The days...

ピープルツリーの日々のこと

Author Archive

木曜日

25

12月 2014

途上国の衣料労働者の状況を知って! ~チャリティー・ウォーク「Walk 4 Work」を支援しよう~

Written by , Posted in ニュース

モデルでピープル・ツリーアンバサダーのディーン・ニューコムと
友人のソフィー・べヴァンが、明日12/26から
チャリティー・ウォーク「Walk 4 Work」を始めます。

「Walk 4 Work」は、「スウェット・ショップ」と呼ばれる労働搾取工場で働く
衣料労働者がおかれた厳しい状況を広く伝えるため、
同じ労働時間と摂取カロリーを体験しながら7日間歩き続けるというチャレンジです。

千葉県の銚子からスタートして、茨城県、埼玉県、群馬県、長野県を経由して、新潟県まで、
日本を縦断して419キロ歩きます。(終了予定時間:2015年1月1日10:00)

1日につき14~16時間、1800~2400カロリーの食事のみで、7日間歩き続けることで
衣料労働者と同じ体験をします。

この挑戦に賛同してくださる方からのご寄付を募り、ピープル・ツリーの生産者団体を応援するために、
ディーンが訪問したバングラデシュの生産者団体「タナパラ・スワローズ」への支援にします。

プロジェクトの詳細はこちら>>

経過報告は、facebookTwitterのアカウントで行います。

【応援しよう!】
● オンライン寄付サイト「ジャストギビング」を通じて寄付を募っています。
 目標金額は、100,000円です。
 「ジャストギビング」はこちら>>

● このプロジェクトについて家族やお友だちに広めてください。
 SNS(TwitterやInstagramなど)に投稿する際には、ハッシュタグ「#walk4work」をつけてください。

【フェアトレードの服を買おう!】
● つくる人に公正な賃金が支払われ、安全な労働環境が守られている
 フェアトレードの服を選んで購入しましょう!
 ピープル・ツリーのオンラインショップ >>

月曜日

19

5月 2014

タナパラ・スワローズの手織り工房の再建を支援してください!

Written by , Posted in ニュース, 生産者のこと

ピープル・ツリーの美しい手織りの服の多くを、バングラデシュのフェアトレード団体
タナパラ・スワローズ(以下スワローズ)の生産者がつくっています。

バングラデシュ北西のガンジス川に近い村に位置するスワローズは、
地元の女性に雇用と機会を提供しています。
スワローズでの仕事がなかったら、多くの女性たちは家族と離れて首都ダッカなどの
都会に出稼ぎに行き、スラムで暮らしながら大変な労働環境の縫製工場などで
働かざるをえなかったでしょう。
スワローズでスキルをもった生産者たちは手織りや手刺しゅうを手掛け、
ピープル・ツリー向けにドレスやトップスを作っています。

ところが先日、そのスワローズがサイクロンで大きな被害を受けてしまったのです。
上の写真は、サイクロンで破損した手織り機。

サイクロンは10台の手織り機があった手織り工房のひとつを破壊しました。
10台のうち6台は損傷がひどく修復が不可能な状態です。
現在、スワローズの生産者はピープル・ツリーの2014年秋冬コレクション向けの
生地を生産しています。
10台の手織り機はスワローズの手織り生産能力の20%を占めており、大きな痛手です。
スワローズが秋冬コレクションの商品生産を納期に間に合わせられるかどうかが
微妙になってしましました。

ピープル・ツリーはパートナーのフェアトレード生産者と責任をもって長期的に関わり、
彼らの事を大切に思っています。
生産者が自然災害に見舞われたときはできる限りの支援を行います。
今回も、母体NGOグローバル・ヴィレッジとともに手織り工房の再建を支援し、
スワローズへの発注を継続していきます。

皆さんの支援が必要です

ピープル・ツリーとともにバングラデシュのスワローズを支援していただけるとうれしいです。
以下の3つの方法によるサポートをお願いします。

  1. ご寄付による支援
    こちらのページにある方法で、グローバル・ヴィレッジを通してのご寄付をお願いします。通信欄、または備考欄に「スワローズ」とお書きください。
    6月2日(月)までの手続き分をスワローズ再建支援のために受付けます。
    また、ピープル・ツリーでのお買い物といっしょのご寄付は、5月20日(火)~25日(日)までの分を全てスワローズ再建支援のためのご寄付とさせていただきます。
  2. 手織り製品の購入による支援
    ピープル・ツリーは今シーズンもさまざまな手織りの衣類を販売しています。
    手織りの製品を購入することで、スワローズの生産者のへの支援を表すことになり、
    バングラデシュの地方コミュニティに変化が生まれます。
     スワローズの製品はこちら
  3. ソーシャル・メディアによる支援
    このブログポストをみなさんのお友達やご家族とソーシャル・メディアでシェアしてください。
    フェアトレードで持続可能なファッションを買うことで大きな変化が生まれることを
    もっとたくさんの人たちに伝えるようサポートしてください。

*モデルのアンジェラさんが昨年バングラデシュのスワローズを訪問しました。
 美しい現地の様子はこちらの動画でご覧いただけます。

サイクロンで大きな木が倒れ、工房が下敷きに。

サイクロンで大きな木が倒れ、工房が下敷きに。

壊れた工房を前に、被害状況を確認するスタッフ

壊れた工房を前に、被害状況を確認するスタッフ

金曜日

28

2月 2014

グローバル・ヴィレッジ入会キャンペーン実施中! 今だけチョコレートプレゼント!

Written by , Posted in ニュース

ようやく春らしい気候になってきました!
ピープル・ツリーでは、新作春夏コレクションの販売をスタートしています。
オンラインショップはこちら

ピープル・ツリーの母体NGOグローバル・ヴィレッジでは、
2月28日(金)から3月9日(日)まで入会キャンペーンを実施しています。

新たに会員になっていただいた方全員に、
ピープル・ツリーの人気商品フェアトレード・チョコレート(50g)1枚を
プレゼントしています(※フレーバーはおまかせください)。

グローバル・ヴィレッジでは、環境と貧困問題についての情報発信や
フェアトレードの推進、現地の開発プログラムや技術向上を支援しています。
それらの活動は、会員のみなさまからの会費や寄付で支えられています。
ぜひグローバル・ヴィレッジの会員になって、活動を支えてください。

メンバーシップはサステイニング・メンバー(年会費10,000円、ピープル・ツリー商品が10%割引になる特典があります)とサポーティング・メンバー(年会費5,000円)の2種類があります。

さらに会員特典として、通販カタログ「ピープル・ツリー」と
会報誌「フェアトレード新聞」が届きます。

「フェアトレード新聞」は第2号を発行したばかり。
B4サイズで全8ページ、 年4回の発行を通してフェアトレードのさらなる普及と推進を目指しています。

20140228

3月8日の国際女性デーが近いこともあり、今号の特集は「女性とフェアトレード」。
生産者の女性たちへのインタビューや、岩手のフェアトレード&エコロジーショップ、「おいものせなか」のオーナー新田史実子さん、スローウォーターカフェ代表の藤岡亜美さんへのインタビューも掲載しています。

グリーンピース・ジャパン事務局長 佐藤潤一さん、 環境広告を手掛ける「サステナ」代表 マエキタミヤコさんの コラムも好評連載中!
盛りだくさんの内容でお届けしています。

会員申込は、ピープル・ツリーのお買いものと合わせてもお申込みいただけます。
詳しいお申込み方法はこちら

土曜日

21

12月 2013

フィリピン・プレダ基金からの台風被害救援活動のご報告

Written by , Posted in ニュース, 生産者のこと

プレダは子どもを守る活動と同時に、人身売買業者に誘拐され、不法な養子縁組をされたり虐待を受けている行方不明の子どもを探し出す活動をしています

11月に発生した巨大台風「Hayan/Yolanda」の被災者支援募金へ
ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。

先週、パートナー団体「サフィー・ハンディクラフト」を通した支援活動につき
ご報告しましたが、
もうひとつのパートナー団体、フィリピンからおいしいドライマンゴを届けてくれる「プレダ基金」からも報告が届きました。

みなさまから12月3日までに寄せられた約45万円の募金のうち、
US$2,000ドルをプレダ基金に送金しました。

プレダ基金を率いるシェイ・カレン神父より
支援活動についての報告が届きました。

*************************

親愛なるピープル・ツリー/グローバル・ヴィレッジの友へ

現時点のプレダの継続的な支援活動と計画をご報告します。

  1. 避難所に身を寄せた被災者の救援活動をしています。
    彼らは軍用飛行機で運ばれて、首都マニラの基地で暮らしています。
    私たちプレダは支援チームを現地に派遣し、食料や石鹸、子ども用の衣料品など、基本的な物資を提供しています。
    彼らは何もかもなくしてしまったのです。
  2. 子どもたちに、人形劇や子どもたちが好きなゲームで、誘拐から逃げたり未遂に終わった場合にきちんと報告できるように、人身売買から身を守る予防教育を行っています。
  3. 大人には、自分たちの子どもを守る方法を伝えるセミナーを開き、カウンセリングを行って支援しています。
    また、人身売買から孤児を守ることも私たちの最優先課題の一つです。すでに連れ去られ人身売買業者によって無給で働かされていた、台風の生存者である一人の子どもを救いだしました。
    受け入れ準備ができ次第、避難している孤児を親戚のもとに送り届けます。

プレダはPhilippine Misereor Partnershipと共に、小規模な農家が台風によって流されてしまった被災地で長期支援プロジェクトを計画し、実施します。
彼らも、何もかも失ってしまいました。

計画中のプロジェクトでは、サマル島やレイテ島のMisereorのパートナーNGOと協力して、農家が自活できるよう日雇いの仕事を提供します。仕事は森林がなくなってしまった土地での植林と、被害を受けて再生できなくなった何千本という木の植え替えです。プロジェクトでは、ココナッツ、マンゴ、コーヒーの苗木を植林し、なるべく早く持続可能な自立ができるように有機農園を作り、ヤギを提供する予定です。

シェイ

NEVER LIKE THIS AGAIN

NEVER LIKE THIS AGAIN

NEVER LIKE THIS AGAIN
二度とこのようなことが起こりませんように。

プレダは子どもを守る活動と同時に、人身売買業者に誘拐され、不法な養子縁組をされたり虐待を受けている行方不明の子どもを探し出す活動をしています

プレダは子どもを守る活動と同時に、人身売買業者に誘拐され、
不法な養子縁組をされたり虐待を受けている行方不明の子どもを探し出す活動をしています

プレダは支援を必要としている被災者たちに直接物資を届けました

プレダは支援を必要としている被災者たちに直接物資を届けました

プレダのソーシャルワーカーたちは、避難中の被災者たちに支援物資を配布するにあたって、心理的なサポートと希望を持ち続けられるよう、心理社会セミナーを開催しました

プレダのソーシャルワーカーたちは、避難中の被災者たちに支援物資を配布するにあたって、
心理的なサポートと希望を持ち続けられるよう、心理社会セミナーを開催しました



********************************

フィリピン台風の支援募金は引き続き12月末日まで、
グローバル・ヴィレッジにて受け付けています → 詳細はこちら

月曜日

16

12月 2013

フィリピンの巨大台風被災者へのご支援、ありがとうございました!

Written by , Posted in ニュース, 生産者のこと

先月、フィリピンを襲った巨大台風(Hayan/ Yolanda)の被災者を支援する募金にご協力いただいたみなさん、
あたたかいご支援を本当にありがとうございました!

みなさんのご協力のおかげで、12月3日までに約45万円の募金が集まりました。
(フィリピン台風の支援募金は引き続き12月末日まで、グローバル・ヴィレッジにて受け付けています → 詳細はこちら

集まった募金のうち、US$2,000(約20万円)の支援金を送ったピープル・ツリーのフィリピンのパートナー生産者団体の一つ、
サフィー・ハンディクラフトからのお礼のメッセージとご報告です。

***

寄付金は支援物資である衣料品、洗面用品、飲料や学用品の購入にあてました。
台風の大きな被害を受けたビサヤ地域-サマル島、レイテ島、セブ島の人々と学校を支援するためです。

【支援内容】

  1. 50家族分の洗面用品、衣料品、飲料の支援物資パック(セブ島、サマル島、レイテ島)
  2. 240セットの学用品が入ったバッグのサマル島東部3地域での配布

支援物資を詰めるサフィーのスタッフ

支援物資を詰めるサフィーのスタッフ








子どもたち向けの学用品もセット組み

子どもたち向けの学用品もセット組み








子どもたちへの学用品セットには、ひとつひとつサフィーのスタッフから激励のメッセージ添えられた

子どもたちへの学用品セットには、ひとつひとつサフィーのスタッフから激励のメッセージが添えられた








壊滅的な被害を受けた地域。復興には長い時間がかかる

壊滅的な被害を受けた地域。復興には長い時間がかかる








また、支援金の一部は9名のSAFFYサフィーのスタッフ現/元スタッフを通して申請があった、
壊滅的な被害を受けたレイテやアクラン、カピス地域に住む壊滅的な被害を受けた
9名の彼らの家族や親族の支援に使われました。

大切な家族の命や家、資産を失った彼らはまだ、仮住まいの家や親族の家に身を寄せています。
支援金は家を再建する資材を購入する費用の一部として使われます。
被災地域の再建やこの災害で苦しむ人々の生活が元に戻るまでには、さらに長い期間が必要となります。

台風の大きな被害にあった人びとが立ち直れるようにと、
ピープル・ツリー/グローバル・ヴィレッジを通して皆さんが寄せてくださった支援に
心より感謝いたします。

***

また、お寄せいただいた募金は、フィリピンのもうひとつのパートナー団体であり、
現地で台風被災者や孤児になった子どもたちを支援するプレダ基金にも送金予定です。

金曜日

11

10月 2013

『フェアトレード新聞』を創刊しました!

Written by , Posted in ニュース

ピープル・ツリーの母体NGO、グローバル・ヴィレッジはこの10月、
『フェアトレード新聞』を創刊しました。

1991年より国際協力と環境保護の活動を行い、サステナブルなライフスタイルの実践を促す情報発信NGOとしてスタートしたグローバル・ヴィレッジ。
当時と比べ、インターネットで簡単に情報が手に入るようになった昨今ですが、情報がありすぎて何を見たらいいのかがわからない・・・と感じることも少なくありません。

そんな今だからこそ、現在の経済システムに疑問をもち、フェアトレードやサステナブルなライフスタイルについてもっと知りたい人に直接届けられる、紙のメディアを創刊することにしました。

一面は英国の著名デザイナー、ザンドラ・ローズのフェアトレード生産地(インド)訪問と9月の来日についてのレポートを掲載。
中面では7月に開催し、好評を博したイベント「フェアトレードから見えてくるファッションの未来」での、ジーンズブランド、リー・ジャパンの細川秀和さん、フリーアナウンサーの末吉里花さん、代表サフィア・ミニーのトークを収録しました。

わきあいあいとした3人のトーク

わきあいあいとした3人のトーク

国連環境計画・金融イニシアティブ特別顧問の末吉竹二郎さんに、フェアトレードと関連が深い、これからの経済のあり方、「グリーンエコノミー」について語ってもらいました。
グリーンピース・ジャパン事務局長、佐藤潤一さんや環境広告を手掛けるサステナ代表マエキタミヤコさんの連載コラムもしています。

フェアトレードの最新事情を届けたいと、世界のフェアトレード情報や日本国内のフェアトレードタウン運動についての情報ページも作りました。

フェアトレード商品紹介のページでは、ピープル・ツリーの商品だけでなく、他のフェアトレード団体/企業の秋冬シーズンにぴったりな商品もご紹介しています。

「フェアトレード新聞」題字

「フェアトレード新聞」題字。版画なのです。

ところで、この「フェアトレード新聞」の題字、ユニークで印象的だと思いませんか?
この題字を手掛けてくださったのは、以前から素敵な版画アートワークの提供などでピープル・ツリーに協力していただいている木村朝輝さん。
今回は「フェアトレード新聞」の文字と波のうねりを組み合わせて、フェアトレードのムーブメントを版画で表現していただきました。

いろいろ内容を詰め込んでいたら、フェアトレード生産地からのレポートを詳しく掲載できなかったのが少し心残り・・・
2014年2月発行予定の次号では、ぜひ紹介したいと思いますので、ご期待ください。

『フェアトレード新聞』はB4サイズで全8ページ、年4回の発行を通してフェアトレードのさらなる普及と推進を目指します。
創刊号はグローバル・ヴィレッジ会員のみなさん、ピープル・ツリーのお客様ほか、ピープル・ツリー直営店や主催イベントで順次配布予定です。
2号め以降はグローバル・ヴィレッジ会員のみへのお届けとなりますので、ぜひこの機会に会員となって、生産者の自立を支える活動やフェアトレードの普及・推進活動を応援ください。

グローバル・ヴィレッジ会員は下記の2種類あります。

  1. サスティ二ングメンバー 年会費10,000円 
           (ピープル・ツリー商品の10%割引他特典あり)
  2. サポーティングメンバー 年会費 3,000円

このたび、新規ご入会の方にプレゼントをご用意しました。
現在、新規会員向けキャンペーン実施中!

★★ グローバル・ヴィレッジ新規会員向けキャンペーン開催 ★★

     

  • プレゼント内容   : 10%OFFキャンペーンコード
  • キャンペーン入会期間:10月11日(金)~10月31日(木)

入会手続き後に会員証と一緒にお買いもので使用できるキャンペーンコードを
お送りさせていただきます。

サスティ二ングメンバーの方は通常10%OFFなので、キャンペーンコードを
ご使用の場合は20%OFFとなります!

会員申込はこちらから

☆☆ フェアトレード新聞創刊記念キャンペーン開催 ☆☆

ピープル・ツリー オンラインショップでは、創刊を記念して、10/12(土)、13(日)、14(祝・月)の3日間、通常5,000円以上のお買いもので送料が無料のところ、お届け先1ケ所あたりの商品代金合計が3,000円(税込)以上で、送料が無料になります!

この機会に、ぜひフェアトレードのお買いものをお楽しみください。

金曜日

9

8月 2013

楽しい手づくりワークショップを開催しました!

Written by , Posted in ニュース

8月3日、東京・港区の「SHIBAURA HOUSE」にて、ワークショップを開催しました。
講師としていらしてくださった雑貨デザイナーの宇田川一美さんが、ワークショップの
レポートを寄せてくださったので紹介します!

*********************************

夏休み真っ最中の土曜の午前中、
ワークショップ『つくってみよう!フェアトレードの文房具』を行いました。

SHIBAURA HOUSEは、高い天井と明るい光が差し込む
ずっと憧れていたクリエイティブな空間。
わたしのテンションが上がります。

20130809_01

参加してくれたのは、手づくり大好きな人たち。
初対面とは思えないほど和気あいあい、いい雰囲気。
(わたしはスタッフに小声で「みなさんお知り合いですか?」と
聞いてしまったくらいです)

まずは、バングラディッシュの生産の現場をスライドで紹介。
「大量生産と手づくりのちがいは?」「この材料は何だと思う?」。
スタッフの投げかけで、見るだけでなく、おとなも子どもも一緒に考えながら。

20130809_02

工房でこのキットを作ってくれたのは、
仕事を通して経済的な自立を目指す女性たち。
ピープル・ツリーの手づくりワークショップは、ものをつくるだけでなく、
こうして原産地の背景や、生産者との繋がりを実感できる時間です。

次は、ペンケースづくり。
リサイクルサリーのひもに糸やビーズを編み込んだり
ちぎった紙をコラージュをしたり、自由に作ります。
みんなそれぞれのアイデアをのぞきあって「わぁ」「すてきー」と
あちこちで声が上がるたのしいひとときになりました。

20130809_03

20130809_04

「紙に力がある」と言ってくれた方がいて、ほんとうにその通り!と思いました。
手触り、存在感、どれをとっても、やさしい強さがあるのです。

さいごに、ひとりずつ作品の紹介をして、記念撮影。
みんな、満足顔!

20130809_05

紙の文房具は、使えば使うほど味が出るのがいいところ。
すり切れたり毛羽立ったり、
手になじんでゆくその過程を愛でながら、
みなさんの暮らしのお供にしてください。

宇田川 一美

宇田川さんに教えていただいて、参加していたみなさんもとっても楽しんでくださいました!
暑い中、ありがとうございました。

* 宇田川さんの手づくりキットはこちらから

木曜日

1

8月 2013

生産者団体「ゴダバリ・デルタレース」の洪水被災者をご支援ください!

Written by , Posted in ニュース

インドの生産者団体、ゴダバリ・デルタレースのレース編み生産者たちが、
洪水の被害に遭いました。
7月下旬にアンドラ・プラデシュ州のゴダバリ地域を襲った洪水で、
被害の大きかった地域では川の水位が4.8メートルほども上昇。
東ゴダバリ地域だけで2700名以上が避難する事態となりました

この地域は昨年の11月にもサイクロンによる洪水に見舞われ、
ゴダバリ・デルタレースに、みなさんからの寄付金と
グローバル・ヴィレッジからの支援金を合わせて送り、
被災者に米などの支援物資を届けました。

ゴダバリ・デルタレースの窓口担当者プラカシュさんは、
今回も生産者たちの被害状況の把握や支援活動に奔走しています。
今回の洪水では、150人の生産者の家族が洪水の被害に遭いました。
通常の生産管理業務に加えての天災への対応はとても大変で、
行政の支援活動だけでは足りない毛布や米、豆などの基本的な物資を
被災者に届けたいと、緊急支援を求めています。

水が引いてもこの状態。仕方なく水の中を移動する東ゴダバリエリアの村人たち。

水が引いてもこの状態。仕方なく水の中を移動する東ゴダバリエリアの村人たち。

大切な井戸も水没

大切な井戸も水没

ゴダバリ・デルタレースからの要請を受け、グローバル・ヴィレッジは
毛布など必要物資の購入のための支援金を送金しました。
洪水で生活必需品を失った生産者には、さらなる支援が必要です。
生産者が通常の生活を取り戻すため、寄付による協力をお願いいたします。

【寄付のご案内】
■ オンラインで
グローバル・ヴィレッジのウェブサイトからクレジットカードでご寄付いただくことができます。
* 備考欄に「ゴダバリ被災者支援」とご記入ください。

■ 郵便局から
最寄の郵便局から、「払込取扱票」に必要事項をご記入の上、お振込ください。
以下の口座番号・口座名にて承っております。
郵便振替 口座番号: 00120-3-728120
口座名: グローバル・ヴィレッジ
* ご依頼人・払込人住所氏名欄に お名前、電話番号、郵便番号、住所をご記入下さい。
* 備考欄に「ゴダバリ被災者支援」とご記入ください。

【生産者団体 ゴダバリ・デルタレースについて】

ゴダバリ・デルタレース

ゴダバリ・デルタレース

「ゴダバリ・デルタレース」は、レース工芸で有名なナルサプールという小さな町の、女性のレース編み職人の協同組合。
このゴダバリ川がベンガル湾に注ぎ込むデルタ地帯では、度重なる洪水やサイクロンなどの水害に悩まされ、人びとの暮らしは楽ではありません。
女性たちは、レース編みの技術を身につけて生計を立てていますが、収入は低く仕事も不安定でした。

そこで1979年に協同組合を作り、力を合わせて製品を売るようになりました。30の村に44のグループがあり、数百人以上の女性生産者が仕事をしています。

ゴダバリ・デルタレースの商品をお買い求めいただくことは、こうした厳しい環境の中にある女性たちが伝統と価値のあるレース編みで生計を立てていくための支援につながります。



【ゴダバリ・デルタレースの商品】

フェアリー・フラワー3WAYショール

フェアリー・フラワー3WAYショール(ブラックナチュラル



※ 参考記事(英語)“ Flood alert in East Godavari district of Andhra Pradesh” (The Indian Express)