The days...

ピープルツリーの日々のこと

Author Archive

水曜日

22

7月 2020

150cmのスタッフがお届けする、小柄さん向けスタイリング
夏のセールアイテム編

Written by , Posted in おしゃれ

こんにちは。
自由が丘店スタッフのイケダです。
身長150cmです。

あちこちでセールが始まり、よりいっそうお買い物にわくわくする季節ですね。
今回は好評開催中のセール商品の中から、小柄な私だとゆったりデザインや長さが難しいかな、と思うものを着てみようと思います。

ふわっとブラウジングで縦長ライン


tops:手織りオーガニックコットンヘリンボーンフレンチスリーブトップ 
pants:Lee・オーガニックコットンデニム ワイドパンツ(セール対象外)

ストライプの色合いが優しい印象のトップ。
ゆったりふっくりしたデザインです。
おしりが隠れるくらいの長さがあります。
ワイドデニムと合わせて、ふわっとブラウジング。
小柄に見えないのでは?と錯覚しちゃうような長さのあるコーディネートになります。

膝下丈ワンピはウエストマークにひと工夫


dress:モザイク柄ラップ風フレンチスリーブドレス

ブロックプリントのカラフルなワンピース。ウエストにリボンがついていて、お好きな位置(前でも後ろでもサイドでも)でウエストマークしたり、ゆるっと結んで飾りにできます。
写真では後ろからまわしてサイドのループを通し、後ろに戻して結んでいます。
ぐるっと1周まわすよりも、後ろだけで結ぶ方がすっきりとした印象に。

リボンをほどくとこんな感じです。
贅沢にブロックプリントの生地が使われていることがわかりますね♪

柄物スカートは色目を合わせてちょっと落ち着かせて


tops:オーガニックコットンギャザーショルダートップ(セール対象外)
skirts:フラワープリントコットンスラブAラインスカート

花柄が華やかなスカート。
プリントで使われている落ち着いたカーキ色をトップにも合わせれば、可愛すぎずにきれいにまとまります。
ゴムウエストなのでリラックスできるのはもちろん、さらにその上からリボンである程度サイズを調節できるのもうれしいポイントです。

マキシ丈スカートは縦のラインを意識して


tops:モザイク柄Aラインフレンチスリーブトップ
skirts:オーガニックコットンミニ裏毛フロントポケットスカート

ロング丈は小柄さんには難しそうな印象ですが、実は使いやすいのです。
こちらはミニ裏毛で、内側が薄手のタオルのようで心地いい肌触りです。
かわいいポケットを見せたいので、トップはインしています。
シルエット全体もIラインになって脱小柄に!
トップの肩のタックが二の腕を細めに見せてくれます。

ボリューミーなワイドパンツで2パターンのコーディネート


tops:オーガニックコットンレインドロップハンカチスリーブトップ
pants:手織りオーガニックコットンヘリンボーンワイドパンツ

ワイドパンツは体型をカバーしてくれるだけでなく、ゆったりとした着心地が気持ちいい人気アイテムです。
まずは、トップスをおさえたコンパクトなコーディネート。
やさしいオレンジと反対に、強めの色・柄のトップを合わせました。
ハンカチスリーブといって、袖の下側が開いているので涼しいです。
ひらひらと風で揺れる袖が優雅です。

そして、これでもか、と上下ワイドなコーディネートも。

tops:ブルーストライプチュニックブラウス
pants:手織りオーガニックコットンヘリンボーンワイドパンツ

全身がゆったりとしたオーバーサイズのシルエットです。
水色×白の細いストライプが爽やかです。
テンセルTM素材でシワになりにくく、アイロンいらず。お手入れも簡単です。

襟を少しだけ後ろに抜いて、トップの裾のラインが真っ直ぐにならないようにすることで、上半身の分量のバランスがとれます。

小柄な皆さま。
商品ページをご覧いただくと、モデルさんがどの洋服も素敵に着ています。
実際自分で着てみると、身長の差から、丈はもちろん全体の印象や雰囲気も違って見えます。
それって新しい魅力だと思うのです。

これまで試したことのないデザインや丈を選んでみませんか。
着てみてわくわくしたら、新しい夏を楽しめそうです。

お買い得なセールアイテムはこちら
残りわずかな人気セールアイテムはこちら


水曜日

8

7月 2020

生産者パートナーからのメッセージ
ご支援ありがとうございました!

Written by , Posted in ニュース, 生産者のこと

5月のフェアトレード月間に実施した「生産者パートナーを支えるためのクラウドファンディング」について、支援プロジェクトの詳細が決まりましたのでご報告いたします。

今回対象とした21のパートナー生産者は、ピープルツリーを唯一の取引先とする小さなグループもあれば、福祉や教育のプロジェクトも行うNGOや大きな生産工場を持つ企業など、事業規模や活動内容は多岐にわたります。どのグループもスタッフや職人への休業手当や食料の配給などの活動に多額の費用を必要としており、それぞれにいくらずつ支援金を配分するかはとても難しい判断でした。

地域での支援活動の規模や、他団体から支援を受けることができているかなど、それぞれの生産者グループの状況を確認し、最終的に原則として一律1000ドルを基準とし、特に配慮が必要なグループに500~1000ドルの支援金を追加するということに。6月中旬から送金を進めています。
詳しい報告についてはこちらをご覧ください

ご支援いただいたみなさまやフェアトレードを応援してくださるお客さまに生産者グループからもたくさんのメッセージが届きました。
支援金にだけでなく生産者パートナーに寄り添う気持ちへの感謝や、これからも活動を続けていく後押しとなり励まされたなど、たくさんの声が寄せられましたので、ぜひいくつかご紹介させてください。

サナ・ハスタカラ/ ネパール

✉‥∵‥∴‥∵‥
80日以上事業を休止していましたが、スタッフと生産者の25%が、マスクの着用や消毒、ソーシャルディスタンスなどの対策を取りながら業務を再開しました。スタッフや生産者の感染に備えた保険も取り入れました。
この困難な時期に、$1,000の支援はほんとうに助かります。

代表 チャンドラ・カッチパティ

サナ・ハスタカラの詳細はこちら>

タナパラ・スワローズ/ バングラデシュ


✉‥∵‥∴‥∵‥
今回の支援金の使い道として、私たちは工房で働く生産者に作業服を提供することにしました。
自分たちの工房で縫製し、115人の生産者にひとり2着ずつ提供します。
ありがとうございます。

代表 ライハン・アリ

タナパラ・スワローズの詳細はこちら>

デュー・クラフト/ バングラデシュ

✉‥∵‥∴‥∵‥
ピープルツリーは、もっとも長期間、密な関係を築いている信頼のおけるパートナーのひとつであり、常に私たちに思いを寄せ、認めてくれます。
商品を購入いただいたりクラウドファンディングに協力してくださったピープルツリーのお客さまに感謝しています。私たちの職人グループが持続可能な暮らしを送れるよう、力をつける手助けとなります。

代表 シャー・アブダス・サラー

デュー・クラフトの詳細はこちら>

サフィー/ フィリピン

✉‥∵‥∴‥∵‥
5月15日、31日と政府はロックダウンを段階的に緩和し、事業者は通常の稼働を認められました。しかし、感染者の増加し続ける状況は変わっていません。みな第二波を警戒していますが、政府は経済を優先させているようです。
サフィーでは、徒歩で通勤できるスタッフにのみ出勤を許可し、残りはテレワークで仕事を続けています。まもなく製品を出荷できると希望を持っています。支払いを受けられることが何よりも必要です。できるだけ早く準備できるよう、ベストを尽くします。
仕事を再開するにあたっては、ソーシャルディスタンスを守ることやマスクの着用、体温測定といったガイドラインを設けて守るようにしていますので、心配いりません。

代表 ロウィナ・アリンドガン・アントニオ

サフィーの詳細はこちら>

サシャ/ インド

地域の人たちに配るマスクをつくっているところ

✉‥∵‥∴‥∵‥
パートナーからこのような支援を得られることは、財政的な意味にとどまらず信義的にも、私たちのチームのモチベーションを高めこの困難に立ち向かうためにベストを尽くそうという決意を後押ししてくれます。

CEO ルーパ・メタ

✉‥∵‥∴‥∵‥
クラウドファンディングを行って私たちに支援金を送ってくださるということに、心から感謝いたします。
コロナウイルスの感染拡大と、さらにサイクロンの被害で苦境にある生産者にとって、とてもタイムリーな支援となります。
支援金の使い道については、情報をアップデートして報告いたします。

ディレクター スジャータ・ゴスワニ

サシャの詳細はこちら>

タラ・プロジェクト/ インド

✉‥∵‥∴‥∵‥
ピープルツリーとグローバル・ヴィレッジが、生産者パートナーを支援するために寄付プロジェクトを始めてくださり感謝しています。クラウドファンディングに多くのお客さまや支援者が協力してくださったと聞き嬉しく思います。
タラ・プロジェクトに$1,500の寄付金を送ってくださるという決定に、深く感謝いたします。このご寄付は私たちにとってとても大きな意味を持ちます。大変な状況にある生産者やその家族を支えることができるでしょう。これからタラ・プロジェクトが実施するさまざまな活動について、定期的に報告いたします。

ご存じの通りインドでは、状況は以前よりも厳しくなっています。ロックダウンが緩和され、人びとは生きていくために仕事に戻るしか選択の余地はありません。しかし同時に、貧しい人びとの多くが仕事を失ったままです。デリー(タラ・プロジェクトの活動拠点)やその他の大都市では日ごとに感染が広がっています。残念ながらコロナウイルスは今やデリーのような大都市で街中あちこちに広がっています。私たちがいる地域は感染拡大地域とされており、これまでに45万6千人の感染者と1万4千人の死者が出ています。検査件数は増えていますが人口が膨大なためとても十分と言えません。マスクの着用やソーシャルディスタンスを保つというルールを守らない人も多くいます。さらに、雨期に入って気温と湿度が上がり、マスクを着用するのも難しくなってきています。

タラ・プロジェクトの教育プロジェクトと生産者グループ2団体が活動しているバダルプールで、悲しいことに二人の犠牲者が出ました。一人は以前コミュニティーワーカーとして働いていたマンジュ、もう一人は教育プロジェクトで支援を受けていた少女ナンディニです。マンジュは心臓と甲状腺の疾患を持っていました。呼吸困難に陥って病院に運ばれ(そのために大変な苦労がありました)、多くの困難を経てようやく酸素吸入を受けられましたが、助かりませんでした。ほとんどの病院はコロナウイルスの感染患者であふれかえり、必要な治療を必要な時に受けられなくなっているのです。

酸素供給機器の不足と病院の定員オーバーの状況を見て、タラ・プロジェクトでは緊急時に酸素吸入ができるようバダルプールのヘルスセンターに医療機器を配備することにし、酸素濃度計、酸素ボンベ、酸素集結装置の3種類を手配しました。これで緊急時の患者の手当や、喘息などの呼吸器系の疾患を持つ人の助けになればと思います。

代表 ムーン・シャルマ

ヘルスセンターに納品された酸素キット


配給されたフードパック

タラ・プロジェクトの詳細はこちら>

パートナー生産者のこれから

5月下旬にはインド東部とバングラデシュを過去10年で最大級というサイクロンが襲い、暴風や強雨による土砂崩れなどで住宅や農作物に大きな被害をもたらしました。インドの西ベンガル州で80人以上、バングラデシュで20人以上が亡くなり、家や作物、土地に被害を受けた人は1300万人にものぼりました。
幸いにもパートナー団体の中で人的被害はありませんでしたが、西ベンガル州に職人グループがいるサシャから、10の職人グループで作業所や事務所の建物に被害があったとの報告を受けました。

日本でも大きな水害が続いていますが、インドやバングラデシュも雨季の真っただ中。いつまた大きなサイクロンが起きるかわかりません。

コロナウイルスの感染はますます広がり続けていますが、再びロックダウンで経済活動がストップすることはさらに大きな問題を引き起こします。
さまざまな脅威があるなかで、フェアトレードの生産者たちは懸命に仕事を続けています。

2か月以上のロックダウンで予定からはだいぶ遅れてしまいましたが、やっと新商品が日本に届き始めました。いつもと違う状況でたくさんの壁がありましたが、ようやく動き出すことができます。

今月下旬より少しずつ新アイテムをご紹介しながら、8月9月には新作コレクションが続々と入荷する予定です。
これからたくさんの方に商品をお届けすることで生産者パートナーとともにこの苦難を乗り越えていこうと思います。

たくさんの支援ありがとうございました。
ピープルツリーの新作、ぜひ楽しみにお待ちくださいませ。

----------------

生産者グループの近況や商品の入荷情報など、これからもInstagram、Facebook、Twitterで発信していく予定です。
ぜひご覧ください!
Instagramアカウント: @peopletreejp

Facebookアカウント : @PeopleTreeJPN

Twitterアカウント: @PeopleTreeJP


水曜日

10

6月 2020

新しい日常はたくさんの気づきをくれました―5月のフェアトレード月間を振り返って

Written by , Posted in ニュース, 生産者のこと

6月に入り、早いものでまもなく1年の折り返し地点。
きっと世界中の誰もが、試行錯誤の半年だったのではないでしょうか。

私たちピープルツリーにとっても、まさにそうでした。

毎年5月の第2土曜日は世界フェアトレーデー。
ピープルツリーにとって、とても大事な1か月です。
いつもなら、イベントやセミナーを開催し、フェアトレードの魅力を伝え、手に取ってもらえるよう全力で走り切ります。

でも今年はそれができません。
「できない」日常の中で、新しい「できること」を模索しました。
そして「今やらなきゃいけないこと」も。

そうして出てきた答えが3つのことでした。

✔ 私たち以上に苦しんでいる生産者をサポートすること
✔ 動き出すそのとき、生産者にたくさんの仕事をお願いできるよう、お客さまの声を聞くこと
✔ オンラインで多くの人にフェアトレードを伝えること

今日はそんな私たちの5月の挑戦をみなさんにシェアさせてください。

お寄せいただいた支援額は3,076,800円!
生産者パートナーを支えるためのクラウドファンディング

真っ先に考えたのは生産者のことでした。
日々連絡を取り合う中で、どんどん増える感染者と厳しくなっていく規制。
それは日本にいる私たちとは比べものにならないほど苦しい環境でした。

フェアトレードで手にした自立した暮らしに終止符を打ってはいけない。
再び仕事ができる日まで、どうにかして彼らの思いを支えたい。
そのための支援をできるだけたくさんの人に届けたい。
こうして私たちは、「今やらなきゃいけないこと」クラウドファンディングに挑戦することを決めました。

5月1日からグローバル・ヴィレッジとの連携でプロジェクトをスタート。数日のうちにたくさんのご支援をいただきました。
1週間後にはレディーフォーに切り替えてより多くの応援を呼びかけ、支援総額は2,147,000円に。目標の120万円を大きく上回ってプロジェクトは成立!6月5日23時に無事終了しました。

その額は合わせて3,076,800円、これまでピープルツリーが行った支援プロジェクトで最も大きな金額です。

これからそれぞれの活動報告や要望をもとに各団体への送金額を決定し、6月中に送金を実施いたします。詳しいご報告は7月上旬を予定しておりますので今しばらくお待ちください。

現地の状況はなかなか改善の兆しが見えず、サプライチェーンが正常化し、フルキャパシティで生産が再開できる見込みは全く立っていないというのが現状ですが、生産者パートナーからは力を合わせてがんばっている活動の報告や、応援してくださったみなさまへお礼のメッセージがたくさん届いています。

支援をお寄せいただいたみなさま、周囲の方に協力を呼び掛けていただいたみなさま、SNSなどを通じて情報の拡散にご協力をいただいたみなさま、本当にありがとうございました!

このクラウドファンディングを通じて、応援してくださるみなさまとパートナー生産者の思いに触れることができました。
フェアトレードの活動を絶やしてはいけない、生産者パートナーたちと共に必ずこの苦境を乗り越えてさらにフェアトレードを強固なものにしていこうと決意を新たにしています。
これからもどうぞ応援をお願いいたします。

よりよいモノづくりのために!お客さまの声を集めるアンケート


日常が戻ってきたら、生産者に必要なのは寄付ではなく仕事です。
たくさんの仕事を依頼すること。これが私たちの大事な使命です。
より多くの人にフェアトレードを知ってもらい、気に入っていただけるものを企画する。
そのために、お客さまの声を集めるアンケートを実施しました。
2週間ちょっとの短い期間でしたが、4000人ほどの方の声を聞くことができました。
本当にありがとうございました!

結果の中で、特に面白かったものをご紹介します。

Q.好きな手仕事は何ですか?
ピープルツリーはさまざまな手仕事を活かした商品をつくっています。
手仕事はその地域に伝わる技術の継承につながるだけでなく、雇用を生み出し、フェアトレードを支える大事な要素です。
そしてなんとも言えないそのあたたかさ、やさしさが、私たちは大好きです。

1番人気が高かったのは…

手刺繍でした!
服の胸元や裾、小物にアクセントとして施され、華やかに彩ってくれる手刺繍。
納得の第1位です。

ただその他の手仕事も人気で、接戦でした。
手染め、草木染めのアイテムは最近あまりつくられていないのに、第3位と大健闘!
4位と5位の手編みとハンドプリントも選んだ方もたくさんいて、手仕事ファンが多いことを嬉しく思いました。

これからも手仕事の魅力が存分に引き出されるものづくりを、生産者と一緒にしていきます。

Q. ピープルツリーの過去の商品で、再度販売してほしいものはどれですか?
今までたくさんのオリジナルアイテムをつくり、お届けしてきました。
オフィスに昔のアイテムを身に着けているスタッフがいると「懐かしい!これ可愛いよね!」と盛り上がることもしばしば。
そんな過去の人気商品をいくつかピックアップし、また販売してほしいアイテムを聞いてみました。

1位を獲得したのは…

手刺繍の日傘でした!

そして、本当に僅差で2位だったのが…
リサイクルサリーのスリッパでした。

どのアイテムも「欲しい!」の声をいっぱいいただいたので、生産者と相談し、再販を検討していきたいと思います。

そしてフリーメッセージの欄には、たくさんの応援やアイディアをいただきました。

「こんなものが欲しいなど、ご意見があればお聞かせください」という質問に対して、たくさんのアイディア!

「最後にご意見、ご要望、生産者へのメッセージなど、ご自由にどうぞ!」では、たくさんのあたたかい声

みなさまからのメッセージには、新たな気づきがたくさんありました。

スタッフみんなでひとつひとつ読ませていただき、これからのものづくりや情報発信にぜひ生かしていきたいと思います。
ご協力、本当にありがとうございました。

オンラインで初開催!フェアトレードの学校

いつもは自由が丘店にお集まりいただいていた「フェアトレードの学校」。
緊急事態宣言で店舗での実施が難しくなってしまったので、新しい「できること」としてオンラインで開催することにしました。

今だからこそフェアトレードについて語り合う場を!と考え、1回目は鎌田ありささん、2回目は末吉里花さんとインドからパートナー団体の代表をゲストにご登壇いただくことに。
慣れない進行で不安はいっぱい、実際にトラブルでご迷惑をおかけしながらでしたが、どこからでも参加可能なオンラインでは2回でのべ220名以上、日本全国どころか海外からもご参加いただけました!
これだけ多くの方に関心を持っていただいたことを、とても嬉しく感じました。

日本に住む私たちも、あたりまえに過ごしていた日常生活をいろいろと制限され、普通の毎日がどれほど「ありがたい」ことなのかを実感する日々。
こんなときだからこそ、自分たちのことだけでなく世界とのつながりを考え、お買いもので応援するという発想が身近になり、これまでの経済最優先なあり方を改めた新しい生き方、働き方を考える人たちが増えていると実感しています。

ゲストスピーカーのひとり、インドのタラ・プロジェクト代表のムーンさんは「今こそフェアトレードが重要です。すべての職人が尊厳をもって生き残るために、食料とある程度の収入を得られるように努力することが私たちの使命です」とおっしゃっていました。

顔の見えるものづくりで作り手たちの暮らしや将来をサポートするフェアトレードは、これからの「ニューノーマル」な価値基準にふさわしい取り組みのひとつだと思います。

6月のフェアトレードの学校は、アンケートで最も開催希望の多かった「入門編」をお届けします。
個別のテーマがある回ではさっとしかできない説明や、基本的な情報を、わかりやすく丁寧にお伝えする予定です。ぜひご参加ください!

お申込はこちら

新しい「できること」をこれからも

戸惑いからスタートしたフェアトレード月間でしたが、振り返ってみると、新しいアイディアや取り組みがたくさん生まれた5月だったと思います。
たくさんの人に支援していただき、声を届けていただき、参加していただきました。
離れているのに、人とのつながりを感じることができた、そんな1か月でした。

私たちの試行錯誤の日々はまだ続きそうですが、乗り越えた先の明るい未来を信じて、挑戦を続けていこうと思います。

たくさんのご支援、ご協力、本当にありがとうございました。

ピープルツリー
スタッフ一同


水曜日

3

6月 2020

「フェアトレードの達人たち」
はじめる、あきらめない、続ける、できることをやる、感謝する

Written by , Posted in ショップ情報

ピープルツリーの直営店はたった2店舗ですが、商品をお取扱いいただいているお店は、なんと日本全国に3000店舗以上。ウシのイラストで人気のチョコを扱う食品店や、手仕事や自然素材を活かした服や雑貨のセレクトショップなど、フェアトレードに共感したオーナーのみなさんに支えられて、ここまで大きくなりました。

5月のフェアトレード月間にSNSでお届けした「フェアトレードの達人たち」シリーズ。
まだフェアトレードも知られておらず、ピープルツリーもよちよち歩きだった頃からお付き合いいただいている方たちのインタビューをあらためてご紹介します。

Vol.1 「フェアトレード ラブランド」明石祥子さん

熊本をアジア初のフェアトレードシティ(しかも記念すべき1000番目!)に導いた「フェアトレードラブランド」明石祥子さん。
1993年にお店をオープンしてから、良いことも悪いことも、大変なことが次々と起こっても、「できるしこ(私にできること)」する。どんな時でもハチドリのように…。

人を惹きつける「強さ」と「温かさ」に誰もが魅了されてしまう。
そんな達人のお話をどうぞ!
「フェアトレード ラブランド」明石祥子さんのお話はこちら>

Vol.2 「フェアトレード・ショップ 風“s(ふ~ず)」土井ゆきこさん


3人の子育て真っ只中に偶然聞いた、東南アジアでバナナやエビの生産する人たちの過酷な暮らし。こんな誰にもありそうなきっかけから、夢に向かって真っすぐ歩んできた「風“s(ふ~ず)」土井ゆきこさん。

風の交差点がオープンしてから25年目を迎える今年、お店をスタッフに託して、「生涯現役」の達人はさらなる夢を追いかけます。フェアトレードへの思いはますます熱く…。
新しい挑戦の場、古民家カフェが再開されたら、ぜひ足を運んでみてください。

詳しくはこちらから!
「フェアトレード・ショップ 風“s(ふ~ず)」土井ゆきこさんのお話はこちら

Vol.3 「おいものせなか」新田史実子さん

ピープルツリーがまだグローバル・ヴィレッジだった頃から、長い長いお付き合いをさせていただいている岩手県花巻の達人、「おいものせなか」の新田史実子さん。
フェアトレードにとどまらず、さまざまな情報を発信し、地域から世界を変える活動を続けています。

詳しいお話はこちらから!
「おいものせなか」新田史実子さんのお話はこちら

定期的に発行される「おいものせなかだより」は紙いっぱいに新田さんの思いと耳寄り情報が綴られた、隅から隅まで手書きの通信とウラコラム。スタッフ一同いつも楽しみにしています。
フェアトレードやエシカルな暮らしについてネット検索で情報集めるなら、おいものせなか通信がおススメです。
「おいものせなかだより」はこちら

Vol.4 「INE(あいね)」原いね子さん


大阪でフェアトレードショップを始めて20年、「大変だったことはありません」とおっしゃるのは、フェアトレードとエコロジーの専門店「INE(あいね)」原いね子さん。

「これからやっていきたいことは?」と尋ねると、

「目標や目的は考えたことないかもしれません。」

「え?」

話を聞いていくと、お客さまや周りの方たちへの感謝の言葉が次々と。

感謝を忘れずに目の前のことを進めていく。シンプルにそれを続けてきただけ。
こんな時だからこそ、原さんの言葉が胸に刺さります。

とても謙虚で控えめな印象を受けるかもしれませんが、その行動は誰よりもパワフルです。
再開した百貨店で7月、8月、9月と立て続けにイベント出店を計画していると聞いてびっくり。
お近くにお住まいの方は、原さんのパワーをもらいにお店を訪ねてみてくださいね。

詳しい情報はこちらから!
「INE(あいね)」原いね子さんのお話はこちら

Vol.5 「グローバル・ヴィレッジ/ピープルツリー」村田薫さん


今年のフェアトレード月間を締めくくる最後のランナーは、グローバル・ヴィレッジの誕生から今日まで、ピープルツリーのすべてを知るわれらが村田薫さん。
創業者のサフィアやジェームズのメッセージはこれまでも何度かご紹介しましたが、その傍らで黒子に徹してきた彼女のお話は、いつも一緒に働くスタッフもなかなか聞く機会がなく…。

最終回のお話はこちら!
「グローバル・ヴィレッジ/ピープルツリー」村田薫さんのお話はこちら

「フェアトレードの達人たち」のお話はいかがでしたか?
5人の方に共通するのは、はじめる、あきらめない、続ける、できることをやる、感謝する。

今回のインタビューでじっくりお話を聞くことができて、私たち自身がとても励まされ、何かやってみよう、あきらめずにがんばろう、という気持ちになりました。

他にもご紹介しきれていない達人たち(もしくは未来の達人たち)が日本全国にたくさんいます。
今は遠くに行けない日々。ぜひ、お近くの達人を訪ねてみてください。
フェアトレードの手仕事、天然素材の商品を実際に手に取っていただきながら、達人たちとお話することで、次の何かのきっかけになるかもしれません。

ピープルツリー全国のお取扱店はこちら>

フェアトレードの情報や、生産者の話、アイテムのことをSNSで発信しています!
ぜひフォローしてください。

Twitterアカウント: @PeopleTreeJP
Facebookアカウント : @PeopleTreeJPN
Instagramアカウント: @peopletreejp


金曜日

29

5月 2020

「いつもの〇〇」をちょっと素敵に。
スタッフがおすすめする父の日ギフト

Written by , Posted in おしゃれ

こんにちは。
自由が丘店スタッフのイケダです。

もうすぐやってくる6月の第3日曜日。
父の日です。

何を贈ろうか?
毎年母の日のプレゼントより悩みます。

気が付けば何度も父の日を迎えていて、思いつくものは、既に贈ったものばかり。
あれこれ考えてみても、新しいアイデアが浮かんでこなーい。

ということで。
今年は、これまでにも贈ったことがあるものだけれど違いがある新しいもの!
をチョイスしてみることにしました。
みなさまのご参考になればうれしいです。

「いつものシャツ」を風合い豊かな手織りのシャツに

「お休みの日でもシャツを着てる!」そんなお父さんへのおすすめがこちら。


毎シーズン人気の定番素材、手織りのコットンヘンプを使ったメンズシャツは、さらりとして湿気を逃がすヘンプ麻と柔らかな肌触りのオーガニックコットンのいいとこどり。アイロンをかけずにざっくりと羽織ってもいい雰囲気です。
シンプルな形のシャツなのでボトムスを選ばないのもうれしいポイント。

メンズ・手織りコットンヘンプシャツはこちら

「いつものコーヒー、紅茶」を素材にこだわったフェアトレードに


おうちでの仕事が増えたお父さんには、あればあるだけ嬉しいほっと一息セット。

コーヒー派のお父さんには、利きコーヒーも楽しめそうな産地の違うコーヒーを2種と、一緒に楽しむドライフルーツのセットはいかがでしょう。
コーヒーは豆をひくところから!なお父さんにはもちろん豆もあります。
手軽においしいコーヒーを味わいたいお父さんにはお湯を注ぐだけのバッグもあります。

紅茶派のお父さんには、緑茶のような爽やかな味のダージリンとフレーバーティーに、ジャムを合わせてみるのはどうでしょう。
翌日に暑い予報が出ている夜は、寝る前に水出しアイスティーを仕込んでおけば、翌朝の目覚めの1杯が爽快です。
ジャムは紅茶に入れても、トーストやクラッカー、ヨーグルトに合わせても。

★おすすめコーヒーセット
フェアトレードコーヒー・レギュラー・粉・有機ペルー
フェアトレードコーヒー・レギュラー・粉・ラオス
フェアトレードドライフルーツ・プレダのマンゴー・100g
フェアトレードドライフルーツ・バナナ
4点で¥2,960(税抜き)

★おすすめ紅茶セット
有機ダージリンティー・ティーバッグ
有機フレーバーティー・ティーバッグ・オレンジ
フェアトレードジャム・ハイビスカス
フェアトレードジャム・パイナップル
4点で¥3,640(税抜き)

素材にこだわったフェアトレードの食品はこちら

「いつものインナー」をオーガニックコットンに

着心地にこだわるお父さんには、何枚あっても重宝するオーガニックコットンのTシャツにソックスやショーツを。

ソックスは、お仕事でも活躍する色・長さもありますし、ちょっとかわいいデザインのものも楽しいです。
こんなに柔らかく爽やかに着られるものたち。絶対喜んでもらえるはずです。
直接肌に触れるものだから、その心地よさをぜひ味わっていただきたいです。

★オーガニックコットンのインナーセット
オーガニックコットン・ベーシックTシャツ
オーガニックコットンストレッチ メンズ・ボクサーショーツ
オーガニックコットンソックス・ダブルドット柄
3点で¥5,800(税抜き)

オーガニックコットンのインナーはこちら

「いつものTシャツ」を家族お揃いに


小さなお子さまがいらっしゃるお父さんには…。

動物たちがいろいろなスポーツ選手になった楽しいイラスト!
大人用と子ども用があるので、お子さんとお揃いにすることもできますよ!
しかもこんなにかわいい!
お母さんも1枚手に入れて、ご家族みなさまでお揃いにするのも楽しいかもしれません。

オーガニックコットンどうぶつスポーツの大会シリーズはこちら

いかがでしたか?

オーガニック。
そしてフェアトレード。
お父さん、知ってるかなぁ。
これを機に教えてあげちゃいましょう。

今年はそんな会話をきっかけに、お父さんとのんびりお話してみましょう。

一緒に暮らしてる人は、お茶しながら。
離れて暮らしてる人は、ビデオ通話しながら。
お父さんとコミュニケーション。

お父さんはそれがきっと1番うれしい。
のではないかと思うのです。

他にもたくさん!父の日のおすすめギフトはこちら>

父の日だって、ラッピング無料です!


父の日キャンペーン
今ならラッピングが無料です。
オンラインショップでは、5月29日(金)〜6月17日(水)まで無料でラッピングいたします。
配送に時間がかかる場合もありますので、お早めにどうぞ。
直営店では、6月21日(日)父の日当日まで承っています。

使っているのはバングラデシュの女性たちがひとつひとつ手仕事で仕上げた心温まるハンドメイドペーパー。
これもピープルツリーのこだわりです。
ぜひこの機会に感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈ってみませんか。

※ご自身でラッピングするラッピングセットはキャンペーン対象外となります。
※ラッピングバッグは写真とデザインが異なる場合がございます。
※なくなり次第、終了となります。


火曜日

28

4月 2020

大切なことってなんだろう。
白いTシャツのメッセージに込めた思いは…

Written by , Posted in おしゃれ

みなさま、お元気にお過ごしでしょうか。
ピープルツリーのオフィスでも最近テレワークを取り入れ、自宅勤務が続くスタッフのミナクチです。
お家にいる時間が増えたものの、TVでは連日COVID-19一色。
医療の現場で働く方々の状況も伝えられる中、ミナクチ個人なぞに何ができるのかと考えてしまいました。

そんな気分の週末にレディー・ガガが呼びかけたライブ「One World: Together At Home」を観て、すっかり頭の中はチャリティーモードに。
参加アーティストがすべて自宅からのビデオ参加というのに驚きましたが、番組内で曲と曲の合間に発せられる、本当に厳しい状況の最前線で働いている医療スタッフの方々の力強い言葉に心が揺さぶられました。
番組内では、医療現場以外の、物流やスーパーマーケットなど社会の機能を維持するためにリスクを冒しながら働いている方々も取り上げられています。

このライブから感じられたのは、出演者それぞれが発するメッセージの大切さだと思いましたが、
ピープルツリーにも、メッセージに思いを込めたアイテムがあります。

COME TOGETHER つながっていこう

現在、WebやSNSでは人と人をつなぐムーブメントが盛り上がり始めています。
ひとつの曲をそれぞれが歌ってリレーしたり("Imagine"や"上を向いて歩こう")、オリジナルの曲に「思いを込めて」動画を追加したり。

特徴的なのは、有名ミュージシャン同士のコラボではなく、世界中どこからでも、だれでも参加できること。
こんな状況だからこそ、多くのひとが参加することで、曲に込められたメッセージがさらに、そして新しい意味も加わって胸に響きます。

2020年の春夏コレクションでピープルツリーが選んだメッセージは…

ビートルズのあの名曲"Come Together"から、背中にちょっと小声で「カム・トゥギャザー」

フェアトレードを通じて人と人がつながって、みんなでよりよい未来へ、という思いを込めました。
このTシャツを企画したときはこんなことが起こるなんて想像もしませんでしたが、
いつどんな時でも、みんなで考えて、みんなで良くなる、ということが大切だと改めて感じます。

カム・トゥギャザーオーガニックコットン天竺メッセージTシャツはこちら>

ALL YOU NEED IS LESS 本当に必要なものは…


続いても名曲"All You Need Is Love"の「Love」を「Less」に変えて、
「"より少なく"こそが必要だ」

さすがJohnの名曲、たったひと言替えただけでもイメージが広がります。

実はこの"All You Need Is Love" は、1967年に世界初の衛星中継のTV番組内でレコーディングされた曲です。
当時はもちろんインターネットも存在しない、まだ白黒ブラウン管TVの時代。
日本も含め24ヵ国(31ヵ国との記述もあり)で同時放送された番組を観たひとが感じたであろう「世界中とつながることができる」という一体感は、さぞ強烈な印象を残したと想像します。

たくさんのものは必要ない、本当に大切なものって何だろう。
ピープルツリーはそんな思いでこのメッセージを選びました。

例えば、あなたも大切なものを思い浮かべながら、
"All You Need Is Love"を言い換えてみてはいかがでしょう。

難しく考えすぎないところがJohnらしい、原曲の流れはこうです。
無理だと感じてしまうことがいくらあったとしても… という内容の歌詞に続いて

"It's easy.
All you need is ( ), all you need is ( ), ( ) is all you need."

「簡単なことさ」
「"家族"こそが必要だ」
「"友だち"こそが必要だ」
「"思いあう"こそが必要だ」
「"つながる"こそが必要だ」……

あなたは、どんなメッセージにどんな思いを込めますか?

オール・ユー・ニード・イズ・レス オーガニックコットン天竺メッセージTシャツはこちら>

GWにおススメしたい 大切なことが見つかる映画

最後にもうひとつ。
少しずつ暖かくなってきて、週末くらいは外出したいと思っても、今は我慢の時。
世界中の人たちが自分にできる何かを探している今、お家にいる時間が増えた方に(もちろんそうでない方にも)ぜひ観ていただきたい映画をご紹介します。

先週の記事でお伝えした、ドキュメンタリー映画『ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』の日本語版を配給するユナイテッドピープルの代表、関根健二さんに作品を選んでいただきました。

ちなみにユナイテッドピープルは、世界中の様ざまな問題を扱ったドキュメンタリーなど、通常の上映ルートでは扱われにくい映画を配給する、私たちと志を同じくする(とミナクチが勝手に絶賛している)会社です。

『ポバティー・インク ~あなたの寄付の不都合な真実~』

タイトルを直訳すると「貧困株式会社」。
営利目的の開発業者やNGOが巨額の「貧困産業」を生み出し、善意の寄付や援助が逆に途上国の自立を妨げている現実を伝えるドキュメンタリーです。

貧困削減に向けて活動する人びとの国際的連携を目標とするプロジェクト「ポバティーキュア」の創立者であるマイケル・マシスン・ミラー監督は、あの人もあのブランドも、バッサリ一刀両断で「NO」。
ちょっとショッキングな内容かもしれません。

予期せぬ困難に陥ってしまった人たちを救うための寄付はとても重要なものですが、
危機が去った後に必要な支援とは何か、仕事を持ち自立することがいかに大切かを考えさせられます。
ぜひ『ザ・トゥルー・コスト』と同時に観てほしい作品です。
公式サイトはこちら>
DVD購入はこちら>

このほかにもピープルツリーの理念と共感する作品をいくつかおすすめいただきました。
ゴールデンウィークは映画三昧!普段とはちょっと違ったドキュメンタリー作品もぜひ楽しんでみてください。

『ダムネーション』 役立たずのダムを取り壊せ
すべては川の自由のために。常識を覆した挑戦者たちのドキュメンタリー。
パタゴニアの創業者、イヴォン・シュイナードが製作責任者を務めたこの作品は、
新しい未来をつくりだす希望の光を見せてくれます。
公式サイトはこちら>
DVD購入はこちら>

『幸せの経済学』 今、問われる幸せとは?真の豊かさとは?
人や自然とのつながりを取り戻す暮らし方を探るドキュメンタリー。
本当の豊かさとはなにか?の答えがみつかります。
公式サイトはこちら>

『パワー・トゥ・ザ・ピープル ~グローバルからローカルへ~』 人びとに力を!人びとに電力を!
オランダで再生可能エネルギー普及に取り組む活動家をはじめ、様々な市民の取り組みを紹介する、自然エネルギー業界ではバイブル的なドキュメンタリー。
持続可能な地球に挑戦する人びとの姿が私たちに勇気や力を与えてくれる、明るいビジョンに満ち溢れた作品です。
公式サイトはこちら>

もどかしい日常から少し離れて、心と体にしっかり休養を。
そして世界中に思いを馳せて疲れた心にパワーチャージ。
よい休日をお過ごしください。


水曜日

22

4月 2020

おうちから贈るありがとう
スタッフがおススメする母の日ギフト

Written by , Posted in ニュース

こんにちは。
自由が丘店スタッフのイシカワ&イケダです。

朝晩冷える日もありますが、空は青く、風は清々しく、心待ちにしていた季節がやってきました。
あちこち出かけたい場所を思いながら、今はおうちの時間を出来るだけ楽しく快適に過ごしたいですね。

さて、来月5月10日は、母の日 です。
今年は何を贈ろう?

お母さまもおうちで過ごす時間がぐっと増えていることと思います。
だからこそ、いつもの日常を心地よくするピープルツリーならではのギフトをご提案します。

「心地よい朝」を贈ろう

春らしい色のストールや、おんなゴコロをくすぐるキュートなプリントの小物など、
いつも人気アイテムに加えて、いまだからこそのおススメは…

「心地よい朝」を贈ろう

朝が素敵なら、その日はきっと楽しい1日になります。

提案その1 「すっきり目覚めるには ぐっすり眠ること」


SLOW ORGANIC オーガニックコットン男女兼用パジャマ

そんなわけで、まずおススメしたいのがパジャマです。
オーガニックコットン100%で、とにかく肌ざわりが柔らかいのです。
パジャマはちょっと… という方には、同じ肌ざわりのピローケース、シーツや掛け布団カバーをどうぞ。
てろんとしたしっとり生地に包まれると、とても贅沢な気持ちになります。


SLOW ORGANIC オーガニックコットン手織りワッフル フェイスタオル

ワッフル地のタオル類も使うほどに柔らかく馴染んで愛着がわきます。
洗顔後にこの使い心地は最高です。

提案その2 「起きたらすっきり、気分の上がる服」


&Organic 半袖ワンピース

「&Organic」はオーガニックコットン100%、肌ざわりも着心地もたまらなく優しいシリーズです。
リラックスデザインでふわりと揺れるワンピース。
シンプルなデザインだからこそスラブ生地の風合いを楽しめます。
おうちウエアもきれいな色で。
気分はきっとあがります。

提案その3 「さあ、とっておきの朝食を」


フェアトレードの食品

そして朝ゴハンです。
簡単にできて、楽しいオリジナルシリアルはいかがでしょう。
シンプルなシリアルにドライフルーツをプラスするだけで、見た目も味も栄養も、食欲も!
ぐーんとアップするはずです。

ドライフルーツはそれぞれのフルーツの味と栄養素がぎゅぎゅっと濃縮されたもの。
パッケージを開けるとフレッシュなフルーツと同じ香りが、より濃厚に感じられます。
そして噛めば噛むほどに、濃くて力強い、本来の味がします。

朝食をのんびり楽しんだら、オーガニックのコーヒーや紅茶を味わいながら、
今日1日家で楽しめることをあれこれ企んでもらいましょう!

そんな風に、おうちの時間が、いつもの朝が、わくわくするような時間だったら。
それがお母さんの朝だったら。

贈る側にとっても、きっと素敵な1日がはじまります。

お母さんと一緒に暮らしているみなさまも。
お母さんと離れて暮らしているみなさまも。

照れずに感謝を伝えましょう!
HAPPY MOTHER'S DAY!

他にもたくさん!母の日のおすすめギフトはこちら>

母の日キャンペーン!いまならラッピングが無料


ピープルツリーの直営店では、お母さまにもフェアトレードをという思いから、母の日のギフトにはラッピングを無料とさせていただいていました。
今年はお客さまをお店でお迎えできなくなってしまい、とても残念に思っています。
お店で取り組んでいたことをできるだけ続けよう!ということで、今回は4/22(水)から5/6(水)まで、オンラインショップでのお買いものも無料でラッピングいたします。
配送に時間がかかる場合もございますので、お早めにどうぞ。

使っているのはバングラデシュの女性たちがひとつひとつ手仕事で仕上げた心温まるハンドメイドペーパー。
これもピープルツリーのこだわりです。
ぜひこの機会に、感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈ってみませんか?

※ご自分でラッピングするラッピングセットはキャンペーン対象外となります。
※写真はイメージです。花束とタグについている赤い飾りはつきません。
※ラッピングバッグは写真とデザインが異なる場合がございます。
※なくなり次第、終了となります。


金曜日

3

4月 2020

ピープルツリーから大切なみなさまへ

Written by , Posted in ニュース

あたりまえに過ごしていた日常が、みるみるうちに姿を変えています。
突然あらわれたカタカナ用語、テレビに映る人がいない街。
毎日流れてくる世界の国々のニュースに、先の見えない不安が心に重くのしかかる日々。

私たちひとりひとりにできることは少ないけれど、とてもシンプルです。
Stay Home, Live Fair
家にいること、そして豊かに暮らすこと。

ピープルツリーは、みなさまの時間が少しでも楽しくなるようなお手伝いができればと思っています。
不安な毎日にほっとできるようなひとときを。
疲れた心が元気になるような安らぎを。

そしてもうひとつ、忘れてはならない使命が生産者パートナーを支えること。

インドやバングラデシュ、ネパールでは都市封鎖によって外出が厳しく制限されているため、仕事ができない状態が続いています。
貧困の中で一生懸命働いて生活をしている人たちが仕事を失うことは、日本に住む私たちとは比べものにならないくらい大きなことです。

いつかこの事態が終息して、彼らがふたたび仕事ができるようになった時のために、ピープルツリーに今できることは、できる限り「いつもどおり」に。そして、絶対に「止まらない」こと。

こんな時だからこそ、自分にとっていちばん大切なこと、みんなにとって本当に必要なことが見えてくる。新しいアイディアや取り組みを考えていきたいと思います。

みんなで苦難を乗り越えた先に、よりよい社会とすばらしい未来があることを信じて。

ピープルツリー
スタッフ一同


水曜日

4

3月 2020

150cmのスタッフがお届けする、小柄さん向けスタイリング

Written by , Posted in おしゃれ

こんにちは。
自由が丘店スタッフのイケダです。
身長150cmです。
小さめスタッフがゆったりデザインや丈長めの新作を着るとどんな感じになるのか?をお届けします。


dress:手織りコットンストライプピンタックワンピース

Mサイズで身丈が121cmありますが、身長150cmでもかわいく着られます!
くるぶし辺りの長さです。
マキシ丈になり、エレガントな着こなしになります。
歩くと柔らかな手織りの生地がふんわりと揺れて、わくわくする着心地です。


tops:手織りオーガニックコットンヘリンボーンボクシーシャツ
bottoms:Lee・オーガニックコットンデニム メンズ・ヴィテージテーパード

けっこうゆったりサイズのトップスです。
柔らかな手織り生地が優しい印象です。
ボトムスには反対にかっちりとしたデニムをあわせて、ロールアップし、足元をコンパクトにしてみました。


dress:オーガニックコットンプランツ&ドットドレス

こちらはワンサイズで総丈117.5cm。
ウエストマーク用に共布リボンがついています。
そのまま両サイドのループを通して巻くと、
リボンが腰骨あたりにくるので、残念なスタイルなりますが、
ループを使わずに自分のウエストで結ぶと・・・
きれいに着られます。


実際のウエスト位置(ループの位置)と、150cmのウエスト位置はこちら。


dress:フロントオープンシャツドレス

少しくすんだブルーがきれいなテンセル素材のワンピース。
ワンサイズで身丈は120.5cmです。
両サイドに2本ずつのリボンが縫い付けてあります。
こちらも小柄さんには難しい位置です。
なので、結ばずにそのままたらして遊ばせます。


tops:オーガニックコットン裏毛プルオーバーパーカー
bottoms:コットンハニカムフラワー柄タックパネルスカート

上下ともにふんわりシルエットです。
トップにボリュームがある場合は、ボトムをコンパクトにしたくなりますが、スカートもボリュームのあるものを選んだ方がバランスをとりやすいこともあります。

---------------------------

小柄な皆さん。
ピープルツリーのお洋服の印象ってどうですか?
ピープルツリーで働く前のわたしは、全体的に大きいなぁーと、最初から諦めていました。
働き始めて、いろいろ着てみて、わかったことがあります。
あれ?
思っていたよりも着こなせる・・。
小柄だからって諦めることないぞ!
小柄だからこそのシルエットが楽しめる!

デザインがふわふわとしていて、いかにも大きそうであっても、着てみるとかわいいものがたくさんあります。
ぜひお試しください!

直営店の情報はこちら>
自由が丘店のTwitterはこちら>
立川高島屋S.C.店のTwitterはこちら>

春の新作はこちら>


水曜日

5

2月 2020

大人の日常着に心地いい手織りのコットンを

Written by , Posted in おしゃれ

こんにちは、通販のオバナです。
いつも人気の手織りコットンシリーズ、今シーズンも素敵な新作が届きました。

手織りならではの心地よさを日常に





人気の理由は手織りならではのコットンの肌触りと柔らかさ。
今シーズンは春夏らしい涼感のあるストライプ柄と一見シンプルな中に表情があふれる無地ヘリンボーン柄の2柄をご用意しました。
どちらもコーディネートが楽しみな生地ですね。


届けてくれたのはバングラデシュの生産者団体「バングラデシュ・デヴテック・アソシエイツ」。
2000年に地元NGOとして設立された団体で、職人たちに手織りや縫製の仕事を提供するとともに、ヘルスケアや教育、貯蓄計画のサポートなども行っています。質の高いものづくりを通して、手仕事や伝統技術の継承を目指しています。

着まわしやすさがコーディネートを楽しくさせる


tops:手織りコットンストライプギャザートップ
skirts:手織りコットンストライプタックスカート


tops:手織りコットンストライプギャザートップ
skirts:手織りコットンストライプタックスカート

同シリーズのセットアップなら手軽に簡単コーディネート♪
さっと合わせただけで上品なカジュアル感にまとまりますね。


tops:手織りコットンストライプギャザートップ
pants:Lee・オーガニックコットンデニム ワイドパンツ


tops:手編みケーブルニットセーター
skirts:手織りコットンストライプタックスカート


tops:手織りオーガニックコットンヘリンボーンボクシーシャツ
pants:Lee・オーガニックコットンデニム ルーズテーパード

手織りコットンの素材感と相性の良いデニムや手編みニットとの組み合わせ。
トップスとボトムスのボリュームのバランスが着こなしのポイントですね♪

---------------------------

いかがでしたか?
ちょっと面倒な毎日のコーディネートも心地よい着まわしやすいものを選べば楽しくなります。
素敵なコーディネートは日々の生活にちょっとしたハッピーを運んでくれます。
みなさんもぜひ、コーディネートを楽しんでくださいね!

手織りコットンシリーズはこちら>
春の新作はこちら>