The days...

ピープルツリーの日々のこと

土曜日

21

12月 2013

フィリピン・プレダ基金からの台風被害救援活動のご報告

Written by , Posted in ニュース, 生産者のこと

プレダは子どもを守る活動と同時に、人身売買業者に誘拐され、不法な養子縁組をされたり虐待を受けている行方不明の子どもを探し出す活動をしています

11月に発生した巨大台風「Hayan/Yolanda」の被災者支援募金へ
ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。

先週、パートナー団体「サフィー・ハンディクラフト」を通した支援活動につき
ご報告しましたが、
もうひとつのパートナー団体、フィリピンからおいしいドライマンゴを届けてくれる「プレダ基金」からも報告が届きました。

みなさまから12月3日までに寄せられた約45万円の募金のうち、
US$2,000ドルをプレダ基金に送金しました。

プレダ基金を率いるシェイ・カレン神父より
支援活動についての報告が届きました。

*************************

親愛なるピープル・ツリー/グローバル・ヴィレッジの友へ

現時点のプレダの継続的な支援活動と計画をご報告します。

  1. 避難所に身を寄せた被災者の救援活動をしています。
    彼らは軍用飛行機で運ばれて、首都マニラの基地で暮らしています。
    私たちプレダは支援チームを現地に派遣し、食料や石鹸、子ども用の衣料品など、基本的な物資を提供しています。
    彼らは何もかもなくしてしまったのです。
  2. 子どもたちに、人形劇や子どもたちが好きなゲームで、誘拐から逃げたり未遂に終わった場合にきちんと報告できるように、人身売買から身を守る予防教育を行っています。
  3. 大人には、自分たちの子どもを守る方法を伝えるセミナーを開き、カウンセリングを行って支援しています。
    また、人身売買から孤児を守ることも私たちの最優先課題の一つです。すでに連れ去られ人身売買業者によって無給で働かされていた、台風の生存者である一人の子どもを救いだしました。
    受け入れ準備ができ次第、避難している孤児を親戚のもとに送り届けます。

プレダはPhilippine Misereor Partnershipと共に、小規模な農家が台風によって流されてしまった被災地で長期支援プロジェクトを計画し、実施します。
彼らも、何もかも失ってしまいました。

計画中のプロジェクトでは、サマル島やレイテ島のMisereorのパートナーNGOと協力して、農家が自活できるよう日雇いの仕事を提供します。仕事は森林がなくなってしまった土地での植林と、被害を受けて再生できなくなった何千本という木の植え替えです。プロジェクトでは、ココナッツ、マンゴ、コーヒーの苗木を植林し、なるべく早く持続可能な自立ができるように有機農園を作り、ヤギを提供する予定です。

シェイ

NEVER LIKE THIS AGAIN

NEVER LIKE THIS AGAIN

NEVER LIKE THIS AGAIN
二度とこのようなことが起こりませんように。

プレダは子どもを守る活動と同時に、人身売買業者に誘拐され、不法な養子縁組をされたり虐待を受けている行方不明の子どもを探し出す活動をしています

プレダは子どもを守る活動と同時に、人身売買業者に誘拐され、
不法な養子縁組をされたり虐待を受けている行方不明の子どもを探し出す活動をしています

プレダは支援を必要としている被災者たちに直接物資を届けました

プレダは支援を必要としている被災者たちに直接物資を届けました

プレダのソーシャルワーカーたちは、避難中の被災者たちに支援物資を配布するにあたって、心理的なサポートと希望を持ち続けられるよう、心理社会セミナーを開催しました

プレダのソーシャルワーカーたちは、避難中の被災者たちに支援物資を配布するにあたって、
心理的なサポートと希望を持ち続けられるよう、心理社会セミナーを開催しました



********************************

フィリピン台風の支援募金は引き続き12月末日まで、
グローバル・ヴィレッジにて受け付けています → 詳細はこちら