The days...

ピープルツリーの日々のこと

ニュース Archive

金曜日

11

5月 2018

Message from James Minney - 世界フェアトレード・デーに向けて

Written by , Posted in ニュース

2018年の世界フェアトレード・デーに向けて、フェアトレードに胸を躍らせ、その輪を広げることに力を貸してくださったみなさまに、心より感謝申し上げます。

1960年代から徐々に、そして少なくとも1980年代以降は明らかに、私たちを取りまく経済システムは何かしらの役に立つ一方で、子どもや孫たちの未来に必要な資源までをも消費し続けています。

1991年にフェアトレードでピープルツリーがスタートしたとき、私たちは別に新しいことや特別なことをしていると思っていたわけではありません。――日々の暮らしの中でこんなものがほしい、フェアトレードで環境に優しい生活をしたいという思いだけでした。初めて日本にやってきてまだ誰も知らないけれど、同じようなことをしている人がいるに違いない、私たちもとにかくやろうと。

そして同じ思いの人たちと出会いました。

やがて、やっていることは少し違っていても、同じ志をもつ人の輪は広がっていきました。数年のときを経て、私たちはヨーロッパで行われているフェアトレード・デーを日本に紹介し、WFTO(当時はIFAT)に世界フェアトレード・デーを設定しようと呼びかけました。ピープルツリーのお客さまや卸先のみなさまだけでなく、たくさんの方々が喜びを持ってイベントやコンテスト、メディア報道を通じて関心を高める活動をサポートしてくださり、いまでは「フェアトレード」を知っていて、正しく理解している人は30%になりました。本当にありがとうございます。

長年のパートナー。バングラデシュの生産者団体「タナパラ・スワローズ」


汚染されていない農地がなくなって、河川がなくなっても、お金を食べることはできません。心が乾いてしまったとしても、お金が私たちを潤して再び人間らしくしてくれることはないでしょう。お金と貿易とビジネスは生態系の一部です。――いわば血液やリンパのように。ふだんあまり意識していませんが、それは人の身体を循環しています。知識と注意が足りなかったために、ひとたびその流れが止まってしまうとしたら、大変なことになります。

ピープルツリーを始めたとき、私たちはそう思っていなかったのですが、やはり確かに何か新しいことをしていたようです。そして今、このビジョンをさらに発展させ、フェアトレードを次のフェーズに導くトーチがたくさんの人たちによって掲げられています。さまざまな角度からのアプローチが増え、たくさんあることがとても嬉しく、ワクワクしています。なぜなら、私たちが望んでいることは、すべての貿易がすべての人にとってフェアで、人と環境に配慮されたものであることなのですから。

ジェームズ・ミニー


ジェームズ・ミニー (James Minney) ピープルツリー代表取締役/創設者
イギリス出身。幼少期をケニアで過ごし、国際問題や貧困問題の活動をパワフルに繰り広げる両親の背中を見て育つ。英国オックスフォード大学ベリオルカレッジ卒業し、ロンドンおよび東京の日系/外資系の大手金融機関に勤務。1989年に来日。金融機関の仕事の傍ら、サフィア・ミニーと共に1991年に環境・貧困問題に取り組むNGO「グローバル・ヴィレッジ」を立ち上げ、1993年にフェアトレード商品を共同開発、カタログによる販売を開始。1995年に、フェアトレードブランド「ピープルツリー」を展開するフェアトレードカンパニー株式会社、2001年ロンドンに「ピープルツリーリミテッド-People Tree Ltd(PTLtd)」を設立。2007年にピープルツリーの活動に専念するため、金融機関を退職し、FTCo及びPTLtdの取締役に就任。2015年12月にFTCoの代表取締役に就任し、現在に至る。

生産者から届いた今シーズンのフェアトレードアイテムはこちら>


木曜日

12

4月 2018

世界にひとつ。サシャのハンドペイント

Written by , Posted in ニュース

ピンクの花や葉っぱのグリーン、空のライトブルー。
まるで、裾から草花がエネルギッシュに伸びてくるよう。

すべての生命が躍動する初夏を色鮮やかに描いた、
2018夏の新作「ハンドプリントシリーズ」のご紹介です。

リズミカルに描かれた草花は今シーズンのコレクションテーマである、”Respect for the Earth and Artisan” をまさに表しています。
ピープルツリーのデザインチームのスタッフがスケッチした絵をもとに、生産者の熟練した技術によって、花や葉の自然を春らしくやわらかい色合いを使って、独自の手法で新たに表現しました。
手描きなので少しずつ違いがあり、ひとつとして同じものがない貴重なプリントに仕上がっています。
花の丸い中心部分は濃淡のブラシで陰影をつけて描くなど、ひとつひとつの草花を丁寧に根気良く描いています。
凹凸のある手織りの生地がプリントをより立体的に引き立て、やさしく深みのある絵画のように仕上がりました。

 

洋服はチェック柄調に織られた生地でニュアンスを出し、
ストールは手織りのコットンガーゼでふんわりと仕上げました。

ハンドメイドのぬくもりが伝わるアイテムです。

 

サシャで活躍する方々

 

この商品のペイントを手掛けるのは、インドの小規模生産者を支援する団体
「サシャ」のもとで活動するフェアトレードクループ「サードアイ」。

ここ十数年で高度成長を遂げたインドでは、一部による大量生産ビジネスがすすみ、
伝統的な手仕事が失われつつあります。
一方で、エシカルであることや環境への取り組み、伝統文化の継承などが、
次世代へのムーブメントになってきています。

サシャはハンドペイントのほかにも手織りシルクやブロックプリントなど、
インド各州の伝統的なプリント手法を継承しながら、
独創的な発想でさまざまな新しいデザインを生み出してきました。

フェアトレードのサポートを受けながら、
たくさんの若い世代のアーティストが巣立ち、未来に向かって活躍しています。

その他のサシャのアイテムはこちら >


水曜日

28

3月 2018

20年目のありがとう

Written by , Posted in ニュース

こんにちは!自由が丘店のオオシマです。
ピープルツリー自由が丘店は、4月で20周年を迎えます!
20年もお店を続けてこられたのは、いつも来てくださるお客さまのおかげです。
本当に、いつもありがとうございます!

オープン当初と比べると、生産者さんたちのスキルが向上し、
商品のデザイン性もぐっと高まってきていると感じます。

お店も何度か改装をして、時代と共に少しずつ変化しています。
変わらないのは、ずっと同じ生産者さんたちとものづくりを続けていること、
アイテムにほどこされる手仕事の素晴らしさ、長く応援してくださるお客さまです。

ここで手に取る商品にほっこりして、買うと自分も、つくった人も嬉しいんだ、
そんな気持ちになっていただけたら嬉しいです。

そして、もっとフェアトレードについて知りたい!と思ったら、
毎月「フェアトレードの学校」というイベントを開催しています。
エシカルなライフスタイルの中に、ヨガも取り入れてほしいな、と「朝ヨガ」も毎月開催しています。
それぞれ人気のイベントなので、お早目にご予約くださいね。

これからも、フェアトレードの発信地として、
フェアトレードの商品と出会う場として、
生産者さんとお客様をつなぐ場として、
また、お客さまとお客さまがつながる場として、
私たちスタッフも笑顔でみなさまをお迎えしたいと思います♪

20周年を記念して、たくさんのお楽しみをご用意しました。
ぜひ!ピープルツリー自由が丘店へ、お越しください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております♡

20thspecial①
4/1~30アニバーサリープレゼント!(なくなり次第終了)
 期間中、¥15,000以上購入の方に20th限定ミニトートをプレゼント! 先着100名様なのでお早めに!

20thspecial②
4/8(日)11:00-18:00 ピープルツリーマルシェ♪
店先で一日限りのマルシェを開催します! 自由が丘店にゆかりのあるショップが出店します。各店主とのコミュニケーションも楽しんで♪
手づくり焼き菓子:Filica/多肉植物:裏庭/レーズン、アプリコットなどのドライフルーツ:ケぺス

20thspecial③
4/15(日)10:15-11;45フェアトレードの学校 20thスペシャルバージョン
ありちゃんのピープルツリーの生産者さんを訪ねたインド「めぐる旅」報告編。なんと、生産者さんも登場します!
スピーカー:モデル鎌田安里紗さん/インドの生産者団体「サシャ」代表ルーパさん

20thspecial④
4/16-30 100枚から選べる!リサイクルサリーフェア
毎年大人気のリサイクルサリーシリーズ。この期間だけ特別に、100枚のサリーをご用意します。好きな色や柄を選べるチャンス! 直営店限定アイテムも♪

20thspecial⑤
4/22(日)9:45-10:45 朝ヨガ
オールレベルの60分間のヨガクラス。20周年スペシャルバージョンで、クリスタルボウルの音色を聴きながらヨガを楽しめます。ヨガの後、ハーブティーもお出しします♪

自由が丘店についてはこちら >


木曜日

15

3月 2018

驚きのフルーティーなカカオの味わいマダガスカル・サンビラーノ産ココアパウダー

Written by , Posted in おしゃれ, ニュース

こんにちは。フードチームのユキです。

朝、そこここの路地や窓辺に、まぶしい黄色の水仙や、もうすぐ咲こうと大きくふくらんだつぼみを見かけます。
いよいよ春の気配だなぁ、そろそろ軽いコートだなぁ、、と、
気持ちもふくらんできますが、もうしばらくは寒い日もありそうですね。

そんな季節、ちょっと珍しいフルーティーな味わいのココアはいかがでしょう。

新たに仲間入りしたフェアトレードココアパウダー・マダガスカルのご紹介です♪

 

マダガスカル北部、サンビラーノ川流域に広がる熱帯雨林。

カメレオンやキツネザル、珍しい蝶や蘭などが生息する豊かな森で、
ほぼ自然のまま、農薬や化学肥料を使わず育ったカカオ豆。

 

そのカカオから作られたココアパウダーは、これがココア?と
驚いてしまうほどフルーティーな味わいです。

実はこの地域のカカオは、ベリーやカシスのようとも言われる
エレガントな酸味と豊かな果実感が特徴で、
世界中の専門店が「サンビラーノ」と名付けたチョコレートをつくるほど。

 

 

そしてもうひとつの特徴は、アルカリ剤による化学処理をしていないこと。

これはカカオ豆にアルカリ剤を加えて酸味・渋味を抑えたり、
色調を整えて安定させるもので、均質なものは出来ますが、
フレッシュで複雑なカカオ本来の味わいも抑えられてしまいます。

現在日本で流通しているほとんどのココアパウダーは、
オーガニックのものも含めてアルカリ処理をしています。

マダガスカル・ココアパウダーは、アルカリ処理をしていないため、
カカオ本来の果実感をフレッシュに味わうことができます。

今日はそのフレッシュさと、サンビラーノ産ならではの
フルーティーな風味を生かした楽しみ方をご紹介します。

 

1.フルーティーなカカオを楽しむストレートココア

砂糖を加えずストレートで。
マダガスカル・サンビラーノ産カカオのフレッシュな果汁感を味わってみてください。

【基本の作り方】

ココア小さじ軽く2に熱湯150ccを注いで良く混ぜます。
濃さはお好みで加減してください。

★ほんの少し甘みを加える…黒糖を少し加えると、フルーティーさが引き立ちます。
★ハチミツを加える…ハチミツの酸味やフルーティーさと響き合う、大人の味わいです。

 

2.甘く濃厚なスイートココア

お湯と砂糖だけで、レーズンのような甘酸っぱくフルーティーな風味を楽しみます。

 

【基本の作り方】

ココア小さじ山盛り2、砂糖小さじ2を少量のお湯で練り、熱湯150ccを注いで良く混ぜます。
泡立て器や茶せんで空気を含むように泡立てると、クリーミーな口あたりに。

濃さや甘みはお好みや気分に合わせて加減してください。

★濃厚アレンジ…沸かした牛乳でつくると、よりまったり濃厚な満足感!
★カカオの風味を残して…お湯と牛乳を半量ずつにすると、カカオの風味が際立ちます。
★いろんな甘みで…黒糖がおすすめ。しっかりした甘さと個性ある素材どうしのハーモニーを楽しんで。
ハチミツを使うと上品でよりフルーティーな味わいです。

3.トッピングで簡単アレンジを楽しんで

自分好みの基本のココアが決まったら、トッピングで遊ぶのがおすすめ。
身近な食材をちょっと加えるだけ。お気に入りココアを見つけてください。

 

 

★柑橘との相性バツグン

○オレンジ、金柑など甘みのある柑橘の皮をすりおろしてトッピング。
○ココアを溶く湯を沸かす際、オレンジ・ライム・グレープフルーツなど複数の柑橘の皮をさっと加え、湯に香りを移します。
○オレンジやレモン、柚子のマーマレードジャムを香りを楽しむ感じに少量加えて。

★大人アレンジ<アルコール>

ブランデーやラム酒、ウイスキーを少量垂らすとチョコレートボンボンのような風味に!

 

 

最後に・・・

お好みのココアを淹れたら、お飲みになりながら読んでみてください。

この特別なココアパウダーを作っている人びとのことをお伝えします。

マダガスカル・サンビラーノ産ココアパウダーは、カカオ農園にほど近い工場で製造されています。
熱帯雨林にある農園の管理から、カカオ豆の発酵・乾燥といった原料加工、工場での焙煎からパウダー化まで、
すべての工程をマダガスカル国内で行っています。

そのことによって単に原材料としてのカカオを輸出するより多くの雇用と収益を国内に産み出しています。

豊かな自然の幸に恵まれて暮らしているマダガスカルの人びとですが、
世界でも貧困率の高い国のひとつとされており、一人ひとりに安定した収入を確立していくことは課題のひとつです。

また、熱帯雨林でほぼ自然のままに育てることで、
マダガスカルの貴重な生態系を維持しながら、サステナブルな生産が可能です。

▼フェアトレードココアパウダー・マダガスカルはこちら

 


木曜日

8

3月 2018

バイヤーが注目する &Organic

Written by , Posted in ニュース

 

”大人の洗練が漂う、シンプルで贅沢な日常着”をテーマに
つくられた『&Organic』シリーズ。

オーガニックコットンの質感を味わえるスラブ天竺は、
太さが不揃いのスラブ糸を使っているので、生地に表情があり、
さらっとした肌ざわりが楽しめます。

オーガニックコットン100%のスラブ天竺素材。

 

また、デザインがシンプルなこともあり発売当初から人気があります。

今年で2年目を迎え、新作の展示会では多くのバイヤーも注目してます!

特に人気だったアイテムをランキングでご紹介しますね♪

 

第 1 位 &Organic 半袖ワンピース ¥7,452

 

 

たっぷり感のある半袖ワンピは動きやすさも抜群!

デコルテがきれいに見える襟のラインで、
きれいめに着こなせます。
ひざ下丈なのもうれしいポイント。

木々や大地といった自然を感じさせるブラウンが1番人気がありました。

 

第 2 位 &Organic ロングカーディガン ¥10,584

 

 

今年は、裾をトレンドのラウンドカットにし、
女性らしさがただようロングカーディガンに。

いろいろな着こなしが楽しめるよう、ベルト付き。
春の軽めのアウターとしても活躍すること間違いなし♪

 

第 3 位 &Organic ブロッキングTシャツ ¥5,292

 

昨年から流行しているボリューム系のボトムにも合うように
短めの着丈にデザインしました。

着こなしを選ばない万能なベーシックカラーの組み合わせの切替デザインは、
1色の服よりも色の違いを楽しめる上に、コーディネート全体のアクセントにもなります。

 

&Organic ウエストシャーリングパンツ

 

同素材のシャーリングパンツとセットアップで着ると、
大人のリラックス感を演出。

ロングスカート風に見えるけれど、実はワイドパンツ。
上品に見えるのにとても動きやすいデザインなので、
こちらも一緒に購入されるバイヤーも多いです。

「30代を過ぎた頃からなんとなく、Tシャツを1枚で着るのに抵抗が出てきた。」
という声をよく聞きます。

体のラインが出てしまう抵抗感や1枚で着てもなんとなくおしゃれに見えない気がする……

大人気の『&Organic』シリーズは、
生地に表情があり、さらっと着るだけでおしゃれにしてくれるシンプルデザイン。
手持ちの洋服ともすんなり溶け込むので、おすすめです♪

 

今回ご紹介したのはほんの一部です。
ぜひ、他のデザインもご覧ください。

▼ &Organicはこちら

 


水曜日

7

3月 2018

3月8日は国際女性デー

Written by , Posted in おしゃれ, ニュース

3月8日は「国際女性デー」。

女性の社会における役割の拡大および地位向上など、
平等な社会参加を求める運動が起源となった記念日です。

イタリアではこの日を『女性の日(フェスタ・デラ・ドンナ)』として、
男性が日ごろの感謝の気持ちを込めて、女性にミモザを贈ります。
このことから別名『ミモザの日』とも呼ばれています。

国内ではHAPPY WOMAN FESTAが今年は東京2会場(渋谷・恵比寿)に加え、
大阪・愛知・宮城での同時開催が決定しているほか、様々なイベントが各地で予定されており
年々大きな社会的ムーブメントに成長していっていますね。

もちろんフェアトレードのパイオニアであるピープルツリーでも多くの女性が活躍しています。

 

例えばアーティザン・ハット
アーティザン・ハットは、ファスト・ファッションの台頭による
機械化の波に押され、仕事を失ったはた織り職人を
支援する目的で設立されました。伝統的な技術を用いた
ものづくりは多くのはた織り職人の活躍の場になっています。

 

 

手織りイカットチェック 半袖ワンピース
ムラ染めした糸で織るイカットは手織りならではの質感が魅力♪

 

 

例えばサシャ
サシャは 1978年にインド東部のコルカタに設立された
非営利の生産者団体で、伝統技術を活かして
衣服や室内のオーナメントなどを製作しています。
ここでは、手織りや絞り染め、手刺繍、ブロックプリント、
メタルクラフト、型押革などの伝統技術を
持った職人が活躍しています。

 

コットンリネンの光沢が美しい手織りストール。
太陽の光と影を思わせるブロックカラーは、男女問わず使えます。

 

ピープルツリーのものづくりに関わる人びとの約8割は女性。

この国際女性デーに、世界の『今』を生きる女性たちに
想いを馳せることも大事なアクションのひとつです。
女性が生きやすい世界をつくるために何ができるのか考えることで、
日々の行動に、少しずつ変化が現れるかもしれません。
世の中が、というか一人ひとりの意識が少しずつ
変わっていくこと、多様性を受け入れられること、
フェアトレードも女性の社会的な活躍も当たり前のことになって
特別なことじゃなくなるのが一番だなと改めて思います。

=====================

今年もより気軽にフェアトレードのお買いものをしていただけるよう、
オンラインショップでは、3月8日(木)から3月11日(日)までの4日間限定で、
お買いものの総額に関わらず、「送料無料」でお届けします。

 

 

 

 

 

 

 

この機会に “だれかのためになるお買い物” 楽しんでみませんか?

ピープルツリーオンラインショップはこちら


木曜日

1

3月 2018

毎日着たくなるオーガニックコットンベーシック

Written by , Posted in おしゃれ, ニュース

 

オーガニックコットンと言えば、
1日になんと200枚以上が売れている
ピープルツリーのフェアトレード・ファッションの代名詞。

そのなかでも、毎シーズン特に人気がある「オーガニックコットンベーシック」ライン。
トレンドやシーズンに関わらず、ずっと愛せるベーシックなカットソーのシリーズです。

素材は、オーガニックコットン100%を使用。
横方向に伸縮のよいオーガニックコットンのフライス地を使用し、
身体になじむ、ほどよいフィット感が特徴です。
今シーズン、すべてのスタイルをリニューアルしたOrganic Cotton Essencialsが登場。
インナーとしてだけではなく、1枚で着てもおしゃれに大人っぽく着こなせるデザインになりました!

 

オーガニックコットンベーシック キャミソール

 

1枚でアウターとしても美しく見えるよう計算されたデザインになりました。
タンクトップに近づけて安心感とフィット感が増しました。

 

オーガニックコットンベーシック ノースリーブ

 

オシャレに着れる大人のノースリーブデザイン。
襟のあきと袖ぐりを小さくし、上品な肌見せに仕上がりました。

 

オーガニックコットンベーシック クルーネックTシャツ

Vネックだった襟あきをクルーネックにし、
よりシンプルでベーシックなデザインにリニューアル。
ほどよい襟のあきでデコルテがきれいに見えるようになりました。

 

着用アイテム:手織りコットンヘンプ ジャケット

ジャケットやカーディガンなど羽織りものアイテムとも好相性です♪

 

オーガニックコットンベーシック ボートネック七分袖Tシャツ

 

襟が伸びにくいよう、バインダー仕立て(襟ぐりを包む方法)に変更しました。
ジャケットのインナーやカジュアルコーディネートにも使いやすい、
ほどよい襟あきでヘビーローテーション間違いなしです。

 

お客さまの声を反映し改良を続けているオーガニックコットンベーシック。
そのシーズンに合わせた色展開など毎年楽しみにしてくださっている
リピーターの方もたくさんいらっしゃいます。

コーディネートのベースをつくる永遠の定番として、
ぜひワードローブにプラスしてみてください♪

オーガニックコットンベーシックのアイテムはこちら


火曜日

13

2月 2018

手づくりの気持ちのこもった春が届きました

Written by , Posted in おしゃれ, ニュース

 

もうすぐ春、大きすぎるランドセルを背負っていった入学式・・・

そのランドセルの中には真新しい教科書と共に

自分の名前の刺繍が入ったきんちゃく袋がありました。

それは持ち物をなくさない様に、大切にするようにという

母の願いのこもった刺繍だったと思います。

 

大切に、丁寧に・・・

一針一針、ひとの手で入れた刺繍には温かみがあります。

それはつくり手から届いた春の知らせかもしれません。

 

手織りフラワー刺繍シリーズ

しなやかで奥行きのあるヘリンボーン生地に、単色のさりげない手刺繍。

大人の可憐さがただようシリーズ

 

 

手編みコットンニットシリーズ

コットン糸とアロー糸で編んだカーディガンに、
バナナファイバーヤーンの光沢感のある糸で刺繍をいれています。

手しごとならではの立体感のある刺繍がポイント

 

 

 

カラフルフラワー刺繍シリーズ

ジュート×コットンのざっくりした風合いの生地に、

ビビッドな花の刺繍を施したコントラストがきいたデザイン。

色とりどりの刺繍がハッピーな気分にさせます♪

 

いくつになっても手刺繍のあたたかみはうれしいものですよね?

みなさんもぜひ、手づくりの気持ちのこもった春服を楽しんでください!


金曜日

9

2月 2018

\カカオポイントが苗木になりました!/

Written by , Posted in ニュース

ボリビアから届いたカカオの苗木プロジェクトをご報告します。

ピープルツリーのフェアトレードチョコの原料であるカカオ豆は、
ボリビアの農家の共同体「エル・セイボ」が育てています。

近年の気候変動による大雨で、カカオの木の病虫害被害が深刻化したことにより
被害を受けた農家を支援するために、エル・セイボの技術部門である「PIAFエル・セイボ」は、
在来種の苗木を農家に配って植え替えを進めてきました。

ピープルツリーはこの活動を応援したいと、2013年から「カカオポイント」をスタートしました。
板チョコとデザートバーのパッケージ裏面には1カカオ、
フィリングタイプには2カカオのカカオポイントがプリントされています。
このポイントを集めてご応募いただくと、ボリビアの生産者には、10カカオポイントごとに
カカオの苗木が1本贈られ、応募してくださった方にもプレゼントをするという企画です。

今回、現地からプロジェクトの進捗レポートが届きましたので、ご紹介します。

*****

日本のみなさん、こんにちは。
ボリビアの「PIAFエル・セイボ」ディレクターのヘスス・キスペ・グティエレスと申します。

PIAFが行っているカカオ農家の支援プロジェクトに寄付を送ってくださりありがとうございました。
農家の人びとが喜ぶだけでなく、PIAFがこれからも農家の支援を続けることができます。

PIAFはカカオ農家の組合連合である「エル・セイボ」の技術部門で、
メンバー農家に対して有機農法や森林農法の技術指導をしている団体です。

エル・セイボではメンバー農家1,450軒が4,600ヘクタールの農地で
オーガニックとフェアトレードの認証を取得していますが、認証取得のための内部統制も私たちの仕事です。

農家を訪れて接ぎ木の指導をするPIAFの技術指導員

エル・セイボのカカオ栽培地であるアルト・ベニ地方では、
2010年頃からモニリヤと呼ばれる伝染病が蔓延し始めました。

モニリヤに感染すると実が腐ってしまい、細菌は空気感染で広がります。
発生から3年ほどの間にアルト・ベニ全域に広がり、被害を受けた農家では収量が4割以上、
農家によっては9割も減ってしまいました。

実の成長段階ごとのモニリヤの症状:
左から、/若い実に肥大や腫瘤が現れる/早熟/黒い斑点や茶色のしみが現れる/白いクリーム状の粒が現れる(胞子や種子)/(PIAFの資料より)

モニリヤは、湿気が多かったり枝の剪定や雑草処理が行き届いていなかったりする農地で発生しやすい病気です。
PIAFでは剪定などの知識を広めるワークショップを開催するほか、
モニリヤに耐性を持つ品種を見つけるための調査を行ってきました。

アルト・ベニで栽培されているカカオ樹種はほとんどがハイブリッドや接ぎ木されたもので、
この地域の在来種であるクリオロ種は全体の0.3%にしか過ぎません。

しかし、クリオロ種は地域の気候に合い栽培の手間もかからないことから、
この在来種の苗木を育てて病気に耐性を持ちかつ品質や生産性の高い品種に改良するプロジェクトを
2014年に始めました。

クリオロ種の栽培経験を持つ6つの農家組合、45ヘクタールの農地でプロジェクトを実施することにし、
2014年春に4万粒の種を採取して育苗を始めました。
このプロジェクトに、スイスのフェアトレード組織クラロと日本のピープルツリーから
資金を提供していただきました。

おかげで、2015年末までに62軒の農家に19,100本、
2016年末までに合計95軒に29,200本の苗木を配布することができました。

苗木の配布(2015年)

苗木を受け取ったベルナベ・ラモスさん(2016年1月)

2017年9月から11月にかけ、
PIAFの技術指導員が95軒の農家をすべて訪問して苗木の生育状況を確認しました。
その結果、95軒中48軒では苗木の成長が均一で雑草処理や剪定もよくされており、
アグロフォレストリーで植えられた他の植物との調和もうまくとれていました。

35軒では雑草処理や剪定が適切にされておらず、枯れた木もありましたが、
ある程度管理できていました。
しかし残念ながら、12軒は十分な土地や世話をする時間がないなどの事情で
苗を定植できませんでした。

定植後1年目の木。まだ細く弱々しい

定植後1年目の木。まだ細く弱々しい

種から育てた場合、成木となって実を結ぶまでに4~5年かかりますが、
既存の樹木に接ぎ木する場合は2~3年で実をつけます。
今回の調査では、既に実をつけ始めたものも確認できました。
収穫の様子をぜひ次回の報告でお伝えします。

定植後2年目の木。ビジャソン・コミュニティにて。

接ぎ木したものは既に実をつけ始めている

PIAFでは2017年から3か年計画で、
サン・ペドロの2か所の試験農場で新たなプロジェクトを開始しました。
2.5ヘクタールの農場で2種類の密度でカカオを植え、
最良の栽培方法と良質な遺伝子を持つ品種を探るのです。
これまでエル・セイボのメンバーが採種した品種は品質や病気への耐性にばらつきがあるため、
品種改良を目指します。

試験農場では森林農法を取り入れ、
カカオの木と同数のユカ(芋)やバナナの木、果樹などで日陰をつくります。
ここでカカオの木に最適な日陰の管理、雑草処理、害虫の管理、枝の剪定の仕方を検証します。

みなさまからお送りいただいた寄付は、引き続き育苗プロジェクトのフォローアップと、
この新しい試験農場のプロジェクトに使わせていただきます。
これからもエル・セイボの農家が収量を増やし、
質の高いカカオ豆を提供して生活を向上させられるよう、協力をお願いいたします。

カカオポイントについて詳しくはこちら >

今シーズンは、4月末日がご応募締切日です。
ぜひ、たくさんチョコを召し上がって、カカオポイントをご応募ください。

フェアトレードチョコはこちら >


金曜日

19

1月 2018

バレンタインおすすめフェアトレードギフト♪

Written by , Posted in ニュース

 

みなさん、こんにちは。通販のヨシムラです。

バレンタインまで、あともう少しですね。

大好きな人へ贈る人やお世話になっている人へ、
毎日がんばる自分へのご褒美など、バレンタインのプレゼントは特別ですよね。

ぜひ、あたたかみのあるバレンタインギフトを演出してみませんか?

おすすめのギフトを選んだので、ご紹介します!

 

やっぱり一番おすすなのは、秋冬限定のフェアトレードチョコ

乳化剤や添加物は一切使わず、シンプルな素材だけで丁寧に作りあげた
チョコレートは、極上の口どけを体験いただけます。

味だけではなく、かわいいイラストのパッケージは男女問わず、人気があります。

 

ちょっとゼイタクなデザートバーは、がんばった自分へのご褒美

 

 

まるで、ひと皿のスイーツのような満足感が楽しめるデザートバー
全4種類をセットにしてプレゼントしてもいいですね♪

 

ランチの仲良しグループでシェア!

 

 

板チョコは、ななめにすれば2枚入ります。
ハートチョコを添えると華やかさがUPします!

ハートチョコは1袋に50個~60個ほど入っているので、
箱いっぱいに詰めて、みんなで分けるのもおすすめです♪

 

本命にはやっぱり手作り!手もとに残るハンカチもポイント

 

HORIGUCHI NAOKO 草木染めプリントハンカチ

 

バレンタインなので、がんばってお菓子作りにチャレンジする方もいると思います。
毎日使えるハンカチなどの小物とセットで贈るのも良いですよね。

 

お酒好きで甘いものが苦手なお父さんへ

 

甘いものがちょっと苦手という男性に人気なのがドライフルーツ
加糖をしていない自然だけの甘みが大好評です。

贈る相手を想いながらラッピングするのも楽しみのひとつですよね。
この時期は毛糸を使用してもかわいくなりますよ。

どんなプレゼントがいいのか悩んでしまう方へは、フェアトレードギフトセットもご用意しています。
ぜひ、この機会にお楽しみください♪

 

ピープルツリーオンラインショップ

 


※ありがとうございました。

1/19(金)からはじまったバレンタインキャンペーン第1弾は、大好評につき、終了しました。