The days...

ピープルツリーの日々のこと

Author Archive

火曜日

21

2月 2017

【速報】初の3アイテム同時受賞! 「ソーシャルプロダクツ・アワード2017」

Written by , Posted in ニュース

まだまだ寒さが身にしみる今日この頃ですが、
ピープルツリーに、ホットなニュースが届きました!

先日、社会性のある商品の普及・推進を目的とする
「ソーシャルプロダクツ・アワード2017」の受賞商品の発表があり、
ピープルツリーが、なんと3シリーズ同時に受賞しました。
このアワードで3つの同時受賞は、初めてのことだそうです!


フェアトレード・チョコレート

20170221_01
審査員評価はこちら

リサイクルサリー・シリーズ

20170221_02
審査員評価はこちら

エシカルウェディングドレス・シリーズ

03
審査員評価はこちら


フェアトレードチョコとサリーは、それぞれ20年以上のロングセラー商品。
そして、ウエディングドレスは2011年から販売を開始し、
エシカルウェディングの定番となっている、
いずれもピープルツリーの看板アイテム。

どのアイテムにも、お買いもので自分だけでなく周りの人やつくった人までハッピーにする仕組みがあることを、
一般のお客さまも含めた審査員の方々に評価されたことを、とてもうれしく思っています。

来る3月2日に行われる表彰式にて、
大賞ならびに特別賞の発表が予定されています。
まずは速報でした。


それぞれのお買いものはこちらから >>
フェアトレード・チョコレート
リサイクルサリー・シリーズ
エシカルウェディングドレス・シリーズ

水曜日

21

9月 2016

世界から争いがなくなることを願う1日

Written by , Posted in ニュース

先週末、ニューヨークで爆破事件が起こりました。
記憶に新しい、バングラデシュでの邦人を巻き込んだテロは、
今年の夏、7月1日のことです。

21世紀は争いがない世紀にと、誰もが願っているはずですが、
残念ながら、現在も紛争やテロなどの悲しい事件は絶えません。

アレッポの石けん。シリアのアレッポは世界遺産にも登録された美しい観光地でしたが、現在は激しい砲撃の跡が目立つように

アレッポの石けん。シリアのアレッポは世界遺産にも登録された美しい観光地でしたが、現在は激しい砲撃の跡が目立つように。

今日9月21日は、「国際平和デー」。

初めて聞いたという人も多いかもしれません。
この日は、「すべての国や地域、全ての人びとに対して
非暴力と休戦を呼びかけよう」という日です。

もともとは、1981年に国連総会に合わせて9月第3火曜日に制定されていましたが、
それでも世界から戦火がなくなることはありませんでした。
1998年、イギリスの俳優ジェレミー・ギリはニュースを見ていて、
「一日でもいいから、戦争のない日をつくろう」と思い立ちました。
国連や各国の首脳と話し合い、ダライ・ラマの支持を得るなどして、
ついに、2001年に国連で9月21日を「国際平和デー」と採択されました。

しかし、話はここで終わりません。

初めての国際平和デーのセレモニーが予定されていたのは北米・ニューヨーク、
2001年9月11日でした。まさに、その日に同時多発テロが起きてしまいました。

ジェレミーの活動は今も続いています。
365日が国際平和デーとなり、銃声が聞こえない世界にするのが目標だからです。

世界で、争いが起こる原因はいくつかあります。
その中のひとつは、貧富の差に対して起こるものです。

私たちが行っている「フェアトレード」は、貧困問題を解決できる方法のひとつです。
誰かが他の誰かの権利を一方的に奪うことなく、
お互いを信頼し、尊重し合うこと、対等な立場で取引を行えること。
長く平和な日を続けられることの第一歩になります。

 身分制度や性差別などの事情によって、仕事をすることができない女性に対して、家庭にいながら仕事が出来るようにしています。自宅で子どもの面倒を見ながらニットを編む女性たち

身分制度や性差別などの事情によって、仕事をすることができない女性に対して、家庭にいながら仕事が出来るようにしています。自宅で子どもの面倒を見ながらニットを編む女性たち

ピープルツリーの行うフェアトレード活動は、
さまざまな立場における弱者、文化や習慣の多様性を認めつつ、
「自分たちと違う」ということにこそ新しい、可能性があると考えています。

一方で、心地よい暮らしをしたい、平安な心で過ごしたい、という思いは
世界の誰しもが持っていることでしょう。
フェアトレードは、何も特別なことではなく、そんな「当たり前のこと」を
誰もが実現できるようにする取り組みです。

素敵なお洋服を着たり、美味しいものを食べたりするという、自分にとって嬉しいことが、
それをつくってくれた誰かにとっての幸せにもつながっている。
そんな好循環が、世界を、未来を少しずつ、でも着実に変えていけます。

「世界平和」というと、ものすごく大きなことを考えてしまいがちですが
何事も、自分の身の回りからスタートすることが大事ですし、続けられるコツです。

フェアトレードのお買いものをすることだけでなく、
フェアトレードについて学ぶこと、
企業に「これは、どこで、誰がどんなふうにつくっているのか?」を問い合わせることなど、
いろいろなことができます。

事実を知ることが意識を大きく変え、行動を変え、現状を変えるための一歩となります。
ファッション業界の裏側を取材したドキュメンタリー映画『ザ・トゥルー・コスト』などを
見ることも、きっかけになるでしょう。

世界の平和を願う日に、自分にとっての平和って何だろう?と、問いかけてみてください。
自分にとって、それが大事であるように、他の人にとっても大事なこと。
みんながそうして尊重し合えるところから、平和は実現していくのだと思います。


20160921_03

国際平和デーキャンペーン、本日スタート!

9/21と9/22の2日間、お買いものされた方の中から抽選で10名さまに、
服をめぐる知られざるストーリーを描いたドキュメンタリー映画
「ザ・トゥルー・コスト」のDVDをプレゼント!

ご希望の方は注文確認画面の「当店へのコメント通信欄」に「DVD希望」とご記入ください。
「今着ている服は誰がどんな環境でつくったんだろう?」
今日が、そんなことを考えるきっかけの日になればうれしいです。

意識を大きく変えることが、行動を変え、現状を変えるための一歩となります。
誰もができるお買いもので、フェアトレードをサポートしてください!

お買いものはこちら >>

火曜日

26

4月 2016

レトロでキュート、個性的な60’sプリントはいかが?
ザンドラ・ローズ コラボレーションアイテムの魅力

Written by , Posted in おしゃれ

ザンドラ・ローズ コラボレーション

2013年から始まったイギリスのデザイナー、ザンドラ・ローズと
ピープル・ツリーのコラボレーション。
その最新アイテムの販売が、先日スタートしたばかり。


ひと足先に販売を販売を始めたイギリスでは、
ザンドラ・ローズのサロンにてコレクションを
紹介しました。


ザンドラ・ローズのサロンで開催されたコレクションのローンチパーティーの様子。

ザンドラ・ローズのサロンで開催されたコレクションのローンチパーティーの様子。


今回は、オーガニックコットン(リップスティック・プリント、リボン・プリント)のカットソーとワンピース。
透け感のあるコットンボイル(チェックのブロックプリント)がラインナップ。
注目のプリントについて、ザンドラのコメントとともにご紹介します。


リップスティック・プリント
リップスティック・プリント

「リップスティックのデザインは、もともとは60年代にできたものです。
フレンチ・ボーグ誌のファッションフォトグラファーのギィ・ブルダンに触発されて生まれました。
リップで描いたラインを背景に、鮮烈で大胆な花模様のケースに入ったハッとするような鮮やかな発色の
クラシックな口紅が散りばめられています。

ピープル・ツリーがこのクラシックなプリントを使いたいと聞いて、わくわくしました。
ビンテージかつ最先端がここにあります!
ピープル・ツリーのコレクションに素敵な60年代テイストのアイテムが加わりました」


リボン・プリント
リボン・プリント

「『リボンと星』は、ピープル・ツリーがセレクトしたもう一つの柄です。
ずっと私のお気に入りでもあります。

1987年にエジプトのファラオの墓を訪問したときに初めて描いた『エジプトの星、ペンタス』。
どの星も背景の不思議なラインと交差しています。
グレイ地にブルーとブラックを繊細にプリントしました。
私のトレードマークであるくっきりとしたちょう結びのリボンを合わせました」


チェックのブロックプリント
チェックのブロックプリント

「1969年頃の、私の初めてのコレクションで使ったステッチ柄をもとにしています。
バングラデシュの生産者を訪問し、プリントの現場を見て、
単色のブロックプリントに合うシンプルなステッチのデザインにしました。

プリント・パターンが映えるようにと考えて、シルエットはとてもシンプルな形に。
ドレスアップしてもカジュアルにも着こなせます」


バングラデシュの生産者団体を訪問し、ブロックプリントの様子をチェックする、ザンドラ・ローズ

バングラデシュの生産者団体を訪問し、ブロックプリントの様子をチェックする、ザンドラ・ローズ


ザンドラといえば、ダイアナ元妃やクイーンのフレディ・マーキュリーなど、
数々のセレブやアーティストにも愛されてきたイギリスの大御所デザイナーのひとり。


レトロでポップ、そしてクラシカルな雰囲気が漂う、
ザンドラの個性的な60’sプリントは、今シーズンも大注目です!


ザンドラ・ローズのコレクションはこちら >>

木曜日

11

12月 2014

「KTSニット・デザインコンペ2014」結果発表!

Written by , Posted in ニュース, 生産者のこと

WEB担当のミホです。
11月末まで、ピープル・ツリー 自由が丘店に大きな靴下を飾っていたのに気づきましたか?
すぐそばには、投票所もありました。

これは「KTSニット・デザインコンペ2014」。
ニットアイテムをつくっているネパールの生産者団体「KTS」のニッターさんたちが、
各人の手編みの技術とデザイン力を競ってつくった編み地を、
ご来店するお客さまに自由な基準で選んで投票していただくという企画でした。
大きな靴下は、編み地をつなぎ合わせたものだったのです。

例年はピープル・ツリーのスタッフだけが投票を行っていましたが、
今年はお客さまにもぜひ参加していただこうと、
店舗とfacebook公式ページで約1ヵ月間にわたって投票を受け付けていました。

それではいよいよ、結果発表です。

☆第1位☆

20141211_02

真っ白な毛糸のみを使い、立体的な幾何学模様をつくったデザイン。
自由が丘店での投票で大きく票数を伸ばしました!

☆第2位☆

20141211_03

青と白。色の組み合わせがさわやかなデザイン。
オフィス・スタッフからの支持を一番集めました。

☆第3位☆

20141211_04

今回のコンペでもっとも色鮮やかだったデザイン。
facebook投票では1位でした。

☆サケミ賞☆

20141211_05

ニット・デザイナーのサケミが選んだデザイン。
「見ていて楽しくなるモチーフでした」

各受賞者には、ピープル・ツリーから賞を贈りました。

授賞式で、サフィアから賞状が手渡されました。

授賞式で、サフィアから賞状が手渡されました。



こうした生産者たちとのイベントは、
同じ生産者団体を継続的に支援し、
ニッターさんひとりひとりとも近い関係をつくることができる、
ピープル・ツリーならでは。

たくさんのご投票をありがとうございました!
今回は残念ながらご参加できなかった方も、
次の機会にはぜひご参加ください!

KTSから届くアイテムはこちら>>