The days...

ピープルツリーの日々のこと

金曜日

10

10月 2014

ピープル・ツリーのオーガニック紅茶を飲みませんか?

Written by , Posted in ニュース, 生産者のこと

エディターのアイです。

ピープル・ツリーのオーガニック紅茶は、
インド・ダージリン地方にあるマカイバリ農園で
つくられています。

マカイバリ茶園は1840年代にイギリス人により創業された、
ダージリン地方で長い歴史を持つ茶園のひとつです。

この茶園では40年近く、化学肥料を一切使わない
「バイオダイナミック農法」で自然と共生し、
大切に紅茶を育てています。

ちょうど今、秋摘みの茶摘みがはじまったそうです。

20141010_01

このバイオダイナミック農法は、現在の茶園主、
4代目S.K.バナジー氏が1986年から実践しています。
1993年には世界で最も基準が厳しいとされるデメター社のバイオダイナミック農法の認定を取得し、以後、毎年更新しています。

マカイバリ茶園4代目茶園主S.K.バナジー氏。朝一番、感覚が研ぎすまされているときにテイスティングをしています。彼はテイスティングにおける抜群の鼻と舌を持っています。

マカイバリ茶園4代目茶園主S.K.バナジー氏。朝一番、感覚が研ぎすまされているときにテイスティングをしています。彼はテイスティングにおける抜群の鼻と舌を持っています。





マカイバリ茶園の「マカイ」とはネパール語で「トウモロコシ」。
「バリ」は「肥沃な土地」を意味します。
紅茶が植えられる前は、肥沃なトウモロコシ畑だったのだとか。

東京ドーム145個分の広大な茶園は、1/3(270ha)が茶園、残りの2/3(400ha)が原生林のまま残され、トラ、ヒョウ、シカ、ヤギ、ウサギ、そして紅茶の神様といわれるティーディーバなど、無数の野生動物が生息しています。

Tea Deva(ティーディーバ:紅茶の神様)。紅茶の葉と同じ色と形をした虫で、紅茶の葉と同様に季節によって色を変化させます。

Tea Deva(ティーディーバ:紅茶の神様)。紅茶の葉と同じ色と形をした虫で、紅茶の葉と同様に季節によって色を変化させます。





茶園は4つの山にまたがり、7つの村からなっています。
680人のコミュニティー(茶園主は従業員と呼ばず、コミュニティーと呼びます)と、その家族1,700人が茶園の敷地内で暮らしています。
茶園には政府系の小学校が2つあり、茶園の子どもたちはその小学校に通っています。

フェアトレードによる奨励金でつくられた図書館。子どもたちは学校が終わると、ここで本を自由に読むことができます。

フェアトレードによる奨励金でつくられた図書館。子どもたちは学校が終わると、ここで本を自由に読むことができます。




そんなマカイバリ茶園の紅茶は、
ピープル・ツリーでも大人気商品のひとつです。

昨年の秋冬シーズンに発売したフレーバーティーも
みなさまからご好評いただいています!

フレーバーティーは、マカイバリ茶園のオーガニックダージリン紅茶に、
天然由来の香料をほんのりのせた贅沢でやさしい紅茶です。
ギフトにもぴったり!
かわいいキラキラケース入りの紅茶も登場します!

マカイバリ茶園で大切に育てられたおいしい紅茶を
ぜひ味わっていただけたらうれしいです。

マカイバリ茶園のオーガニックダージリン紅茶はこちら >>