The days...

ピープルツリーの日々のこと

ニュース Archive

水曜日

11

5月 2022

5月14日(土)「世界フェアトレード・デー」、 今年のテーマは「Climate Justice(気候の公平性)」

Written by , Posted in ニュース

5月14日(土)「世界フェアトレード・デー」、 今年のテーマは「Climate Justice(気候の公平性)」

毎年5月第2土曜日は「世界フェアトレード・デー」。今年のテーマ「Climate Justice(気候の公平性)」に合わせて、人だけでなく環境も守る、ピープルツリーのものづくりの方法についてご紹介します。

「Climate Justice(気候の公平性)」とは、なんでしょう?

SDGs (Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標)が注目され、人の営みと自然環境が持続的に調和していく方法を意識する企業が日本でも増えてきました。

気候変動は、先進国に暮らす人々が化石燃料を大量消費し、大量生産・大量廃棄を前提とした経済システムによって引き起こされ、今も続いています。一方で、被害を被っているのは、化石燃料をこれまであまり使ってこなかった途上国であることが多いのです。こうした「不公平」の責任を取って、国際的に協力し合って気候変動対策をしていこうというのが、「気候の公平性」です。

気候変動による被害は、生態系の危機にとどまりません。自然災害によって住む場所や仕事を失ったりするなど、今や気候変動問題は人々の生活を脅かす「人権問題」であると考えられています。

生産者から寄せられた、身近にある気候変動の危機

2022年5月14日(土)のイベントに先駆け、いくつかの生産者グループに「気候変動による影響」について質問しました。すぐさま回答があったことからも、日ごろから影響を受け、危機感を肌で感じている様子がうかがい知れました。

例えば、インドで天然石などのアクセサリーを生産するタラ・プロジェクトからは、こんな報告がありました。

「以前は水が簡単に手に入りましたが、ここ数年で、水は商業的な商品となりました。近年、私たちの活動地域を含む多くの地域で、洪水や干ばつなどの自然災害が増加しています。今シーズンは灌漑用水が足りず、作物を失ったばかりです。土壌が弱っているため、収穫量も減少しています。化学物質の多用により、土壌が枯れつつあります。
また、気温の変動が激しいため、私たちの健康や労働に影響が出ています。昔に比べて、病気になることが多くなりました。」

このほかの団体からの報告は、14日のイベントで紹介する予定です。

自然災害の影響は、地理的条件によって大きく異なります。が、もともとインフラが整っていないことで被害が甚大になったり、復旧に多くの時間がかかってしまいます。そもそも資金力を持たない途上国や、そのコミュニティでは、自然災害の影響はより深刻です。

こうした状況をどのように変えていったらよいのでしょうか? それには今の大量生産・大量消費・大量廃棄を前提とした経済システムの見直しが必要です。人と地球にやさしい、持続可能なものづくりをしているフェアトレードの精神が、ヒントになるでしょうか。

「ピープルツリーのものづくり」

地元で入手しやすい天然素材を活かし、手仕事を多用した生産をすることで、人と地球環境にやさしいものづくりを行っています。

現在5月25日まで毎週更新しているピープルツリーの「ものづくりストーリー」のページで、それぞれの手法や生産者たちについてご紹介しています。ぜひご覧ください。

♯1 手織りの服
インドやバングラデシュの伝統技法を
用いた手織りの生地でつくられています。
♯2 手編みのニット
ネパールの編み手さんが、ひとつひとつ
丁寧に編んだ手編みのアイテム。
♯3 ブロックプリントの服
手彫りした木版で繰り返しスタンプして
つなげた模様の生地を使っています。
♯4 手刺繍の服
ひと針ひと針、手仕事で丁寧に
細かい刺繍がほどこされたアイテム。

 

「フェアトレード&オーガニック」が推進すること

ピープルツリーでは、手仕事を大事にすると同時に、その地方で入手しやすい天然素材、しかもできるだけオーガニックなものを使っています。フェアトレードはビジネスの仕組み、オーガニック(有機栽培)は農法なのでジャンルは異なりますが、共に人と地球にとってサステナブルな社会を目指す活動です。

ピープルツリーは創設当初からコットンをはじめオーガニックな素材にこだわってきました。

※詳しくは、「ピープルツリーのオーガニックコットン ~ゼロから始めたストーリー
もご覧ください。

ヨーロッパでは、新型コロナ危機からの復興・成長戦略として、温室効果ガス排出が実質ゼロとなる「気候中立」を達成するという目標を掲げ、そのためにも有機農業支援を積極的に進める方針です。(欧州グリーン・ディール) ピープルツリーが30年前から信じて活動してきたことが、今、世界の「先進的な取り組み」として進められています。

ピープルツリーのパートナーグループがある国々では、多くの生産者自身や地域の人々の暮らしが農業と深くつながっています。そのため、持続可能な発展を目指すフェアトレードでは、原材料の生産のみならず、生産者団体が持続可能な農業の推進に取り組んでいることも多いのです。

 
例えば、バングラデシュで手織りや刺繡の洋服を生産するタナパラ・スワローズでは、3400人の農家を組織して、3か月ごとに有機栽培の研修も重ねています。化学肥料や殺虫剤をなるべく使わず、コンポスト(堆肥)などできるだけ自然な方法に取り組んでいます。

この地域で盛んに栽培されているレンズ豆が、ここ数年の異常気象によって花が咲く前に枯れてしまっていました。ところがスワローズが支援して、土壌改良をしたり自然肥料を使ってきた農家の畑では、レンズ豆が枯れなかったそうです。

フェアトレード商品を買うことは、その商品をつくった生産者を支援するだけでなく、その家族や地域はもちろん、地球規模に広がる、健康的で持続可能なライフスタイルをサポートすることに繋がります。

 

イベントに参加しよう!

上記のほかの生産者から寄せられた事例を含めた気候変動の影響について、そしてピープルツリーのものづくりとオーガニックへのこだわりについても、イベントではさらに詳しくお話をしたいと思います。ぜひご参加ください!

お申込&詳細はこちら >>

 

「アンケートにご協力のお願い」

ピープルツリーでは、これからも生産者やみなさまと共に歩み続けるため、5月19日までアンケートを実施させていただいています。ぜひお声を聞かせてください!
最後までアンケートに答えてくださった方には、食品以外が全て15%OFFになるキャンペーンコードをプレゼントさせていただきます。

【15%OFFコードプレゼント】フェアトレードのアンケートにご協力をお願いします。アンケートはこちら >>
※15%OFFは、コーヒー・ティーを含む食品アイテムのみ対象外となります。
回答期限:5/19(木)まで

 

ピープルツリー2022年春夏の新作はこちら >>

水曜日

20

4月 2022

ファッションレボリューションウィーク2022
フェアトレードファッションという選択肢 ~タナパラ・スワローズ~

Written by , Posted in 生産者のこと, ニュース

4月24日(日)は、ファッションレボリューションウィークの最終日。
9年前にバングラデシュの首都・ダッカ近郊で8階建てビル「ラナ・プラザ」が崩壊し、縫製工場で働いていた1,100人以上が犠牲となった日。そしてこの事故をきっかけとして、1年後にファッション産業の透明性を高めるキャンペーンが始まった日でもあります。

ピープルツリーではこの日、ファッションが人や地球に与えてきた影響と、フェアトレードファッションという選択肢について考えるオンラインイベントを実施します。

フェアトレードは、大量生産・大量消費・大量廃棄を前提とする経済の対局にあります。
生態系を壊さない自然素材や、手仕事や伝統技術を活かしたものづくりを大切にし、つくり手とは単に商品の取引にとどまらず、共に課題に取り組み地域の発展を目指す長いパートナーシップを築きます。

バングラデシュの「タナパラ・スワローズ」は、ピープルツリーと20年以上に渡りパートナーシップを続けている生産者パートナー。
小さな農村で、手織りの生地をつかった製品づくりを通じて女性達の収入の機会をつくりながら、子ども達の教育や貧困家庭の支援などさまざまな社会活動を行っています。

バングラデシュ北西部を流れるガンジス川のほど近くに位置する美しいタナパラ村は、1971年の独立戦争時に戦場となり、民兵として戦った多くの男性が虐殺されました。貧困と絶望の中にある家族を救うため「タナパラ・スワローズ」は誕生しました。

タナパラ村のはずれを流れる美しいガンジス川の支流

ゆったりした時間が流れる村の暮らし


 

現在代表を務めるライハン・アリさんは、当時子どもだったため難を逃れ、組織の活動と共に歩んで来ました。24日のイベントではオンラインでタナパラ村とつなぎ、ライハンさんからタナパラ・スワローズの歩みとさまざまな社会活動、ピープルツリーとのパートナーシップについてお話いただきます。

タナパラ・スワローズの敷地内で運営されている小学校
村の貧しい家庭の子ども達が無料で通うことができる

 

また、2005年からタナパラ・スワローズで働き、現在生産部門を統括するサントゥ・ハクさんに、生産現場の様子を紹介してもらいます。

生地を織るための糸の準備


通常は男性の仕事とされるはた織りを女性たちが担う


バングラデシュの伝統技術でもある手刺繍

2020年6月、コロナ禍で生産活動に影響を受けた生産者パートナーにピープルツリーの母体NGOグローバル・ヴィレッジから支援金を送り、タナパラ・スワローズでは感染対策の一環として工房で着用するユニフォームを作成しました。

タナパラ・スワローズにて
右から二人目がライハンさん、
左から二人目がサントゥさん


 

ピープルツリーからは社長で共同創設者のジェームズ・ミニーと、母体NGOグローバル・ヴィレッジ代表の胤森なお子が登壇します。

イベントの詳細、お申込みはこちら>>

タナパラ・スワローズのアイテムはこちら>>

ファッションレボリューションの特設ページはこちら>>

水曜日

13

4月 2022

2022年春夏ムーミン×ピープルツリーのコラボ第2弾!夏に活躍のカットソー素材&プリントTシャツが登場!

Written by , Posted in おしゃれ, ニュース

2022年春夏ムーミン×ピープルツリーのコラボ第2弾!夏に活躍のカットソー素材&プリントTシャツが登場!

人気のムーミン×ピープルツリーのコラボレーションシリーズ。2022年春夏コレクションの第2弾として発売した、夏にぴったりなカットソー素材のアイテムやTシャツを一挙にご紹介します♪
ぜひチェックしてお気に入りを見つけてくださいね!

グラフィカルなプリントのシリーズ

グラフィカルなフラワープリントの中に、おてんばなリトルミイのシルエットをカムフラージュしたユニークな柄を、柔らかくさらりと着心地の良いオーガニックコットンのカットソー生地にプリントしたシリーズです。

花柄のモチーフの中に、よく見るとさりげなく隠れるリトルミイのシルエットは、まるでお花畑の中でかくれんぼしているような、可愛らしいデザインです。
総柄ですが、深みのあるブルーのベースなので、落ち着いた印象で着られます。まずは、フレア感を出した袖と裾のデザインのカットソーです。写真のように明るいカラーのパンツやスカートに合わせれば、一気に春気分♪
ストレートや細身のデニムにも相性がいいシルエットです。シンプルイズベストな王道の一枚です。
ムーミンOCミー&フラワープリントフレアトップはこちら >

続いて、イージーに着られて1枚でスタイリングが決まる便利なドレス。便利なポケット付きです。ワイド幅のゆったりシルエットなので、日常から旅先までリラックスしたいときに着たいアイテムです。
ムーミンOCミー&フラワープリントイージードレスはこちら >

フレアスカートは、巻きスカート風のちょっと凝ったデザインです。
ウエストは幅広のゴム使いでトップスをインしてもすっきりと着られます。
裾は大きくたっぷりと広がるデザインで足さばきも良く、動くたびに素材の気持ちよさを感じます。
ムーミンOCミー&フラワープリントフレアスカートはこちら >

お揃いの生地でヘアバンドもご用意しています。ボリューム感があって、ショートにもアップスタイルにも合うヘアバンドです。
ムーミンOCミー&フラワープリントヘアバンドはこちら >

シックなモノトーンの大人可愛いプリントTシャツも登場♪

夏に活躍する頻度が増えるプリントTシャツは、何枚あっても重宝します。今シーズンは4つのイラストをセレクトして、どれも欲しくなるスタイリッシュなモノトーンのプリントTシャツに仕上げました!
まずは、後ろ裾を長めに取りスリットを入れたTシャツ。今っぽい抜け感が出る1枚です。

旅立つスナフキンの後ろ姿、コミカルな表情のムーミントロールをプリントしました。
側面にはざっくりスリットが入っていて、後ろ裾が長めのデザインです。
続いて、ドロップショルダーでルーズなスタイルが決まるビッグTシャツ。

エコホワイトは前にムーミンハウス、ブラックは背面に箱入りのリトルミイをプリントしました。
繊細なラインで描かれたシックなムーミンハウスはなんだか趣があります。
後ろ姿をとびきりキュートにしてくれる箱からのぞくリトルミイも、きゅんとしますね。

すべてのムーミンオーガニックコットンTシャツはこちら >
いかがでしたか?

ほかにも、華やかな春色のお洋服や雑貨が続々と入荷しています!
2022年春夏のさわやかな新作アイテム、ぜひチェックしてくださいね。ムーミン×ピープルツリーのコラボレーションはこちら >

2022年春夏の新作アイテム一覧はこちら >

水曜日

6

4月 2022

英国ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館とのコラボレーションから、美しいブロックプリントのシリーズをご紹介♪

Written by , Posted in おしゃれ, ニュース

英国ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館とのコラボレーションから、美しいブロックプリントのシリーズをご紹介♪

だんだんと暖かい日が増えてきて、春の訪れを感じます。
肌寒い日もありますが、レイヤードのおしゃれを楽しめるのも今の季節ならでは。

今シーズンも各国の生産者パートナーから、2022年春夏の新作アイテムが続々と届いています。

本日は、そんな新作アイテムの中からロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)とのコラボから生まれた、美しいブロックプリントのシリーズをご紹介します。

ブロックプリントとは、手のひらくらいのサイズの木版を色ごとに手彫りして、ひとつひとつ柄を合わせながらプリントしていく技法。ずれることなく柄を描いていく為には、熟練の技術が必要です。

職人さんが丁寧に時間をかけてプリントした生地は、機械プリントの均一な仕上がりと異なり、ところどころかすれやインクの濃淡があり、手仕事ならではの味のある風合いが楽しめます。

今シーズンのブロックプリントのシリーズには、数ある魅力的なV&A所蔵のテキスタイルから、スコットランドの芸術家、ブルース・ジェームズ・タルバートの2つのデザインをチョイスしました。

タイムレスで美しいテキスタイルをインドの職人さんの丁寧な手仕事で、この春夏大活躍間違いなしのアイテムたちに仕上げました。

「ペアーズ&チェリーズ」


2種の果実をカラフルに描いた「ペアーズ&チェリーズ」は、1880年ごろデザインされた内装用テキスタイルをアレンジしています。原図はシンプルなラインが特徴的で、それを美しく生き生きとしたパターンに仕上げました。

フローラルタイル


連続する幾何学柄が印象的な「フローラルタイル」。こちらもV&A所蔵のスコットランドの芸術家、ブルース・ジェームズ・タルバートのデザインから。19世紀後半の壁紙やテキスタイルに使われたデザインをアレンジし、涼しげな色合いに仕上げました。

まずは、アパレルのアイテムをご紹介します。

ブルー×ブラックのクールな印象の「フローラルタイル」と、イエローの葉っぱにブルーの果実をつけた爽やかな「ペアーズ&チェリーズ」の2つの柄を、さらりと軽いサテンの生地にプリントしました。

自然なフレアのシルエットでゆったり着 られるブラウス。ワイドパンツやフレアスカートにも、タイトなボトムスにも合わせやすい、幅広いボトムスに合わせやすいデザインです。袖と裾がゆったりと広がり、ふんわり風を孕むシルエット。二の腕をしっかりカバーしながら、夏も涼しく快適に過ごせそうです。
すっきりした丸襟の後ろは涙開きのデザインになっています。
主張しすぎない貝ボタンの上品な光沢もポイントです。
V&Aサテンフレアブラウスはこちら >

続いて、大きなタックを入れてゆとりをだした膝下丈のドレス。
襟元は、デコルテが綺麗に見えるキーネック。1枚でサマになるワンピースです。
共紐をきゅっと結んでウエストマークすれば、また違った表情で着られます。
V&Aサテンキーネックドレスこちら >


最後に、ひざ下丈のフレアスカートです。
Tシャツからニットまで、合わせるトップスを選ばない万能アイテム。
ポケットもついているので、夏のお出かけの際にも便利です。
V&Aサテンタックスカートはこちら >

服飾雑貨・小物は、それぞれの柄に1色ずつバリエーションが増えて、4種類の色柄からお気に入りの色柄が選べます。

柄物初心者さんにまず挑戦していただきたい、顔周りを華やかにしてくれるヘアバンド。
爽やかカラーの太めのヘアバンドはさっと付けるだけで、印象を明るくしてくれます。
スカートとおそろいコーデも可愛いです。
V&Aブロックプリントヘアバンドはこちら >

続いて、エコバッグ。B4サイズが余裕で入る大きさです。同じ生地の紐がついているので、両サイドを内側に折りたたんで、くるっと巻いて紐を結べばコンパクトに持ち運びが可能。持ち物が多い日のサブバッグや、お買い物バッグとしてひとつカバンに入れておきたいアイテム。

V&Aブロックプリントエコトートバッグはこちら>

ポーチは定番のコンパクトなサイズと、横長の形の2タイプから、用途に合わせてお選びいただけます。
V&Aブロックプリントミニポーチはこちら >
V&Aブロックプリントポーチはこちら >

人気のハンカチも登場しています。写真のように贈り物を包んでプレゼントするのもおすすめ。
V&Aブロックプリントハンカチはこちら >

このシリーズを届けてくれたのはインドの生産者「サシャ」

手織りやハンドプリント、絞り染め、手刺繍など伝統的な技術を最大限に生かし、そこから現代的なデザインを生み出しています。youtube動画はこちら >

きれいに柄をつけていくその手際はまさに職人技。丁寧につくられた生地をつかって、このシリーズは出来上がっています。いかがでしたか?

ぜひチェックして、お気に入りを見つけてください!

V&Aコラボレーション アイテムはこちら >
2022年春夏の新作はこちら >

水曜日

23

3月 2022

いつまでも大切に着たい、わたしの定番「オーガニックエッセンシャル」

Written by , Posted in おしゃれ, ニュース

上質で心地よく、シンプル。オーガニックエッセンシャル

オーガニックコットンで、上質な日常着としても、お出かけ着としても楽しめるシリーズとして、この春「オーガニックエッセンシャル」が新登場。今回は、この新しいシリーズの魅力をご紹介します。

「オーガニックエッセンシャル」のアイテムは、すべてインドのオーガニックコットンでつくられたもの。コットンの魅力は、まずは何といっても吸水性・吸湿性が高く、お肌にやさしいこと。特に、肌に最もよく触れる肌着やインナーにおすすめです。

また、コットン素材は丈夫で、家庭でのお洗濯もかんたん。たくさん着て、じゃぶじゃぶ洗って、繰り返し心地よく着続けられるのもポイントです。

Tシャツやタンクトップ、パーカーなど、流行にとらわれないデザインと上質な素材で、ピープルツリーが長年お届けしてきた、オーガニックコットンのベーシックアイテムたち。

Tシャツとタンクトップ

この春からは、今までのベーシックアイテムとしての良さを大切にしつつ、
ゆったりシルエットのカットソーやワンピースなど、シンプルな中にトレンド感をプラスしたアイテムが仲間入り。

オーガニックエッセンシャル

さらりとシンプルに着るのはもちろん、コーディネート次第でお出かけ着としても楽しんでいただける、表情豊かな「オーガニックエッセンシャル」シリーズへと生まれ変わります。

詳しくはこちら>>

オーガニックな素材を使うだけでなく、すべての製造工程で持続可能なものづくりを
~ピープルツリーのオーガニックコットン~

オーガニックコットン オーガニックコットン(OC)とは、農薬や化学肥料を 3年以上使っていない土地で栽培したコットンのこと。 オーガニックコットンの普及は、農薬による農家の人びとの健康被害や土壌汚染による環境への負担をなくし、生産地の豊かな環境と人びとの継続的な生活、そして地球全体の環境を守ることにつながります。ピープルツリーは20年以上かけてオーガニックコットン製品のサプライチェーンを独自に築いてきました。これからも、人と環境を大切にするベストな選択として、フェアトレードとオーガニックを推進していきます。
詳しくはこちら >>

「オ―ガニックエッセンシャル」シリーズ

オーガニックコットンリラックスビッグTシャツ

オーガニックコットンリラックスビッグTシャツ

長めの半袖でトレンド感のあるビッグシルエットTシャツ。1枚あると着こなしに今っぽさをプラスできます。ゆったりとしたシルエットなので、生地が肌に当たる面積が少なく、夏でも快適な着心地。脇のスリットデザインが抜け感のあるスタイルを演出します。
詳しくはこちら>>

オーガニックコットンドロップショルダーボクシートップ

リラックス感ただようボクシートップ。

シンプルな長袖カットソーは、普遍的なアイテムだからこそ、洗練されたデザインにこだわりました。ドロップショルダーと、ゆったりした首元のデザインがこなれた印象を醸し出します。きれいめにも、カジュアルにも、どんなアイテムと合わせても馴染む優秀さが魅力です。
詳しくはこちら >>

オーガニックコットン半袖イージードレス

スタイルを問わずイージーに着られるドレスは、生地をたっぷりと贅沢に使ったAライン。ゆったり目のデザインで動きやすく着心地抜群。肌に気持ちよく触れるコットンの素材感も楽しめます。
一枚でさらっと着ればシンプル・きれい目に、レギンスやパンツと一緒に重ね着すればカジュアルに着こなせ、合わせる小物でも様々な見せ方を楽しめます。

オーガニックコットン半袖イージードレス_アップ

両サイドのポケットも、便利かつかわいいポイントです。
詳しくはこちら >>

オーガニックコットンベーシックTシャツ

オーガニックコットンベーシックTシャツ

ユニセックスで着られ、ベーシックな色合いの何枚あっても重宝するTシャツは、ピープルツリーの定番中の定番。
ゆったりとしたボディに、少しの狭めの首回りとスタンダードな太い襟リブで、バランスの取れたシルエットのTシャツです。
詳しくはこちら >>

シンプルの中にこだわりを詰め込んだ、手放せなくなる定番アイテム。

一度使ったら手放せなくなる、心地よいコットンの肌ざわり。直接肌に触れ、長く着続けられるベーシックなアイテムだからこそ、こだわりのものを選んでいただきたい。

ピープルツリーが長年にわたって取り組み、お客さまの声を反映して改良を続けている、オーガニックコットンのアイテムたち。コーディネートのベースをつくる定番として、ぜひワードローブにお気に入りの一枚をプラスしてみてください。

オーガニックエッセンシャル シリーズはこちら>>
春の新作はこちら>>

火曜日

15

3月 2022

春を呼び込む、軽やかなコットンニットが届きました。 fromインド&ネパール

Written by , Posted in おしゃれ, ニュース

日が長くなったり、気温が高くなったりと、徐々に春の訪れを感じられるようになりました。
今週は、あたたかくなるのがさらに待ち遠しくなる、軽やかでやさしい肌ざわりの春の新作ニットをご紹介します。
まずは上着の中のニットから、春を呼び込んでみませんか?

手編みのコットンニットfromネパール ~クムベシュワール・テクニカル・スクール(KTS)~

フラワークロシェレースシリーズ
透け感のあるかぎ編みレースのお花モチーフがフェミニンな手編みのニットシリーズ。
ワンピースやトップスに羽織るだけで華やかな印象になり、スタイリングの主役になる一枚です。

フラワークロシェレースシリーズ

左: 手編みフラワークロシェレースカーディガン 税込¥19,800
インナーの色との組み合わせ方次第で、はっきりと透かし模様を浮き立たせたり、逆にやさしいトーンにまとめたり、着こなしの幅が広がる七分袖のカーディガン。
貝ボタンもおしゃれ度アップのポイントです。

中央:手編みフラワークロシェレースショール・ホワイト 税込¥13,200
右:手編フラワークロシェレースショール・レッド 税込¥13,200
カーディガンと同じクロシェレースのショールはホワイトとレッドの二色展開。ショールやスヌードして使うだけでなく、裾の縁取りに付けたボタン&ループを使って、ボレロのように羽織ったり、ケープづかいしたり、肌寒い時のお洒落な防寒アイテムプラスアルファの使い回しのきく1枚です。

ラグランスリーブシリーズ
肌ざわりのいい、手編みのざっくりとした素朴な風合いが魅力のコットンニットシリーズ。
肩や腕が動かしやすいラグランスリーブの肩から両脇に入った透かし模様がアクセントです。

ラグランスリーブシリーズ

左: 手編みコットンニットラグランカーディガン・ライトグレイ  税込¥22,000
中央:手編みコットンニットラグランカーディガン・ネイビー 税込¥22,000
身体を包みこむゆったりしたフォルムのカーディガン、存在感のある木製のボタンもポイント。袖口のリブが自然にフィットして重ね着も楽な着心地です。

右: 手編みコットンニットラグラン半袖プルオーバー 税込¥16,500
ゆったりとしたボクシーなラインのプルオーバー。中に薄手のタートルネックなど長袖インナーを合わせても着こなせます。日本人女性の肌に写りのいい明るい色合いで、コーディネートに春らしさを演出してみてください。

ネパールの生産者が手編みしたコットンニット

生産者グループ・KTS こちらのニットは、ネパールの生産者グループ「クムベシュワール・テクニカル・スクール(通称:KTS)」のつくり手たちが、大切に編んだもの。手編みのニットは機械編みと違い、一つ一つに個性があり、手編みだからこその味わいが感じられます。こちらのニット製品は、お買い上げ1点につき100円をKTSが運営する孤児院に寄付して子どもたちが家庭的な環境で暮らせるよう支援します。

オーガニックコットンのニットfromインド ~ラジラクシミ~

こちらはオーガニックコットン100%のニットシリーズ。機械織りのきめ細かでライトな生地感なので、上品でやさしい肌ざわりです。

オーガニックコットン100%のニットシリーズ

左:オーガニックコットンニットベーシックカーディガン 税込¥12,100
ライトな羽織りものとしてオールシーズン使えるカーディガンは、ラウンドネックに程よいリブの太さ。コロゾナッツのころんとした同色のボタンも可愛い1枚です。

中央:オーガニックコットンニットカラーブロッキングトップ 税込¥12,100
フロントは大胆なブロッキングカラー、バックは無地。
どちらを前にしてもOKの2WAYプルオーバーです。ゆったりめの大人っぽいシルエットで、きれいに着こなせます。

右: オーガニックコットンニットボクシートップ 税込¥10,780
ドロップショルダーのボクシーなシルエットで、今っぽく着られるプルオーバー。
やや長めの袖丈は、腕を美しくみせてくれるとともに、日焼け対策にもなります。

インドのオーガニックコットンでつくったニット

生産者グループ・ラジラクシミ こちらのニットをつくったのは、インドの生産者グループ「ラジラクシミ」。コットン農家と工場で働く人びとの権利を守るために1934年に設立されたインドにおけるオーガニック衣料品生産のパイオニアです。インドのオーガニックコットン農家と協働しながら、コルカタとデリー近郊2都市に製造拠点を置き、ニッティングから縫製、プリントまで自社で行っています。

ニットから、春支度をはじめよう。

まだ上着は手放せない季節だけれど、インナーとしてニットを仕込めば、ひと足早い春支度を始めることができます。
コットン素材のニットなら、冬から春へ、季節の変化を感じて心も体も軽やかに。
ぜひ、新作ニットの素材と色と形を通して、さっそく春を感じてください。

ピープルツリー春夏の新作アイテムはこちら >

 

金曜日

11

3月 2022

ムーミン×ピープルツリーのコラボレーションに、2022年春夏の新作が登場!

Written by , Posted in ニュース

2022年春夏ムーミン×ピープルツリーのコラボ第2弾!夏に活躍のカットソー素材&プリントTシャツが登場!

今シーズンで早くも5回目となるムーミン×ピープルツリーのコラボレーション。

独特のタッチでムーミン谷の自然や、コミカルな表情豊かなキャラクターたちを描いたトーベ・ヤンソンの小説の挿絵。
見ているだけで気持ちがほっこりする愛らしいモチーフをつなぎ合わせてデザインした生地で、今シーズンもムーミンを愛する大人の女性たちに着ていただきたいアイテムを作りました。

本日のブログでは、2022年春夏コレクションのムーミン×ピープルツリーのコラボレーションシリーズから発売したばかりのアイテムを一挙ご紹介! ぜひチェックしてお気に入りを見つけてくださいね!

まずは、着心地も可愛いも両立するオーガニックコットンのアイテムからご紹介していきます♪

小説『ムーミンパパ海へ行く』の挿絵をモチーフにしたシリーズ


さわやかなブルーが目を引く、小説『ムーミンパパ海へ行く』をフィーチャーしたシリーズ。

灯台守になると言い出したムーミンパパに連れられ、海を目指す一家。物語に登場する岩だらけの島の暮らしを描いた柄を、さわやかなブルー系のオーガニックコットンサテンの生地に散りばめました。

オーガニックコットン100%のサテン地は、ハリ感があってきちんと見えるのに、肌触りがやわらかくサラリとした着心地が魅力です。

この生地を使ったトップス2型と、ワンピース、スカートが登場しました。まずは、ふんわりした七分袖のバルーンスリーブが特徴的なトップス。
共布のベルトを前後お好みで結んで、シルエットを変えて着ることができます。
前で結ぶと正面のリボンがキュート。さりげなくウエストマークしてくれます。
後ろに結ぶとお腹周りはスッキリ、背面の裾にフェミニンなシルエットが生まれます。結び方を変えて、いろいろな表情が楽しめるトップスです。丈感もパンツにもスカートにも合わせやすい長さなので、重宝しそうです。
スッキリした襟元のシルエット。脱ぎ着しやすいように、後ろは涙開きのデザインになっています。
ムーミンパパ海へ行くオーガニックコットンバルーンスリーブブラウスはこちら >

続いて、フレアスリーブが優雅なトップス。動くとゆらゆらと揺れるスリーブは、肩や二の腕の体型カバーをしてくれる心強い味方。
少しハリ感のあるさわやかなブルーの生地なので、フェミニンな印象になりすぎず、ダークカラーのボトムスにあわせればクールな雰囲気にも着こなせます。
両サイドの裾のドローストリングを調整して、シルエットの変化も自由自在です。
ムーミンパパ海へ行くオーガニックコットンドローストリングブラウスはこちら >

続いて、ゆったりシルエットの半袖ワンピース。
ほどよくタックを入れてふんわりさせたワイドなシルエットですが、デコルテがさりげなく見えるすっきりした丸襟のおかげでゆるくなり過ぎないのが嬉しいポイントです。
ポケットつきなので、ちょっとそこまでの軽装なお出かけにも便利です。夏はさらりと1枚で着られます♪
ムーミンパパ海へ行くオーガニックコットンドレスはこちら >

最後に、たっぷりギャザーを入れたスカートです。
ふんわりとしたシルエットのさわやかなスカートは、無地のトップスに合わせても、おそろいのトップスに合わせてセットアップにしても可愛いですね。
ムーミンパパ海へ行くオーガニックコットンタックパネルスカートはこちら >

カップルや親子でお揃いも♪プリントのTシャツ

続いてご紹介するのは、ムーミントロールとスナフキン、リトルミイの仲良し3人組をプリントしたTシャツ。
ユニセックス(S/M/L)と、キッズサイズ(100/120)で同じ絵柄で展開しているので、ご家族みんなでおそろいも楽しめます。

ムーミン オーガニックTシャツ エコホワイト・仲良し3人組はこちら >

親子おそろいで楽しむなら、ソックスもおすすめです♪
ムーミン オーガニックコットンソックスはこちら >

丈夫で大容量!可愛いだけじゃないジュートバッグ

毎シーズン人気のジュートバッグにも、キュートな新柄がふたつ登場♪
コミックの一場面をプリントしたジュートバッグは、毎日のお買い物や、短い旅行などにも活躍します。コットンの内布がついていて丈夫なので、荷物が多い日も安心です。
口はマグネットで留められるので、パカッと開いてしまう心配もありません。

ムーミン ジュートプリントスクエアトートバッグ 一覧はこちら >

いかがでしたか?

ほかにも、華やかな春色のお洋服や雑貨が続々と入荷しています!
2022年春夏のさわやかな新作アイテム、ぜひチェックしてくださいね。

ムーミン×ピープルツリーのコラボレーションはこちら >
2022年春夏の新作アイテム一覧はこちら >

金曜日

4

3月 2022

英国ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館とのコラボレーションから、春めく2つのラインをご紹介♪

Written by , Posted in ニュース

英国ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館とのコラボレーションから、春めく2つのラインをご紹介♪

こんにちは。2022年春夏の新作アイテムは、もうチェックしましたか?
毎シーズン人気のV&Aとのコラボレーションは、2017年から始まり今シーズンで10回目になりました。

この春も、心躍る華やかで美しいテキスタイルの新作アイテムが登場しています。

V&Aの正面玄関

V&Aの正面玄関

ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)は、世界有数のアート、デザインとパフォーマンスのミュージアムです。1852年に芸術を身近なものとするためにヴィクトリア女王即位中にロンドンに創立されました。

現在ではデザインを通して生活を豊かにすることを使命として、想像力をかきたて、新発見や学習ができる場所 となっています。 145あるギャラリーにはテキスタイル、陶磁器、彫刻や写真などの装飾美術が展示されています。

そんなV&Aとのコラボレーションアイテムから、この春夏の新作第一弾として発売した2つの新作ラインをご紹介します。

19世紀初頭の可憐な小花柄「マージ―」柄

「マージー」と名付けたこの柄が、1840年代に当時最も有名であったイギリスのインテリアメーカーのひとつ「Miles & Edwards社」が制作した繊細な小花柄を再現しています。このデザインの可憐な美しい花々からは、180年前と同じ新鮮さが伝わってきます。

このカラフルな小花柄を、さらっと肌ざわりのいいオーガニックコットンサテンの生地にプリントして、ガーリーでクラシカルなアイテムをつくりました。

まずは、パフスリーブが特徴的な半袖のブラウスです。
少し詰まった丸襟と、ふわっとボリュームがあるパフスリーブがレトロな雰囲気を醸し出します。
どことなく上品なバックボタンのデザインもポイントです。
シンプルなデニムと合わせても退屈しない、ディテールにこだわったトップス。ゆるふわスカートとコーディネートして、とことんガーリーに楽しむのもおすすめです。
体に沿うすっきりしたシルエットなので、ボトムスにインしてもスタイリッシュな印象に着こなせます。
V&Aマージ―柄オーガニックコットンサテンブラウスはこちら >

続いて、大人ガーリーなワンピースです。フリルの袖とティアードの裾の相乗効果で、愛らしいシルエットに仕上げました。
2段フリルの袖のデザインが目を引きます。
共布のベルトできゅっとウエストマークすればメリハリのあるすっきりシルエットに。
ラクチンなのにちゃんと見える、この春大活躍間違いなしのアイテムです。
V&Aマージ―柄サテンフリルドレスはこちら >

最後に、肩でリボンを結ぶキャミソールタイプのワンピースです。
肩の紐で、体型に合わせて長さの調整が可能なのもうれしいポイントです。
裾にはざっくりスリットが入っていて大人っぽさをプラスしています。
着脱しやすいように、左脇にファスナーがついています。ポケットもついているので便利です。
夏はサラリと一枚で。お好みのTシャツやタンクトップを合わせて、スニーカーでカジュアルに着るのもおすすめです。
V&Aマージ―柄サテンワンピースはこちら >

19世紀初頭の華やかな「イジー」柄

繊細でさわやかな花柄「イジー」のオリジナルは、19世紀初頭のイギリスで多くの一流顧客を集めたインテリアメーカー「Miles & Edwards社」が制作したデザイン。

シンプルとエレガントが見事に調和した色柄を、オーガニックコットンのしなやかで柔らかいサテンにプリントして、ディテールに凝ったさわやかで大人かわいいアイテムをつくりました。

まずは、さわやかな印象の大人ガーリーなブラウスです。
キュートな2段フリル袖のボリューム感で、二の腕がすっきり見える優秀アイテム。
同じ生地を使った、ころんとしたくるみボタンがキュートです。
おそろいのスカートとセットアップにするのもおすすめです。
V&A イジー柄オーガニックコットンサテンブラウスはこちら >

続いて、フリル襟が華やかなロング丈のカシュクール風ドレス。
パフスリーブやひらりとしたフリルの襟、ウエストに結んだリボン。クラシカルなかわいさが詰まっています。
スカートの裾の低めの位置についたフリルが歩くたびに揺れて、エレガントな雰囲気に。
一枚でおしゃれ上級者になれるワンピースです。
V&Aイジー柄オーガニックコットンサテンラップ風ドレスはこちら >

続いて、体に沿うシルエットのAラインワンピース。
ウエストを少ししぼった自然なAラインの形は、シンプルで飽きの来ないデザインです。
肌寒い日はカーディガンを羽織ってもひびかないすっきりしたシルエット。
真夏には一枚でも品よく着られます。帽子やストールなど、小物との組み合わせも楽しんで。
V&Aイジー柄オーガニックコットンサテンワンピースはこちら >

最後に、大人ガーリーなティアードのロングスカート。さわやかなブルーが春夏の気分にぴったりです。
ウエストはファスナーなので腰まわりもすっきり見えます。
V&Aイジー柄オーガニックコットンサテンスカートはこちら >

届けてくれたのはインドの生産者団体「クリエイティブ・ハンディクラフト」

ご紹介した2つのラインを届けてくれたのは、インドの大都市ムンバイにある生産者団体「クリエイティブ・ハンディクラフト」です。

ムンバイのスラムで貧困に苦しむ女性たちの経済的な自立を目指して1984年に設立されました。仕事の機会を提供するとともに、縫製の技術指導、託児所の運営や子どもたちの奨学金のサポートを行うなど、精力的にフェアトレードの活動を続けています。上品で女性らしい「きれいめ」アイテムを得意とするこの団体。
今回も、まさにそんな仕上がりになっています。

いかがでしたか?
今回は、春気分を盛り上げる華やかな花柄のアイテムをご紹介しました。

他にも、2022年の春夏の新作アイテムが続々入荷しています。
ぜひチェックして、お気に入りを見つけてください!

V&Aコラボレーション アイテムはこちら >

2022年春夏の新作はこちら >

水曜日

26

1月 2022

おいしいチョコが笑顔をつなぐ ~カカオポイント 2020年~2021年シーズンのご報告~

Written by , Posted in 生産者のこと, チョコ, ニュース

おいしいチョコが笑顔をつなぐ ~カカオポイント2020年~2021年シーズンのご報告~

カカオポイントは、ピープルツリーのチョコを愛する日本のお客さまと遠くの地でカカオを育てる人びとをつなぎたいという思いを込めて、「おいしいチョコが笑顔をつなぐ」をキャッチフレーズに2013年にスタートしました。

秋冬限定販売のピープルツリーのチョコシーズン終了時に、みなさまからお送りいただいたチョコの包み紙の裏についたカカオポイントすべてを集計して、10ポイントにつき1USドル(=苗木1本分)の支援を行っています。

スタートから約6年、温暖化でカカオ樹の病害に苦しむボリビアの生産者共同体「エル・セイボ」へ寄贈した苗木は8,000本を超えました。ある程度の成果を見届け、苗木支援活動はいったん完了。2018年からは新たにコスタリカの小さな農家の共同体「アッピタ(APPTA)」の有機農業開発支援プロジェクトへ寄付をしています。

アッピタは10年間にわたりカカオ農家の生活向上を目指して、おもに有機発酵肥料の研究・開発と普及、病害に強いカカオ品種の調査・研究と苗木の育成・配布の2つのプロジェクトに取り組んできました。さらに多くの農家が有機栽培の技術を高められるよう、有機肥料と苗木の配布の他にも、剪定や接ぎ木の技術を広めるワークショップや、次代を担う若者たちを対象に、農家を回って丁寧な指導を続けています。

昨年は1,149件 44,399ポイントのご応募をいただき、4,439USドル(約50万円)を送金することができました。まだまだ収穫量や品質の安定化の課題や、味が変わることからピープルツリーの現行商品の原材料には採用できていませんが、長い目で見たサポートを続けていきます。ご協力ありがとうございました。

育苗施設施設の中のカカオの苗 「アッピタ(APPTA)」メンバーのみなさん 有機農業の専門家から学ぶ技術研修

コスタリカでもパンデミックの影響で国際線が止まり、コスタリカの最大の産業である観光など、経済に大きく影響がありました。国内でも厳しい行動制限のために取材が思うようにできず、例年のような詳細なご報告が叶わないことをお詫びいたします。

コスタリカの新型コロナウィルスの感染者は2021年5月には1日の新規感染者数が3千人を超えましたが、直近の状況は、1日あたりの新規感染者数は80人程度まで落ち着いています。12月には人口の約80%がワクチンを接種済みだそうです。(2022.1.5現在 データ参照元:ロイターCOVID-19トラッカー https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/、他)

コロナ禍の厳しい行動制限措置の中、アッピタは限られたスタッフで農家からオーガニックカカオやバナナの購入の活動を続けています。オーガニック認証には外部審査が必要ですが、その費用の支払いは、まだまだ厳しい状態です。

サステナブルな農業で収量や品質を安定させ、一日も早く、ピープルツリーの原料として採用できることを目指しています。

2022年には状況が少しでも改善し、アッピタのさまざまな活動をもっとみなさまへご報告できることを願っております。

カカオポイントを集めたあなたにもHappyを!

カカオポイントを集めて寄付をしてくださったお礼に、ご希望の方にプレゼントをしています。30ポイントでランチバッグ、50ポイントでトートバッグ。もちろん素材はオーガニックコットン! 今期はピープルツリー30周年記念デザインの花々の咲く草原のカカオの木陰にたたずむウシさんのイラストで、カカオポイントでしか手に入らない限定バッグです。

オーガニックコットン ランチバッグ
マチがたっぷりなので、お財布や携帯、お弁当入れにピッタリサイズ。ちょっとしたお出かけに大活躍!
(サイズ: タテ16×ヨコ30cm、マチ12cm、持ち手30cm)

 

オーガニックコットン トートバッグ
A3サイズもすっぽり入る大きめトートバッグ。
厚手の生地なので毎日のメインバッグに! 重たいものも安心して入れられます。
(サイズ: タテ40×ヨコ46cm、持ち手58cm、マチなし)

 

カカオポイントの応募方法
詳しくはこちらをご確認ください。

カカオポイント応募用紙 ダウンロードはこちら

 

パンデミックの中、原料の調達、製造、そして物流、多くの人の努力によって今年も皆さまにおいしい質の高いチョコを無事にお届けすることができ、大変うれしく思っています。春までのチョコシーズンをお楽しみくださいね!
フェアトレードチョコはこちら >

水曜日

22

12月 2021

~ピープルツリー30周年 アニバーサリーのご報告~

Written by , Posted in ニュース

ピープルツリーは2021年11月1日で30周年を迎え、特設サイトや様々な発信、そしてオンラインイベントなどの企画を通じて、たくさんの方々と交流させていただきました。期間中たくさんのメッセージをいただき、みなさまのピープルツリーに寄せてくださる想いに、こんなに愛されているブランドがほかにあるだろうかと、感動の連続でした。

30周年を一緒に喜んでくださったみなさまあってこその30年であることを改めて実感しています。たくさんのお祝い、そしてこれまでの30年間を本当にありがとうございました!

本日のブログでは、いただいたメッセージをご紹介しながら、11月のアニバーサリー月間を振り返ります。

直営店に設置した「ピープルツリーの木」

まずは、ピープルツリー自由が丘店、 立川高島屋S.C.店の 直営2店舗に設置した「ピープルツリーの木」。フェアトレードチョコのイラストでおなじみの大神慶子さんに描いていただいたきました。

期間中たくさんの方々にご来店いただき、コメントの葉や果実をつけていただきました。「People Tree 30 years おめでとうございます。ずっとファンです♡ 来れてうれしい☆」「いつ来てもいやされます」「30周年スゴイ❊つくった人とつかう私たちがつながってる感覚があります♪ずっと応援しています」などなどなど、本当にうれしいコメントをたくさん、ありがとうございます!

ピープルツリー自由が丘店

ピープルツリー自由が丘店

ピープルツリー立川高島屋S.C.店

ピープルツリー立川高島屋S.C.店

#ピープルツリー30周年 Instagramフォトコンテスト

10月13日(水)~11月16日(火)まで、Instagramで実施したフォトコンテスト。ハッシュタグ「#ピープルツリー30周年」とつけて、お気に入りのピープルツリー商品の写真と一緒に投稿いただきました。
すべてのInstagram投稿はこちら >

入選投稿は下記の3件。

人生の一大イベントである結婚式に、ピープルツリーのウエディングドレスを選んでいただいた_.taito様、モダンなインテリアのおしゃれなリビングルームのクリスマスアイテムに天然素材の手作りモビールを仲間入りさせてくださったsaaki0715様、そして木のぬくもりあふれる軒先で風に美しくはためくリサイクルサリーのカーテンの写真を撮ってくださったgoechangoechan様、そして他に投稿いただいた方々も、素敵な写真をありがとうございました!

30周年記念スペシャル・イベント

11月3日(水・祝)と11月14日(日)には、30周年を記念するスペシャル・イベントを開催しました。

ピープルツリー30周年記念イベント Vol.1

11月3日(水・祝)に開催した「ピープルツリー30周年記念イベント Vol.1ともに生きる希望の未来へ~30年前から始めたこと、今、これから~」は、ピープルツリー自由が丘店から、ジェームズ・ミニー(ピープルツリー社長)と共に、ゲストとしてピープルツリー・アンバサダーの末吉里花さん(エシカル協会代表理事)、鎌田安里紗さん(エシカルファッションプランナー)のお二人をお迎えして、YouTubeライブで配信させていただきました。


生産者たちの写真を綴ったムービーに始まり、30年を振り返るスライド、共同創設者サフィア・ミニーや創業時からお世話になっている環境活動家・田中優さん、世界フェアトレード連盟理事長ルーパ・メタさん、その他三つの生産者団体からのメッセージや、「バーチャルショッピング」と題して自由が丘店の様子を間にご紹介しながら、ピープルツリーの30年を振り返りつつ、地球環境とすべての人やいきものと、ともに幸せに生きる未来に向けて、「いま身近にできることは何だろう、自分の望む未来にどう繋げていくのか」というテーマで、社長ジェームズとゲストのお二人によるトークをお届けしました。

このイベントでは、アンケートにお答えいただいた方々の中から抽選で4名様にピープルツリー商品券のギフトクーポンをプレゼントさせていただきましたが、「最初に意志や伝えたいメッセージがあったからこそ、30年活動が続いているのではないかと感じました。現地の人たちと商品を一緒に作り上げていく過程も、とてもあたたかいものを感じ、応援し続けたいと思いました。」「自分が固くならないように、というジェームスさんのメッセージがとても心に染みました。素敵なトークを聞かせていただき、ありがとうございました。」「思いが詰まった30年なんだなと改めて感じることができました。もっと自分が買うものに気を配ろうと思いました。」「コロナ禍でなかなかお店には行けないので、お店の様子が見られてよかったです。」などなど、たくさんの素敵な感想やコメントをいただき、ありがとうございました。

Vol.1イベントのアーカイブ動画はこちら >

ピープルツリー30周年記念イベント Vol.2

11月14日(日)に開催した「ピープルツリー30周年記念イベント Vol.2 フェアトレードのできること ~生産者に聞いてみよう~」では、20年以上のお付き合いがある生産者パートナー、ネパールのクムベシュワール・テクニカル・スクールからキラン・カドゥギさん、そしてバングラデシュからプロクリティの元デザイナー、スライヤ・チョウドリーさんに、現地からオンラインで登場いただき、日ごろの活動内容、長いパートナーシップを通じてピープルツリーとともに成し遂げてきたことをうかがい、目指す未来に向けてフェアトレードができることを考えました。フェアトレードのものづくりの仕組みについてもご紹介しています。

Vol.2イベントのアーカイブ動画はこちら >

30周年記念特設サイト

30周年記念特設サイトは、今後の更新はありませんが、これからも引き続きご覧いただけます。

トップを飾るアリシア・ベイ=ローレル(世界的なベストセラー『地球の上に生きる(Living on the Earth)』の著者)によるイラストは、ネイティブ・アメリカンが通過儀礼のひとつとして自分の人生の使命を明確にするビジョンを求めて旅に出る「ビジョン・クエスト」がテーマ。夢(ビジョン)を持てば、それは叶う!と、ピープルツリーの歩んできた30年を重ねて「a vision comes true!」の文字も手描きで入れてくれました。画像をクリックしてアリシアさんからのコメントもぜひ読んでみてください。

冒頭でご紹介した、各生産者やずっとピープルツリーを支えてくださっているお客様、旧スタッフからのメッセージ、そして全スタッフの想い、計100件ものメッセージもここに掲載しています。

ピープルツリーの30年のトピックを綴った『ピープルツリーの30年~始まりの物語~』、ピープルツリーのめざす世界を等身大の生活で体現している旧・現スタッフをご紹介した『ピープルツリーな人』、ピープルツリーのロングセラーアイテムのご紹介なども特設サイトにてご覧いただけます。

30周年記念特設サイトはこちら >

<30周年記念関連ブログ>
【30周年記念企画】ピープルツリーの30年~始まりの物語~
【30周年記念企画】ピープルツリーな人
生産者とともに30年。長く愛される、ロングセラーの雑貨たち

<30周年記念アイテム>好評発売中♪

 

 

ともに生きる希望の未来へ

ピープルツリーが30年前から求めてきたのは、
世界中の人々が、国や文化の違いを超えて対等な関係性を築き、みんなが普通に幸せに暮らせること。
人も、動物も、植物も地球の恩恵を享受し、調和の中で共生できること。

今、時代の変化とともに、30年前にはむずかしかった「普通」が実現する可能性を感じています。
パンデミックや気候変動、争い……さまざまな困難に直面しているからこそ、
多くの人が世界との「つながり」を感じ、持続可能な社会への関心が高まり、
食糧さえ行き届いていない人のいるおかしさに気づき始めています。
よりよい未来への一歩を今こそ踏み出そう!そう思う人たちが増えてきたことを、実感しています。

これまでの30年間、希望を持って地道に努力を続けてきた生産者たち、
ピープルツリーの目指す世界に共感し、支えてきてくださったお客さま、お取引先のみなさま、
そしてともに活動してきたスタッフたち。心から感謝と敬意を送ります。

今こそ、私たちがともに目指す世界の実現に向けた、大きな転換のときです。
これまで以上に多くの人たちを巻き込んで、望む幸せを、リアルに普通にしていきましょう。