなさんへ
まもなく始まるチョコの季節。今年は2つのフレーバーが仲間入りします。

Written by , Posted in ニュース

こんにちは。フードのユキです。
すっかり秋ですね。
オープンエアーで温かいコーヒーやお茶をゆっくり楽しみたい、気持ちの良い季節。
そんなときのお供に・・・そう、いよいよチョコシーズンがやってきました。

ピープルツリーのフェアトレードチョコたちは、スイスからの旅を終えて既に日本に到着、さまざまな準備をしながら、ちょうど良い気温になるのを待っています。
今シーズン登場する2作の新作は、どちらも個性的なのに王道のおいしさの自信作!
早速ご紹介しますね。

甘酸っぱいつぶつぶ果肉がたっぷり「ラズベリー」


ラズベリーは木苺の一種、バラ科の植物です。フランス語では「フランボワーズ」。ケーキやリキュールでおなじみの名前ですね。
かわいい見た目、鮮やかな赤、華やかな香り、クセになる甘酸っぱさで、欧米を中心に愛されてきました。
新作「ラズベリー」は、チョコともとても相性が良いラズベリーを、黒糖を使ったコクのあるミルクチョコにたっぷり。甘酸っぱさととろりとろける甘いチョコ。たっぶり入ったつぶつぶ果肉の食感と、華やかなラズベリーの香りもクセになります。
添加物なし香料なし、EUオーガニック認証を受けたラズベリーチョコです。

新フレーバー、ラズベリーの詳細はこちら

ヘーゼルナッツミルクを使ったヴィーガンチョコ「オーガニック ホワイト・ヘーゼルミルク」


ヘーゼルナッツミルクとは、ヘーゼルナッツを絞ってつくるミルク。栄養たっぷりの植物ミルクです。
植物ミルクは、豆乳や、お米から作るライスミルク、ここ数年人気のアーモンドミルクなどがあります。
これら植物ミルク=plant milkを、欧米では牛乳の「milk」と区別して「mylk」とか「m*lk」と表記するそうです。
「m*lk」の「*」は、いろんなものが当てはまるという意味だそう。

ヘーゼルナッツミルクは、日本ではまだあまり流通していませんが、栄養価の高さはもちろん、ナッツらしい深いコクがありながら、植物性ならではのさっぱり感もあるおいしい飲み物です。
新作「オーガニック ホワイト・ヘーゼルミルク」は、通常、牛乳をたっぷり使うホワイトチョコを、ヘーゼルナッツミルクだけをたっぷり使って作りました。味わいを引き立てるための隠し味に、それと気づかないほど微量の塩と、マダガスカル産の有機バニラビーンズを使ったバニラ香料を使用。原材料はすべて有機栽培された植物から。
ナッツ・ミルクならではの濃厚な満足感と香ばしさ、植物性のさっぱりした後味で、リピートしたくなる、ホワイトチョコの新定番です。

新フレーバー、オーガニック ホワイト・ヘーゼルミルクの詳細はこちら

気温の変化に敏感な、とろける贅沢なチョコ


毎シーズンこの時期になると「チョコの販売はまだですか?」というお問い合わせをたくさんいただきます。
私たちも少しでも早く皆さまへお届けしたいのですが、ピープルツリーのチョコは寒い時期限定。
使われている油脂成分が温度にデリケートなココアバター100%なので、気温が高いと溶けてしまうのです。

そんな繊細なピープルツリーのフェアトレードチョコ、今シーズンの発売開始が決まりました!

◎直営店(自由が丘店・立川高島屋S.C.店)
2020年10月22日(木)※国内で最初の発売開始です!

◎オンラインショップ
2020年10月23日(金)

おいしいチョコが笑顔をつなぐ。
今年もたくさんの笑顔が皆さまに届きますように。

チョコ特設サイトはこちら


火曜日

1

9月 2020

Go Organic!! オーガニックセプテンバーはじめました

Written by , Posted in ニュース

9月になりました。ピープルツリーが毎年行っているキャンペーン「オーガニックセプテンバー」のはじまりです!
オーガニックを知る。オーガニックを取り入れる。オーガニックを広める。
そんなきっかけになる1ヵ月になればいいなと思い、さまざまなキャンペーンをご用意しています。
今日はその第1弾のお知らせです。

What Is Organic September? 「オーガニックセプテンバー」とは?


オーガニック製品とオーガニック農業のすばらしさをより多くの人に伝えるための「オーガニックセプテンバー」。2012年にオーガニック先進国のイギリスで最大の認証機関であるSoil Association(ソイルアソシエーション)が呼びかけて始まったこのキャンペーン、今ではオーガニック関連のイベントでヨーロッパ最大級のムーブメントになりました。

環境汚染が引き起こす気候変動や野生動物の減少、水の問題など、さまざまな危機を実感し、地球規模での変化が求められているいま、この1か月が世界中の人たちの新しい発見や小さな変化のきっかけになって、毎日の暮らしにオーガニックが増えていったら、もっと社会は変わっていきます。

Why Organic? オーガニックが必要な理由。

「オーガニック」はカラダと地球にいいとよく言われますが、具体的にはどういうことなのでしょうか?
ソイルアソシエーションは5つのメリットを掲げています。

減少している野生生物の保護につながる
通常の農場と比べてオーガニックの農場では、植物類、昆虫類、鳥類の数が50%以上も多く、その種類も30%以上多いといわれています。

気候変動を食い止める手助けになる
すべての農業が有機農業になったら、土壌汚染の問題が解決するだけでなく、大量に生産される農薬や化学肥料によって排出されるCO2も大幅に削減されます。

動物保護に関する高い基準が守られる
オーガニックな動物は放し飼いです。つまり健康的で幸せな動物であり、集約的家畜農業では当たり前となっている抗生物質を日常的に使用することはありません。

身のまわりにある化学物質を減らすことができる
オーガニックでない農業では320種類以上の農薬を日常的に使用しているといわれており、残留農薬の懸念もあります。

本来の生産方法でつくられた信頼できる製品が手に入る
オーガニック認証マークのついた製品は原料の生産方法だけでなく、製造方法や最終製品についても厳しくチェックされています。

オーガニックであることは、それを食べたり身に付けたりする側の健康だけでなく、つくる人やそこに棲む生き物にとっても大きな恩恵があります。
オーガニックを選ぶことは、持続可能な、豊かな未来のために投票すること。ぜひ、気軽にできる小さなことからスタートしてみてください。

SNSでオーガニックを広めよう!

オーガニックセプテンバーのキャンペーン第1弾としてinstagramとTwitterでプレゼントキャンペーンをスタートします!
ぜひオーガニックの魅力をたくさんの人にシェアしてください。

【Instagram】フォロー&いいねでオーガニックセットを抽選で20名にプレゼント!

9/1(火)~9/15(火)までの期間にピープルツリーの公式instagram(Peopletreeejp)をフォロー、そしてオーガニックセプテンバーに関する投稿に「いいね」してくださった方の中から抽選で20名さまにキャンバス地でとても丈夫なオーガニックコットンバッグとオーガニックコーヒー&ティーの豪華セットをプレゼント!

--------------------------------------------
<キャンペーン概要>
期間:2020/9/1(火)~2020/09/15(火)

参加方法:ピープルツリーのinstagramにフォロー&いいねをするだけ!
①ピープルツリーの公式instagram(Peopletreeejp)をフォロー
②期間中にピープルツリー公式アカウントで投稿される【オーガニックセプテンバー2020】の投稿のいずれかに“いいね!”
ピープルツリー公式instagramはこちら>

プレゼント内容:抽選で20名さまにおすすめオーガニックアイテムをプレゼント
・オーガニックコットンキャンバススクエアトートバッグ×1
・フェアトレードコーヒー・レギュラー・粉・有機ペルー×1
・有機ダージリンティー・ティーバッグ×1

当選発表&発送方法:当選された方には9月下旬頃instagramのダイレクトメッセージでご連絡します。その際にご住所をお伺いします。

※ダイレクトメッセージが不通の場合や連絡後3営業日以内にご回答をいただけない場合は、当選無効とさせていただきます。
※プレゼントの発送は国内のみとさせていただきます。
※当選者さまからいただきました個人情報は、本キャンペーンの当選のご案内、賞品発送のみに使用致します。
--------------------------------------------

【Twitter】直営店のTwitterフォロー&リツイートで10%OFFのクーポンプレゼント!

9/1(火)~9/30(水)までの期間にピープルツリー自由が丘店、立川店のTwitterをフォロー&リツイートで、その2店舗で使える、オーガニックコットンアイテムが10%OFFになるクーポンをプレゼントします。

--------------------------------------------
<キャンペーン概要>
期間:2020/9/1(火)~2020/09/30(水)

参加方法:ピープルツリー自由が丘店のTwitterまたは立川高島屋S.C.店のtwitterをフォロー&リツイートするだけ!
①自由が丘店のTwitter(@PT_Jiyugaoka)または立川高島屋S.C.店のtwitter(@PT_Tachikawa)をフォロー
②期間中に投稿される【オーガニックセプテンバー2020】の投稿をリツイート

自由が丘店公式Twitterはこちら>
立川高島屋S.C.店公式Twitterはこちら>

プレゼント内容:参加された方全員にピープルツリー自由が丘店、立川高島屋S.C.店で使える、オーガニックコットンアイテムが10%OFFになるクーポンプレゼント
フォロー&リツイート後、2~3日中にTwitterのメッセージにクーポンコードをお送りします。

※ 直営店(自由が丘店・立川高島屋S.C.店)のみのご利用となります。

--------------------------------------------

1人でも多くの方にオーガニッセプテンバーのこと、オーガニックが地球にもたらす良い変化を知ってもらえるように、たくさんのフォロー&いいねをお願いいたします。

テーマは「オーガニックセプテンバー」!フェアトレードの学校9/13(日)オンライン開催!


「フェアトレードってそもそも、何?」という基礎知識に加えて、毎日の生活の中のフェアトレードを衣・食・住(雑貨)に絡めて、その活動内容や背景にある社会問題などについて学べる「フェアトレードの学校」。
この毎月人気のオンラインセミナーでも、9月はオーガニックについて取り上げます。

ピープルツリーのコットン製品のうち、80%以上がオーガニックコットンを使用しています。何故、オーガニックにこだわるのか? オーガニックでフェアトレードのコットンを商品化して、継続的に取り扱っていくためのサプライチェーンを作ってきた道のりなどについて、代表のジェームズからお話します。

ゲストスピーカーの田柳さんは、世界の子どもを児童労働から守る活動をしているNGO「ACE エース」のインドプロジェクトのマネージャー。インドのコットン畑では、48万人もの子どもが働き、その7~8割が女の子であると言われています。そんなコットン生産地域で、危険な労働にさらされている子どもたちを守り、教育を支援する「ピース・インド プロジェクト」を推進しています。これまでの活動についてや、コロナ禍において子供たちがどんな影響を受け、今どのような状況にあるのかについて、お話しいただきます。

また、ドライフルーツやハーブティーなど、気軽に取り入れられて毎日を楽しくしてくれるオーガニックフードについてもお話しする予定です。

「オーガニックなもの」を選ぶお買いものをすることは、持続可能な、豊かな未来のために投票することと同じです。身近にできるアクションを見つけるヒントを、フェアトレードの学校で一緒に探してみませんか?

日時:9/13(日)10:00-11:30
料金:1,000円

お申込はこちら

アクションのきっかけになるような1ヵ月を

「何かしなきゃいけない!」と肩に力をいれると、続かないことが多かったりします。
コーヒーをオーガニックに変えてみる。ものを買うときにラベルを見てみる。
そんな小さなことでもそれは変化の始まりです。ぜひ自分にフィットする無理のないアクションをして、心地いい変化を楽しんでみてください。
地球にとっていいことのだらけの「オーガニック」。身近に感じる、何かしてみようと思えるような1ヵ月をピープルツリーがお届けします。お楽しみに!

オーガニックコットンアイテムはこちら
ピープルツリーのオーガニックコットンについてはこちら


水曜日

8

7月 2020

生産者パートナーからのメッセージ
ご支援ありがとうございました!

Written by , Posted in ニュース, 生産者のこと

5月のフェアトレード月間に実施した「生産者パートナーを支えるためのクラウドファンディング」について、支援プロジェクトの詳細が決まりましたのでご報告いたします。

今回対象とした21のパートナー生産者は、ピープルツリーを唯一の取引先とする小さなグループもあれば、福祉や教育のプロジェクトも行うNGOや大きな生産工場を持つ企業など、事業規模や活動内容は多岐にわたります。どのグループもスタッフや職人への休業手当や食料の配給などの活動に多額の費用を必要としており、それぞれにいくらずつ支援金を配分するかはとても難しい判断でした。

地域での支援活動の規模や、他団体から支援を受けることができているかなど、それぞれの生産者グループの状況を確認し、最終的に原則として一律1000ドルを基準とし、特に配慮が必要なグループに500~1000ドルの支援金を追加するということに。6月中旬から送金を進めています。
詳しい報告についてはこちらをご覧ください

ご支援いただいたみなさまやフェアトレードを応援してくださるお客さまに生産者グループからもたくさんのメッセージが届きました。
支援金にだけでなく生産者パートナーに寄り添う気持ちへの感謝や、これからも活動を続けていく後押しとなり励まされたなど、たくさんの声が寄せられましたので、ぜひいくつかご紹介させてください。

サナ・ハスタカラ/ ネパール

✉‥∵‥∴‥∵‥
80日以上事業を休止していましたが、スタッフと生産者の25%が、マスクの着用や消毒、ソーシャルディスタンスなどの対策を取りながら業務を再開しました。スタッフや生産者の感染に備えた保険も取り入れました。
この困難な時期に、$1,000の支援はほんとうに助かります。

代表 チャンドラ・カッチパティ

サナ・ハスタカラの詳細はこちら>

タナパラ・スワローズ/ バングラデシュ


✉‥∵‥∴‥∵‥
今回の支援金の使い道として、私たちは工房で働く生産者に作業服を提供することにしました。
自分たちの工房で縫製し、115人の生産者にひとり2着ずつ提供します。
ありがとうございます。

代表 ライハン・アリ

タナパラ・スワローズの詳細はこちら>

デュー・クラフト/ バングラデシュ

✉‥∵‥∴‥∵‥
ピープルツリーは、もっとも長期間、密な関係を築いている信頼のおけるパートナーのひとつであり、常に私たちに思いを寄せ、認めてくれます。
商品を購入いただいたりクラウドファンディングに協力してくださったピープルツリーのお客さまに感謝しています。私たちの職人グループが持続可能な暮らしを送れるよう、力をつける手助けとなります。

代表 シャー・アブダス・サラー

デュー・クラフトの詳細はこちら>

サフィー/ フィリピン

✉‥∵‥∴‥∵‥
5月15日、31日と政府はロックダウンを段階的に緩和し、事業者は通常の稼働を認められました。しかし、感染者の増加し続ける状況は変わっていません。みな第二波を警戒していますが、政府は経済を優先させているようです。
サフィーでは、徒歩で通勤できるスタッフにのみ出勤を許可し、残りはテレワークで仕事を続けています。まもなく製品を出荷できると希望を持っています。支払いを受けられることが何よりも必要です。できるだけ早く準備できるよう、ベストを尽くします。
仕事を再開するにあたっては、ソーシャルディスタンスを守ることやマスクの着用、体温測定といったガイドラインを設けて守るようにしていますので、心配いりません。

代表 ロウィナ・アリンドガン・アントニオ

サフィーの詳細はこちら>

サシャ/ インド

地域の人たちに配るマスクをつくっているところ

✉‥∵‥∴‥∵‥
パートナーからこのような支援を得られることは、財政的な意味にとどまらず信義的にも、私たちのチームのモチベーションを高めこの困難に立ち向かうためにベストを尽くそうという決意を後押ししてくれます。

CEO ルーパ・メタ

✉‥∵‥∴‥∵‥
クラウドファンディングを行って私たちに支援金を送ってくださるということに、心から感謝いたします。
コロナウイルスの感染拡大と、さらにサイクロンの被害で苦境にある生産者にとって、とてもタイムリーな支援となります。
支援金の使い道については、情報をアップデートして報告いたします。

ディレクター スジャータ・ゴスワニ

サシャの詳細はこちら>

タラ・プロジェクト/ インド

✉‥∵‥∴‥∵‥
ピープルツリーとグローバル・ヴィレッジが、生産者パートナーを支援するために寄付プロジェクトを始めてくださり感謝しています。クラウドファンディングに多くのお客さまや支援者が協力してくださったと聞き嬉しく思います。
タラ・プロジェクトに$1,500の寄付金を送ってくださるという決定に、深く感謝いたします。このご寄付は私たちにとってとても大きな意味を持ちます。大変な状況にある生産者やその家族を支えることができるでしょう。これからタラ・プロジェクトが実施するさまざまな活動について、定期的に報告いたします。

ご存じの通りインドでは、状況は以前よりも厳しくなっています。ロックダウンが緩和され、人びとは生きていくために仕事に戻るしか選択の余地はありません。しかし同時に、貧しい人びとの多くが仕事を失ったままです。デリー(タラ・プロジェクトの活動拠点)やその他の大都市では日ごとに感染が広がっています。残念ながらコロナウイルスは今やデリーのような大都市で街中あちこちに広がっています。私たちがいる地域は感染拡大地域とされており、これまでに45万6千人の感染者と1万4千人の死者が出ています。検査件数は増えていますが人口が膨大なためとても十分と言えません。マスクの着用やソーシャルディスタンスを保つというルールを守らない人も多くいます。さらに、雨期に入って気温と湿度が上がり、マスクを着用するのも難しくなってきています。

タラ・プロジェクトの教育プロジェクトと生産者グループ2団体が活動しているバダルプールで、悲しいことに二人の犠牲者が出ました。一人は以前コミュニティーワーカーとして働いていたマンジュ、もう一人は教育プロジェクトで支援を受けていた少女ナンディニです。マンジュは心臓と甲状腺の疾患を持っていました。呼吸困難に陥って病院に運ばれ(そのために大変な苦労がありました)、多くの困難を経てようやく酸素吸入を受けられましたが、助かりませんでした。ほとんどの病院はコロナウイルスの感染患者であふれかえり、必要な治療を必要な時に受けられなくなっているのです。

酸素供給機器の不足と病院の定員オーバーの状況を見て、タラ・プロジェクトでは緊急時に酸素吸入ができるようバダルプールのヘルスセンターに医療機器を配備することにし、酸素濃度計、酸素ボンベ、酸素集結装置の3種類を手配しました。これで緊急時の患者の手当や、喘息などの呼吸器系の疾患を持つ人の助けになればと思います。

代表 ムーン・シャルマ

ヘルスセンターに納品された酸素キット


配給されたフードパック

タラ・プロジェクトの詳細はこちら>

パートナー生産者のこれから

5月下旬にはインド東部とバングラデシュを過去10年で最大級というサイクロンが襲い、暴風や強雨による土砂崩れなどで住宅や農作物に大きな被害をもたらしました。インドの西ベンガル州で80人以上、バングラデシュで20人以上が亡くなり、家や作物、土地に被害を受けた人は1300万人にものぼりました。
幸いにもパートナー団体の中で人的被害はありませんでしたが、西ベンガル州に職人グループがいるサシャから、10の職人グループで作業所や事務所の建物に被害があったとの報告を受けました。

日本でも大きな水害が続いていますが、インドやバングラデシュも雨季の真っただ中。いつまた大きなサイクロンが起きるかわかりません。

コロナウイルスの感染はますます広がり続けていますが、再びロックダウンで経済活動がストップすることはさらに大きな問題を引き起こします。
さまざまな脅威があるなかで、フェアトレードの生産者たちは懸命に仕事を続けています。

2か月以上のロックダウンで予定からはだいぶ遅れてしまいましたが、やっと新商品が日本に届き始めました。いつもと違う状況でたくさんの壁がありましたが、ようやく動き出すことができます。

今月下旬より少しずつ新アイテムをご紹介しながら、8月9月には新作コレクションが続々と入荷する予定です。
これからたくさんの方に商品をお届けすることで生産者パートナーとともにこの苦難を乗り越えていこうと思います。

たくさんの支援ありがとうございました。
ピープルツリーの新作、ぜひ楽しみにお待ちくださいませ。

----------------

生産者グループの近況や商品の入荷情報など、これからもInstagram、Facebook、Twitterで発信していく予定です。
ぜひご覧ください!
Instagramアカウント: @peopletreejp

Facebookアカウント : @PeopleTreeJPN

Twitterアカウント: @PeopleTreeJP


水曜日

10

6月 2020

新しい日常はたくさんの気づきをくれました―5月のフェアトレード月間を振り返って

Written by , Posted in ニュース, 生産者のこと

6月に入り、早いものでまもなく1年の折り返し地点。
きっと世界中の誰もが、試行錯誤の半年だったのではないでしょうか。

私たちピープルツリーにとっても、まさにそうでした。

毎年5月の第2土曜日は世界フェアトレーデー。
ピープルツリーにとって、とても大事な1か月です。
いつもなら、イベントやセミナーを開催し、フェアトレードの魅力を伝え、手に取ってもらえるよう全力で走り切ります。

でも今年はそれができません。
「できない」日常の中で、新しい「できること」を模索しました。
そして「今やらなきゃいけないこと」も。

そうして出てきた答えが3つのことでした。

✔ 私たち以上に苦しんでいる生産者をサポートすること
✔ 動き出すそのとき、生産者にたくさんの仕事をお願いできるよう、お客さまの声を聞くこと
✔ オンラインで多くの人にフェアトレードを伝えること

今日はそんな私たちの5月の挑戦をみなさんにシェアさせてください。

お寄せいただいた支援額は3,076,800円!
生産者パートナーを支えるためのクラウドファンディング

真っ先に考えたのは生産者のことでした。
日々連絡を取り合う中で、どんどん増える感染者と厳しくなっていく規制。
それは日本にいる私たちとは比べものにならないほど苦しい環境でした。

フェアトレードで手にした自立した暮らしに終止符を打ってはいけない。
再び仕事ができる日まで、どうにかして彼らの思いを支えたい。
そのための支援をできるだけたくさんの人に届けたい。
こうして私たちは、「今やらなきゃいけないこと」クラウドファンディングに挑戦することを決めました。

5月1日からグローバル・ヴィレッジとの連携でプロジェクトをスタート。数日のうちにたくさんのご支援をいただきました。
1週間後にはレディーフォーに切り替えてより多くの応援を呼びかけ、支援総額は2,147,000円に。目標の120万円を大きく上回ってプロジェクトは成立!6月5日23時に無事終了しました。

その額は合わせて3,076,800円、これまでピープルツリーが行った支援プロジェクトで最も大きな金額です。

これからそれぞれの活動報告や要望をもとに各団体への送金額を決定し、6月中に送金を実施いたします。詳しいご報告は7月上旬を予定しておりますので今しばらくお待ちください。

現地の状況はなかなか改善の兆しが見えず、サプライチェーンが正常化し、フルキャパシティで生産が再開できる見込みは全く立っていないというのが現状ですが、生産者パートナーからは力を合わせてがんばっている活動の報告や、応援してくださったみなさまへお礼のメッセージがたくさん届いています。

支援をお寄せいただいたみなさま、周囲の方に協力を呼び掛けていただいたみなさま、SNSなどを通じて情報の拡散にご協力をいただいたみなさま、本当にありがとうございました!

このクラウドファンディングを通じて、応援してくださるみなさまとパートナー生産者の思いに触れることができました。
フェアトレードの活動を絶やしてはいけない、生産者パートナーたちと共に必ずこの苦境を乗り越えてさらにフェアトレードを強固なものにしていこうと決意を新たにしています。
これからもどうぞ応援をお願いいたします。

よりよいモノづくりのために!お客さまの声を集めるアンケート


日常が戻ってきたら、生産者に必要なのは寄付ではなく仕事です。
たくさんの仕事を依頼すること。これが私たちの大事な使命です。
より多くの人にフェアトレードを知ってもらい、気に入っていただけるものを企画する。
そのために、お客さまの声を集めるアンケートを実施しました。
2週間ちょっとの短い期間でしたが、4000人ほどの方の声を聞くことができました。
本当にありがとうございました!

結果の中で、特に面白かったものをご紹介します。

Q.好きな手仕事は何ですか?
ピープルツリーはさまざまな手仕事を活かした商品をつくっています。
手仕事はその地域に伝わる技術の継承につながるだけでなく、雇用を生み出し、フェアトレードを支える大事な要素です。
そしてなんとも言えないそのあたたかさ、やさしさが、私たちは大好きです。

1番人気が高かったのは…

手刺繍でした!
服の胸元や裾、小物にアクセントとして施され、華やかに彩ってくれる手刺繍。
納得の第1位です。

ただその他の手仕事も人気で、接戦でした。
手染め、草木染めのアイテムは最近あまりつくられていないのに、第3位と大健闘!
4位と5位の手編みとハンドプリントも選んだ方もたくさんいて、手仕事ファンが多いことを嬉しく思いました。

これからも手仕事の魅力が存分に引き出されるものづくりを、生産者と一緒にしていきます。

Q. ピープルツリーの過去の商品で、再度販売してほしいものはどれですか?
今までたくさんのオリジナルアイテムをつくり、お届けしてきました。
オフィスに昔のアイテムを身に着けているスタッフがいると「懐かしい!これ可愛いよね!」と盛り上がることもしばしば。
そんな過去の人気商品をいくつかピックアップし、また販売してほしいアイテムを聞いてみました。

1位を獲得したのは…

手刺繍の日傘でした!

そして、本当に僅差で2位だったのが…
リサイクルサリーのスリッパでした。

どのアイテムも「欲しい!」の声をいっぱいいただいたので、生産者と相談し、再販を検討していきたいと思います。

そしてフリーメッセージの欄には、たくさんの応援やアイディアをいただきました。

「こんなものが欲しいなど、ご意見があればお聞かせください」という質問に対して、たくさんのアイディア!

「最後にご意見、ご要望、生産者へのメッセージなど、ご自由にどうぞ!」では、たくさんのあたたかい声

みなさまからのメッセージには、新たな気づきがたくさんありました。

スタッフみんなでひとつひとつ読ませていただき、これからのものづくりや情報発信にぜひ生かしていきたいと思います。
ご協力、本当にありがとうございました。

オンラインで初開催!フェアトレードの学校

いつもは自由が丘店にお集まりいただいていた「フェアトレードの学校」。
緊急事態宣言で店舗での実施が難しくなってしまったので、新しい「できること」としてオンラインで開催することにしました。

今だからこそフェアトレードについて語り合う場を!と考え、1回目は鎌田ありささん、2回目は末吉里花さんとインドからパートナー団体の代表をゲストにご登壇いただくことに。
慣れない進行で不安はいっぱい、実際にトラブルでご迷惑をおかけしながらでしたが、どこからでも参加可能なオンラインでは2回でのべ220名以上、日本全国どころか海外からもご参加いただけました!
これだけ多くの方に関心を持っていただいたことを、とても嬉しく感じました。

日本に住む私たちも、あたりまえに過ごしていた日常生活をいろいろと制限され、普通の毎日がどれほど「ありがたい」ことなのかを実感する日々。
こんなときだからこそ、自分たちのことだけでなく世界とのつながりを考え、お買いもので応援するという発想が身近になり、これまでの経済最優先なあり方を改めた新しい生き方、働き方を考える人たちが増えていると実感しています。

ゲストスピーカーのひとり、インドのタラ・プロジェクト代表のムーンさんは「今こそフェアトレードが重要です。すべての職人が尊厳をもって生き残るために、食料とある程度の収入を得られるように努力することが私たちの使命です」とおっしゃっていました。

顔の見えるものづくりで作り手たちの暮らしや将来をサポートするフェアトレードは、これからの「ニューノーマル」な価値基準にふさわしい取り組みのひとつだと思います。

6月のフェアトレードの学校は、アンケートで最も開催希望の多かった「入門編」をお届けします。
個別のテーマがある回ではさっとしかできない説明や、基本的な情報を、わかりやすく丁寧にお伝えする予定です。ぜひご参加ください!

お申込はこちら

新しい「できること」をこれからも

戸惑いからスタートしたフェアトレード月間でしたが、振り返ってみると、新しいアイディアや取り組みがたくさん生まれた5月だったと思います。
たくさんの人に支援していただき、声を届けていただき、参加していただきました。
離れているのに、人とのつながりを感じることができた、そんな1か月でした。

私たちの試行錯誤の日々はまだ続きそうですが、乗り越えた先の明るい未来を信じて、挑戦を続けていこうと思います。

たくさんのご支援、ご協力、本当にありがとうございました。

ピープルツリー
スタッフ一同


水曜日

22

4月 2020

おうちから贈るありがとう
スタッフがおススメする母の日ギフト

Written by , Posted in ニュース

こんにちは。
自由が丘店スタッフのイシカワ&イケダです。

朝晩冷える日もありますが、空は青く、風は清々しく、心待ちにしていた季節がやってきました。
あちこち出かけたい場所を思いながら、今はおうちの時間を出来るだけ楽しく快適に過ごしたいですね。

さて、来月5月10日は、母の日 です。
今年は何を贈ろう?

お母さまもおうちで過ごす時間がぐっと増えていることと思います。
だからこそ、いつもの日常を心地よくするピープルツリーならではのギフトをご提案します。

「心地よい朝」を贈ろう

春らしい色のストールや、おんなゴコロをくすぐるキュートなプリントの小物など、
いつも人気アイテムに加えて、いまだからこそのおススメは…

「心地よい朝」を贈ろう

朝が素敵なら、その日はきっと楽しい1日になります。

提案その1 「すっきり目覚めるには ぐっすり眠ること」


SLOW ORGANIC オーガニックコットン男女兼用パジャマ

そんなわけで、まずおススメしたいのがパジャマです。
オーガニックコットン100%で、とにかく肌ざわりが柔らかいのです。
パジャマはちょっと… という方には、同じ肌ざわりのピローケース、シーツや掛け布団カバーをどうぞ。
てろんとしたしっとり生地に包まれると、とても贅沢な気持ちになります。


SLOW ORGANIC オーガニックコットン手織りワッフル フェイスタオル

ワッフル地のタオル類も使うほどに柔らかく馴染んで愛着がわきます。
洗顔後にこの使い心地は最高です。

提案その2 「起きたらすっきり、気分の上がる服」


&Organic 半袖ワンピース

「&Organic」はオーガニックコットン100%、肌ざわりも着心地もたまらなく優しいシリーズです。
リラックスデザインでふわりと揺れるワンピース。
シンプルなデザインだからこそスラブ生地の風合いを楽しめます。
おうちウエアもきれいな色で。
気分はきっとあがります。

提案その3 「さあ、とっておきの朝食を」


フェアトレードの食品

そして朝ゴハンです。
簡単にできて、楽しいオリジナルシリアルはいかがでしょう。
シンプルなシリアルにドライフルーツをプラスするだけで、見た目も味も栄養も、食欲も!
ぐーんとアップするはずです。

ドライフルーツはそれぞれのフルーツの味と栄養素がぎゅぎゅっと濃縮されたもの。
パッケージを開けるとフレッシュなフルーツと同じ香りが、より濃厚に感じられます。
そして噛めば噛むほどに、濃くて力強い、本来の味がします。

朝食をのんびり楽しんだら、オーガニックのコーヒーや紅茶を味わいながら、
今日1日家で楽しめることをあれこれ企んでもらいましょう!

そんな風に、おうちの時間が、いつもの朝が、わくわくするような時間だったら。
それがお母さんの朝だったら。

贈る側にとっても、きっと素敵な1日がはじまります。

お母さんと一緒に暮らしているみなさまも。
お母さんと離れて暮らしているみなさまも。

照れずに感謝を伝えましょう!
HAPPY MOTHER'S DAY!

他にもたくさん!母の日のおすすめギフトはこちら>

母の日キャンペーン!いまならラッピングが無料


ピープルツリーの直営店では、お母さまにもフェアトレードをという思いから、母の日のギフトにはラッピングを無料とさせていただいていました。
今年はお客さまをお店でお迎えできなくなってしまい、とても残念に思っています。
お店で取り組んでいたことをできるだけ続けよう!ということで、今回は4/22(水)から5/6(水)まで、オンラインショップでのお買いものも無料でラッピングいたします。
配送に時間がかかる場合もございますので、お早めにどうぞ。

使っているのはバングラデシュの女性たちがひとつひとつ手仕事で仕上げた心温まるハンドメイドペーパー。
これもピープルツリーのこだわりです。
ぜひこの機会に、感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈ってみませんか?

※ご自分でラッピングするラッピングセットはキャンペーン対象外となります。
※写真はイメージです。花束とタグについている赤い飾りはつきません。
※ラッピングバッグは写真とデザインが異なる場合がございます。
※なくなり次第、終了となります。


金曜日

17

4月 2020

4月24日は何の日?#Who Made My Clothes

Written by , Posted in ニュース, 生産者のこと

4月24日は何の日?#Who Made My Clothes

2013年4月24日、バングラデシュの首都ダッカ近郊で複数の縫製工場が入った複合ビル「ラナ・プラザ(LANA PLAZA)」が崩落し、死者1138人、負傷者2500人以上を出すファッション史上最悪の大惨事が起きました。

欧米企業からの需要に応えるために、工場を広げて生産力を高め、コストを下げるために安全を無視した違法な建築で幾度も増築された8階建ての建物には、たくさんのミシンと発電機の振動によっていくつもの亀裂が入っていましたが、どれだけ訴えても従業員は避難を許されず、給料を払わないと脅されて、仕事を続けるしかありませんでした。
生き埋めになったのはすし詰め状態で働いていた4000人の人びと。その多くが低賃金で雇われた女性やスラムに暮らす若者でした。

沢山の命が奪われて初めて、多くの人たちは気が付きました。このような悲劇を二度と繰り返してはいけない、ファッション産業は変わらなければならないと。
ファッションを愛する人たちは革命を起こそうと声を上げました。ファッションのために誰も死んではいけないのだと。
こうしてFashion Revolutionへの活動が世界中で始まりました。
4月24日はファッションレボリューションデーです。

あなたは今着ている服が、どこの国で、どんなふうにつくられたか知っていますか?
どんな人が、どんな思いでつくったものか考えたことはありますか?

映画『ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』



安く、早く、大量に衣服を生産するファストファッションの裏側で何が起きているのか?自身もファストファッションの衣服を買っていたという米国のアンドリュー・モーガン監督が立ち上がり、制作したのが映画『ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』です。ラナ・プラザの悲劇から2年後の2015年5月に米国で公開されました。

この数十年、服の価格が低下する一方で、人や環境が支払う代償は劇的に上昇してきました。この作品は、服を巡る知られざるストーリーに光を当て、「服に対して本当のコストを支払っているのは誰か?」という問題を提起する、ファッション業界の闇に焦点を当てたドキュメンタリー映画です。
ピープルツリーの創設者サフィアもこの制作に協力し、フェアトレードの役割について語っています。
ぜひ日本の人たちにも見てほしいと積極的に働きかけた結果、字幕版が2016年4月に公開されました。

多くの国で本格的な都市封鎖が始まった3月の下旬、サフィアから英国の新聞「The Guardiaガーディアン」が報じた1通の記事が送られてきました。そこには、アパレル製品の輸出が最大の産業であるバングラデシュで、欧米のファッションブランドのオーダーキャンセルによって100万人以上の労働者が全く保障もないままに失業したというニュースが!
その後も感染拡大によって工場閉鎖はますます進み、現在までに3500億円の取引が消え10億枚の服の仕事を失った220万人の人びとは収入のない暮らしを余儀なくされています。医療体制やセーフティネットの整っていない脆弱な社会の中で、どうやって生きていけばよいのでしょうか。
私はこの記事を読んで、もう一度『ザ・トゥルー・コスト』を観ようと思いました。

初めて観たときには気に留めなかった印象的な言葉がいくつもありました。
「戦後多くの化学兵器や爆薬製造の工場が不要になりました そして爆薬をつくっていた産業が窒素肥料を作っています」
「肥料であれ殺虫剤であれ 化学薬品の悲劇は生態系を麻痺させることです 使うほどにもっと必要になります」
「ファッションは消耗品ではないし そう考えてはいけません」
「血でできた服なんて 誰にも着てほしくない」
「必要なのは価値観の革命だ」

いま、ウイルスの蔓延で世界は大変な混乱に陥っています。いつかこの事態が収束して再び経済が動き出したら、企業は利益を取り返すために過剰な競争を繰り広げるかもしれません。
ファッション業界で戦う革命者たちは、勝利を勝ち取ることができるでしょうか。

ピープルツリーのオンラインショップにDVDが再入荷しました


来週からファッションレボリューションウィークが始まります。
ピープルツリーはたくさんの人にこの事実を知ってほしい、革命に参加して欲しいと思い、映画『ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』のDVDを再び販売します。
長いおうち時間に、私たちの暮らしに欠かせないファッションについて、考えてみる時間をつくってみませんか?

まだの方はぜひ、観た方はもう一度、ファッションが好きな方は何度でも!
いまこそ世界の「これから」に思いを巡らせてください。

映画『ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』公式サイト
予告編が見れますので気になる方はぜひ!

映画『ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』のDVDはこちら>



ファッションレボリューション公式サイト(英語)
ファッションレボリューションウィークに向けて世界中でたくさんのアクションが呼びかけられています。
コロナウイルス感染の拡大で多くのイベントがキャンセルになってしましましたが、オンラインで参加できるものが増えました。
世界で起きていることのニュースもたくさん掲載されているので、ぜひご覧ください。